今日のカグヤクルー日記

「本心を聴く」

2017年10月11日

こんにちは。宮前です。

日々、働く中で、
自分の身の回りにも、お客様の現場でも、
色々と問題が起きたりするものですが、

そのほとんどの原因に
「思い込み」「聴かない」というものが
あるように感じます。

例えば、
「あの人はこういう人だから」
「あんなこと言われた、された」

・・・と、自分の思い込みで
相手とのコミュニケーションをあきらめ、
不信を募らせたり、怒ってみたり、傷ついたり。

はたまた、組織内では、
立場や役職などの刷り込みから、

「経営者だから背負うのはあたりまえ」
「部下だから上司の指示に従っていればよい」

・・・と、一緒に目指す理念や目的よりも、
立場に対する責任などが優先され、

相手に求めて厳しい眼差しを向けてしまったり、
一人で抱え、周りと協力できずに苦しんだり。

こんな時、どの立場で見るか、
どの角度から見るか、どの部分で見るかで、

何が正しいか・・・などは、
違ってくると思うのですが、

そもそも、そんな正解を探したり、
そこにこだわったりすることよりも、

本当は自分はどうありたいのか、
本当は何がしたいのか、
そして、本当に皆と一緒に実現したいものは何か

・・・と、前回のクルー日記で発信させて頂いた
「本心」を見直していくことが
大事なことのように感じます。

◆本心を守る
http://www.caguya.co.jp/crewblog/page/2/#anchor

そして「聴くこと」は「信じること」と
非常に密接であることも感じますので、

何か、問題と思われるようなことが
起きた時こそ、

自分の物の見方が偏っていないか、
事実と異なっているのでは・・・と

自分の思い込みを疑って、

相手の「本心」を信じて聴いてみることを
大事にしてきたいと思います。

かぐやかコーディネーター
宮前 奈々子

PAGETOP