gyoji

行事

日本古来の行事から学ぶ

年中行事や室礼、祭りを通して、日本古来の信仰心を取り戻したり、季節の巡りに寄り添った暮らしを味わい自然に感謝しながら、本来の行事のあり方を見直しています。

暮らし

繋がる

引き続き田植えについてですが、色々と調べてみると、昔はできるだけ早く作業を終えることを要求されたことから、地域の人々が互いに助け合って労働力を提供し合う「結(ゆい)」といった協同作業で行なわれていたそうです。

 

最近では、あまりそういうシーンは見られませんが、今では農家さんも、農薬を使ったり、機械を使ったりすることによって、自分たちのところで完結できるようになり、わざわざ助け合う必要もなくなったのかもしれませんね。

 

ちょうど昨日の田植えでは、カグヤメンバーだけでなく、お客様や別業界の方など、色々な人たちと田植えを行うことができて、同じ地域の人というわけではありませんが、そんな風に一緒に取り組めること自体、やっぱりとても楽しいことだと感じます。

 

そう考えると、日頃の仕事においても「自分でなんとかやらないと」という前提を外し、反対に「自分だけでやらないように」などと思うと、かえって面白い発想が湧いてきそうな気がします。

 

繋がりが薄れがちな時代だからこそ、「繋がるためにかえっていい」という観点で、色々な仕事を見直してみたいと思います。

 

 

かぐやかコーディネーター
宮前 奈々子


Fatal error: Cannot redeclare taxnomy_get_archives_link() (previously declared in /home/vuser02/4/9/0166494/www.caguya.co.jp/wp2/wp-content/themes/caguya/sidebar-share.php:35) in /home/vuser02/4/9/0166494/www.caguya.co.jp/wp2/wp-content/themes/caguya/sidebar-share.php on line 59