gyoji

行事

日本古来の行事から学ぶ

年中行事や室礼、祭りを通して、日本古来の信仰心を取り戻したり、季節の巡りに寄り添った暮らしを味わい自然に感謝しながら、本来の行事のあり方を見直しています。

暮らし

土用の丑の日

今日は、姪っ子たちもが夏休みということもあり、兄家族と実家に集まることに。

 

すると、母が「土用の丑の日だから、今夜は鰻にするね!」ということで・・・ちょうど親戚からお中元に届いたという鰻を、皆でおいしくいただきました。

 

 

また、頂き物のパッケージにあった万葉集の歌「石麻呂に 我れ物申す 夏痩せに よしといふものぞ 鰻捕り食せ」が気になり、食後に調べてみると・・・

 

 

大伴家持という方が「夏痩せには鰻を食べるとよい」と石麻呂という方に勧めている歌のようで、昔から体調を崩しやすい夏には、鰻を食べて栄養をたっぷりとろうという考えがあったことが分かります。

 

実際、鰻にはビタミンAやビタミンB群など、疲労回復や食欲増進に効果的な成分が多く含まれているようですし、土用の丑の日は季節の変わり目にあたるため、体調を崩しやすいので、こうして土用の丑の日に鰻を食べるのも合理的。

 

なかなかなお値段なのでどこか特別感もありますが・・・夏バテ防止にはピッタリの食材ですね。

 

今日も関東は暑い1日でしたが、いよいよ夏本番!

 

季節の変わり目の中でも、この「夏土用」は特に体調を崩しやすいものですから、しっかりと栄養があるものを食べたり十分な睡眠をとったりと養生しながら、皆様、元気に夏を過ごしていきましょう。^^

 

かぐやかコーディネーター
宮前 奈々子