今日のカグヤクルー日記

「ママ友=同志」

2017年03月17日

こんにちは、眞田由莉です。

子どもが通っている保育園の保護者同士は
本当に仲が良く、
公園でピクニックをしたり、
誰かの家に集まる機会が頻繁にあります。

お母さん方だけではなく
お父さん方の出席率が高いことに初めは驚きました。

先日も「うちでみんなで夕飯食べない?」と
お誘いを頂き、
子どもと一緒にお邪魔してきました。

親たちはみんなで夕食を準備し、
子どもたちは年齢関係なく夢中で遊んでいます。

よくよく考えると、
異年齢なのは大人も同じで、
一回り以上も違う保護者同士が一緒に台所に立ち、
あーでもないこーでもないと戯れる光景が当たり前になっています。

出世街道まっしぐらで、あと5年で今よりも出世して、
実家の近くに家を建てるぞ!という目標のある人や、
転職したいけど、子どもとの時間や収入を考えたら
踏み切れずにいる…

などなど、
年齢は違えど、子育てに家事に仕事に…と
毎日奔走している状況は同じで
悩みを打ち明けたり、アドバイスし合ったりすることが
自分にとってかけがえのない大切な時間になっています。

「子ども同士の付き合いは変わったとしても
 大人は変わらないよね」
と、転勤で北海道へ行くことが決まったお母さんが
涙ながらに言っていたのが印象的でした。

そんな、友達とも家族とも違う
「同志」のような「ママ友」。

子どもたちが巣立って、おじいちゃんおばあちゃんになっても
変わらず支え合っていきたいと思うのです。

美化コーディネーター
眞田 由莉

PAGETOP