カグヤの自然から学ぶプロジェクト 自然に学び自然に親しむ

私たちの復興「自分たちに出来る事をする」

カグヤでは2011年の東日本震災から、自分たちなりに復興を始めました。
それは、「自然から学び、自然に沿った本来的な生き方を実践する」こと。
これまでの人間都合の生き方を改め、
自然のつながりの中で生きる取り組みをご紹介いたします。
取り組みをご覧いただき、ご参考になるところがありましたら
取り入れて頂けましたら幸いです。



七夕の室礼② ~2017年~

2017年06月27日

昨日は、入り口正面の室礼をご紹介しましたが、
実は、社内の別のところにも七夕の室礼を。

2017七夕かぐやひめ室礼1

「二宮尊徳人生訓」の額の前に、
昨年、クルーが初めて織った織物を敷き・・・

そちらに、厄除けでもあり
五常の精神(仁、礼、信、義、智)を表した
五色(青、赤、黄、白、黒)の奉書と
願いをこめた短冊を盛りました。

2017七夕かぐやひめ室礼4

また、昔は梶(かじ)を
天の川を渡る舟の舵(かじ)にかけて、
その葉に願い事を書いた・・・ということで、
緑の紙は、梶の葉の形に切り抜いています。

そして、学問向上を祈る筆と
芸事上達を願う琴柱(ことじ)。

筆は筆先を五色に染めた縁起物の
「鹿の巻き筆」を。

筆置きには、夏野菜のナスを使って、
「成す(ナス)」から「物事を成し遂げる」の
言葉の盛り物です。

それから裁縫上手になるように、
7本の針に赤い糸を通して、
先をまとめて結んだものを。

赤い糸は「赤心(いつわりのない清らかな心)」を
表していたり、

赤は恋の字に通じるので「縁結び」
・・・と、こちらにも願いがこめられています。

また、カグヤとも縁が深い?
「かぐや姫」の誕生日が七夕という説もあるようなので、
(実際には、謎だらけ・・・)

竹にかぐや姫をしのばせています!^^

2017七夕かぐやひめ室礼2

こうなってくると「二宮尊徳の人生訓」が
まるで「竹取の翁」の正直さにも通じている気さえ?!^^;

2017七夕かぐやひめ室礼3

こんな見立てや遊び心は、
やっぱり室礼の魅了のひとつとも感じます。

自然に親しみ、行事に親しみ・・・
子どもたちにも、こんな楽しみを
繋いでいけたらと思います。

かぐやかコーディネーター
宮前 奈々子

七夕の室礼① ~2017年~

2017年06月26日

週末には、お稽古もあったので、
社内の室礼も、早速「七夕」をテーマに変えています。

五節供のひとつである七夕の行事は、

夏野菜の収穫の「感謝祭」や、
日本の古代信仰の「棚機(たなはた)」、

そして中国から入ってきた
織姫・彦星の「星祭りの伝説」や

女性が手芸、裁縫の上達を願う
「乞巧奠(きこうでん・きっこうでん)」などが
合わさってできたものとされています。

・・・ということで、
今回、社内の入り口正面には、

この時期にとれる麦からできた素麺や、
季節の野菜を供え、畑の豊穣に感謝する室礼を。

2017七夕室礼

天の川にも見える網飾りは、
全ての人の迷いをすくって下さるとも言われる
「すくい網」。

また「朝顔」は、
別名「牽牛花(けんぎゅうか)」とも呼ばれ、

「牽牛」は、「牛を引く」から
「彦星(ひこぼし)」にもあたり、

ちょうど七夕に朝顔が咲くと、
彦星と織姫が再会できたのだとして、
縁起が良い事とされていることから・・・

掛け軸は「朝顔」にしています。

そしてなんといっても、
「収穫に感謝」ということで、

この日の夜には、
麦からつくられるビールで乾杯♪
なんだか格別でした。^^

そう考えると、自然から、
沢山の恵み、豊かさを頂いているものですね。

そして、室礼や行事は、
そんなことにも気付かせてくれる
素敵なものだと実感しています。

かぐやかコーディネーター
宮前 奈々子

一華開五葉

2017年06月25日

昨日の室礼のお稽古では、
「七夕」がテーマでした。

七夕室礼2017

そんな中で、部屋に飾ってあった
「一華開五葉 結果自然成」について、
先生からお話がありました。

一華開五葉

またまた、初めて聞くお言葉でしたが・・・^^;

