gyoji

行事

日本古来の行事から学ぶ

年中行事や室礼、祭りを通して、日本古来の信仰心を取り戻したり、季節の巡りに寄り添った暮らしを味わい自然に感謝しながら、本来の行事のあり方を見直しています。

暮らし

佐藤家の雛祭り2

昨日に引き続き、佐藤禎三さんのお宅での雛祭りについてです。

 

◆佐藤家の雛祭り
http://www.caguya.co.jp/kurashi/20262.html

 

お庭にも雛人形がいるとのことで、家を出て椿ののれんをくぐってみると・・・

 

 

そこには美しいお花と一緒に雛人形が!

 

 

 

 

晴れていれば、お庭の橋の上や池にも雛人形を飾っていたそうです!

 

 

 

そんなわけで、遊び心たっぷりの雛祭りに、すっかり楽しませて頂きました。

 

そして見学後にお抹茶を頂いた際、主人の禎三さんにお話をお聞きする機会があったので「なんで始めたんですか?」「なんでこれにしたんですか?」などと皆で色々な質問してみると、その返答のほとんどが「おもろいやん」と。^^

 

まるで子どものような返答にも聞こえますが、それはシンプルで分かりやすいとても自然な動機だと感動し、そんな純粋な動機が、あの規格をこえた遊び心満載の室礼にあらわれているのだと感じます。

 

大人になると、もっともらしい理由や頭で納得できる(してもらえる)意味づけをしたり、しなければならないような気にさえなりますが、「おもしろい」などの自然な感覚をもっともっと大事にできたらと感じています。

 

かぐやかコーディネーター
宮前 奈々子