カグヤの自然から学ぶプロジェクト 自然に学び自然に親しむ

私たちの復興「自分たちに出来る事をする」

カグヤでは2011年の東日本震災から、自分たちなりに復興を始めました。
それは、「自然から学び、自然に沿った本来的な生き方を実践する」こと。
これまでの人間都合の生き方を改め、
自然のつながりの中で生きる取り組みをご紹介いたします。
取り組みをご覧いただき、ご参考になるところがありましたら
取り入れて頂けましたら幸いです。



意地をはらない

2017年11月12日

私たちは、理念を大事にできるよう、
ことあるごとに「これってなんのため?」など、
目的を確認し合っています。

そして、本来その目的が守れるなら、
手段にこだわる必要はないものですが、

時に「これじゃなきゃ」「こうやらないと」と
意地をはったり、対立したり・・・と、
不自然な状態になってしまうことも。

しかも、意地をはればはるほどに
孤立したり、追い込まれていくかんじがあるものですが、

反対に「それもいい。あれもいい。」と、
別の手段など沢山考えられる人は、
特に意地をはる様子もなく、

また、行き詰まりにくく、
追い込まれにくいことを感じます。

そう考えると、やっぱり
一番大事なものが守れるなら、
他はなくてもいい、手段はなんでもいい・・・と、

柳のようなしなやかさ、柔軟性を
持ち合わせていけたらなぁと感じます。

ちょうど最近、社内ではブレストに注目、挑戦してますが、
そんな風に、追い込まれず柔軟でいられるためにも、

このブレストによって、他の手段やアイディアを
沢山考えられたり受け入れられたりできる体質を
身につけていけたらと思います。

かぐやかコーディネーター
宮前 奈々子

コメントを残す

PAGETOP