カグヤの自然から学ぶプロジェクト 自然に学び自然に親しむ

私たちの復興「自分たちに出来る事をする」

カグヤでは2011年の東日本震災から、自分たちなりに復興を始めました。
それは、「自然から学び、自然に沿った本来的な生き方を実践する」こと。
これまでの人間都合の生き方を改め、
自然のつながりの中で生きる取り組みをご紹介いたします。
取り組みをご覧いただき、ご参考になるところがありましたら
取り入れて頂けましたら幸いです。



津島神社

2017年03月20日

名古屋ウィメンズマラソンの翌日は、
お休みを頂いていたので、

友人と一緒に、愛知県津島市にある
津島神社にお参りにいきました。

◆津島神社 http://tsushimajinja.or.jp/

津島神社愛知

こちらは、東海地方を中心に全国に約3千社ある
津島神社・天王社の総本社。

こちらの分霊を祀った小さな小さな神社が
私の自宅の近所にもあって、

津島神社

毎日の朝ラン途中に、お参りしていたこともあり、
無事の完走の報告やお礼をしに行ったのですが、

よくよく考えてみると、

神様に限らず、
応援してくれている方や
見守ってくれている方に対しては、
自然と報告やお礼をしており、

一緒に喜んでくれる幸せを
同時に感じているところもあり・・・

こうして見守りを感じるからこそ、
報告やお礼をしたくなるものなのかもしれません。

仕事上でも「報告、連絡、相談をするように!」と、
特に新人の頃は「ほうれんそう(報連相)」について
何度も言われたことがありますが、

本来「ほうれんそう」は、仕事としてやらなくても、

繋がりを感じていれば、
自然と行えるものなのかもしれません。

普段から「ほうれんそう」を忘れないようにするのではなく、
繋がっていることを忘れずに、
一緒にやっていくことを大事にしていきたいものです。

かぐやかコーディネーター
宮前 奈々子

コメントを残す

PAGETOP