gyoji

行事

日本古来の行事から学ぶ

年中行事や室礼、祭りを通して、日本古来の信仰心を取り戻したり、季節の巡りに寄り添った暮らしを味わい自然に感謝しながら、本来の行事のあり方を見直しています。

暮らし

動画配信の可能性

先日、こちらのブログでも「端午の節供」の動画を発信させてもらいましたが、

 

◆「端午の節供」動画
http://www.caguya.co.jp/kurashi/28478.html

 

その後、友人やお客様、クルーから、

 

「ホッコリしました。」「すごく癒される~。穏やかでいい雰囲気が伝わる。母と姉に見せたら早速室礼しよーとなってる。」「心がじんわりあたたかくなりました。」「端午の節供どうしようかと思って、色々本質を忘れちゃって迷走しがちだから、引き戻してもらったかんじ。ありがとう。」「旦那にマジギレして怒り収まらずだったけど、動画見てホッコリして少し和みました。一生許さないと思ってたけど、歩み寄る努力をします。柏餅食べよ。」など・・・笑

 

ありがたいお声をいただきました。

 

更に当日には・・・

 

「今日は菖蒲湯に入ってみる!今は動画見ながら息子とカブト作成中だよ」

 

 

「子どもと兜つくってみた。五色並ぶとかわいいね。意味も初めて知ったよ。」

 

 

「動画すごいよかったからオカンに見せたら、ネット見て折り紙でいろんな兜折ってたよ!」

 

 

・・・などと、実際に家族とやってみた(やってみる)というなんとも嬉しいお声や写メもいただき、今回の動画配信によって少しは年中行事伝承、家庭内文化復活、夫婦仲修復?の一助になれたかも?! ^^

 

ちょうど「広報プロジェクト」なるものを立ち上げ、何をどうしたものか・・・と足踏みしている中で、

 

テレワークになってから仲間が毎日配信してくれている「暮らしチャンネル」や

 

◆暮らしチャンネル
http://www.caguya.co.jp/wp2/wp-content/uploads/2020/05/2b155e778397eb66b08a59d409555052.pdf
 

「慣れない動画づくりだけど今は『完璧より完成』で、自粛中で家にいる子どもたちのために頑張ってます!」というあるこども園の先生の声に自分自身も影響を受け背中を押され、今回動画づくり&発信をしてみましたが「出すってこういうことなんだ」と何かしらの影響力があることを実感。

 

そんなわけで、動画配信の可能性も大きく感じたため、身近なところ、できるところからでいいので、今回のように完璧じゃなくてもとりあえず完成させて、少しでも子どもたちによりよい社会、文化を繋いでいけるよう発信&共有していくことを大事にしていけたらと思います。

 

かぐやかコーディネーター
宮前 奈々子