こちらは、達磨大師のお言葉、禅語で、
「いっかごようをひらく けっかじねんとなる」と
読むそうです。

花が五枚の花びらを開き、やがて実を結ぶとは、
自然のありのままの姿ですが、

これには、心の花を開くという意味もあり、
この五枚の花びらにも、

●相手の心をありのまま受け入れる円満な智慧
●分け隔てなく平等な智慧
●観察力を持ち、本質を見極める智慧
●人を想い、人のために行動できる智慧
●すべてはお陰さまと思える智慧

など、調べてみると、
それぞれ意味(智慧)があるそうです。

ただ、このあたりは、
それこそ自分自身の心の中を深ぼって、
自分の力で、その意味を体得するしかなさそうですね。^^;

花を開かせて終わりではなく、
自然界では必ず実を結ぶ・・・ということで、

「人事を尽くして天命を待つ」
「因果応報」

・・・なんて言葉も連想させますが、

花も開いていないのに、
「結果」を求めたりすることなく、

季節が巡れば自然に果実が熟するように、
信じて安心して、

次の世代に継承されていくことを
忘れずに、

自分自身も5枚の花びらが開くよう、
日々の生き方を磨き続けていけたらと思います。

かぐやかコーディネーター
宮前 奈々子

専科修了

2017年06月24日

今日は、月に一度の室礼のお稽古でしたが、

最初の「基礎科」終え、
その後「専科」に進んで2年(24単位)を修了し・・・

この度「専科修了証」を頂きました!
(本当は先月予定でしたが、先生不在だったので今月に・・・^^;)

専科修了証

そう考えると、室礼に出逢い、
お稽古に通い始め、もう4年。

まだまだ分かっていないことばかりではあるものの、

当初に比べれば、お稽古は勿論のこと、

この「自然から学ぶブログ」をはじめ、
米づくりや麦づくりなども行っているおかげで、

年中行事、室礼が、
知識としてというよりも、感覚として、
馴染んできているのを感じます。

日本には、四季があり、
そんな季節や自然の循環の中で
生かされているという事実を忘れず、

日本ならではの自然の移り変わりを
味わい感謝しながら、

これからも繰り返し繰り返し
深めて楽しんでいけたらと思います。

かぐやかコーディネーター
宮前 奈々子

掃除

2017年06月23日

昨日は、福岡出張中のクルーたちが、
早朝から古民家「聴福庵」がある
地元の神社の掃除を行ってくれました!^^

◆ミマモリストブログ「冷ます=覚ます」
http://www.caguya.co.jp/mimamolist/other/p10024/

◆かんながらの道ブログ「心の清掃」
http://www.caguya.com/kannagara/?p=11754

そんな離れたクルーたちとシンクロしているのか?
実は最近、私自身も「掃除」への意識が
高まってきています。

・・・というのも、自分は整理整頓が苦手な方で、
ついつい色々と後回しにしがちなため、
机の上も、書類の山、山、山!

書類の山

先日、その山が雪崩をおこし、大変なことに!

「ついに掃除だー!」と
なんだか背中を押してもらったかのように決心もつき、
不思議と気持ちが晴れ晴れ。^^;

一気に綺麗になるほど簡単ではないので、
むしろ、毎日少しずつ片づけをしていますが、

いざ、整理整頓していくと、見た目は勿論、
心の中まですっきりしてくるのを感じます。

昨日の「自然から学ぶブログ」の内容のように、

ちょっとずつの積み重なりは
ある意味、気付きにくいからこそ、

自分の日々の生き方としても、
どんな方向に舵をきっているのかは、
思った以上に注意が必要なのかもしれません。

「掃除の大切さ」は、分かっていながらも、
なかなか継続的実践をすることが難しいものですが、

何もしなくても汚れていくものですから、
日々、プラスの働きか、せめて現状維持できるよう、

掃除をすることで、
自分の心や生き方を整えていきながら、

未来や子どもたちに視点を置いた
「今」の働きを大事にできたらと思います。

かぐやかコーディネーター
宮前 奈々子

PAGETOP