gyoji

行事

日本古来の行事から学ぶ

年中行事や室礼、祭りを通して、日本古来の信仰心を取り戻したり、季節の巡りに寄り添った暮らしを味わい自然に感謝しながら、本来の行事のあり方を見直しています。

保育

行事とは

コロナ対策を踏まえて、今後の保育園での行事を見直さなければならないという声を

この数日で様々なお客様からお聴きしています。

 

昨日のブログに載せさせていただいた園さんのように、ただコロナ対策を行うのではなく、この機会に行事そのものをしっかりと見つめて、より良いものにしていこうという園さんでも、実際にお話をお聴きすると「簡単なことではないし、やり方もない、何が正しいかもわからないんです、だから本当に難しい。でも、やっていくしかないんです」というお言葉を頂きました。

 

今をどのようにして過ごしていけばいいのか。

こういう「やり方」が分からない時だからこそ、皆で情報を共有したり、考え方を参考にし合う機会が必要なのかもしれません。

 

そう思い、竹取新聞の原稿として今回掲載をさせていただきたくてオファーを出させて頂きました。

 

カグヤに今出来ること、カグヤが今すべきこと。

このことをより一層見つめていかなければならないと思います。

 

やり方は分かりませんが、園さんと同じ気持ちで、子どもたちのために、

世の中のために、自分たちの働きを見つめて行きたいと思います。

 

 

ミマモリスト 眞田 海