gyoji

行事

日本古来の行事から学ぶ

年中行事や室礼、祭りを通して、日本古来の信仰心を取り戻したり、季節の巡りに寄り添った暮らしを味わい自然に感謝しながら、本来の行事のあり方を見直しています。

暮らし

存在を感じられる場

父親の17回忌の法要を執り行いました。

 

早いもので、この16年のうちに私も親になり、

子どもたちはもちろん、父親も私の子どもを見たことはありません。

 

しかし、子どもたちは私の父の存在を知っています。

 

写真を見るたび、梅干しをつけるたび、味噌を作るたび、

キャンプをするたび、海や山に行くたびに出てくる思い出話が

子どもたちにも積み重なっているようです。

 

そして、子どもたちが感じている

「おじいちゃんの存在」の分だけ、

おじいちゃんも子どもたちの存在を感じているような

そんな喜びに似た気持ちを持ちます。

 

そんな「おじいちゃんの存在」を子どもたちが

たっぷりと感じられるのが、こういった節目の時なのだと感じます。

 

皆で集まり、食事をしたり、共に色々と過ごしながら

故人のことを思い出して語ったり、好きだった音楽を聴いたり、

好きだったご飯を思い出しては、味わったり。

 

そんな風に過ごす中で、

たっぷりと笑い、幸せに暮らす姿こそ

故人が安心する大切なことなのだと、

お坊さんに今日はお話を頂きましたが、

 

これからも、故人を忘れず、こういった機会を大切に、

子どもたちへと伝承していけたらと思います。

 

また、この季節は太陽が真西に沈みますが、

仏教では「あの世」は西の果てにあるとされる中、

夕方に太陽が沈みゆく姿を拝むことで、

故人と繋がれると教えて頂きました。

 

夕日を見る心が、この時期はとても暖かく喜ばしく感じられそうです。

 

 

ミマモリスト 眞田 海