今日のカグヤクルー日記

「温故知新」

2017年08月18日

こんにちは、眞田です。

子どもたちも夏休み真っ盛りですね。
そんな暑さの中、先日自宅近くにある、
林芙美子記念館に娘といってきました。

『放浪記』『浮雲』などの代表作で知られる作家・林芙美子が
昭和16年(1941)8月から昭和26年(1951)6月28日に
その生涯を閉じるまで住んでいた家です。

新居の建設のため、建築について勉強をし、
設計者や大工を連れて京都の民家を見学に行ったり、
材木を見に行くなど、その思い入れは格別だったようです。

このため、山口文象設計によるこの家は、
数寄屋造りのこまやかさが感じられる京風の特色と、
民家風のおおらかさをあわせもち、
落ち着きのある住まいになっていました。

S_6505964209134

S_6505964118179

今まで古民家への興味などはありませんでしたが、
聴福庵を通して「暮らしの再生」を行う中で、
その時代時代に、どんな人々がどんな暮らしをしていたのか。

そんなことに興味を持つようになりました。

娘も、一緒に歩きながら昔の人々の暮らしに触れ、
興味を持ち、

「きれいな家だねぇ、」
「素敵な庭だねぇ、」
「縁側っていいね!すごいよ!」
「畳っていいねぇ」

と古民家のことを古いと感じる感性ではないもので
受け取っている様子です。

S_6505963922040

子どもたちにとって、今の暮らしの中で当たり前の環境のほうが
「古く」昔のものでも体験をしたことがないもののほうが「新しい」
そんな感覚があるのかもしれません。

何でも新しいものを買ったり、
揃えたりしてしまいがちな世の中ですが
子どもたちにとって「新しい」と感じる感覚は
「古き」中にも沢山あることを知りました。

「古き中にある新しき」を子どもたちと一緒に
味わっていきたいと思います。

S_6505964162936

ミマモリスト
眞田 海

「3冊の絵日記」

2017年08月17日

こんにちは、秋山です。

夏休みに入ってから始まったのは、
今年で3年目となる「絵日記」。

毎年、息子と私が一冊ずつ、
(娘も専用ノートに落書きをしますが。)
寝る前に机に向き合って書いていましたが…

今年はどういう風の吹き回しか?
パパも一緒に書くぞっ!と、
自らノートを準備して始まりました。

普段、子ども達と逢えるのは「朝」のみ。

出張や早めに出社する日もあるので、
この3冊の絵日記は、
交換日記のように読み合われ、
お互いの出来事や気持ちを共有させます。

中でもパパのノートは、
今まで知らなかったパパの日常が、
分かりやすく書かれています。

一緒に働く仲間探しをしたんだって!
他の会社を5件も行ったんだって!
新しく入った人と御飯を食べたんだって!etc

知れば知るほど、
もっともっと…と思うのか、
息子からの質問や激励の言葉が、
自然と増えてきたことも事実です。

パパの地道な頑張りが、
子ども達の世界を広げ、
繋がり方にも深みを加えます。

たかが日常、されど日常。

小さな積み重ねではありますが、
また新たな繋がりを得て、
この夏を楽しみたいと思います。

エールキーパー
秋山有紀子

「お泊り保育という体験」

2017年08月10日

こんにちは、眞田由莉です。

今年も息子の保育園では“お泊り保育”が行われます。
実はこのブログを書いている日がその日なのですが…

「お泊り保育行きたくない」
そんなことをずっと言っている息子に、
私と娘とで一生懸命お泊り保育の楽しさを伝えます。

皆でスーパーに買い物に行くんだよ。
スイカ割りするんだよ~!
そのあとはアイス食べながら映画見ちゃうんだよ~。
楽しそうでしょ?

…全く響きません。

「一生に一度なんだよ?私が代わりに行きたいよ」
と言う娘は、実は2年前のお泊り保育中に発熱し
途中で帰宅したため、
スイカ割りもアイスも映画も経験できなかったのでした。

そんな姉の切実な訴えも響かず、
(実は響いていたのかもしれませんが)
どうしたものかと思っていましたが、

お泊り保育が近づいたある日、
保育園の玄関に飾られていた、こちら。

IMG_1708

富山県からやってきた、スイカ割り用スイカです。
こういったクイズが大好きな息子はすぐ飛びつき、
一緒に持ち上げて答えを予想してみましたが、
「お泊り保育で答えを教えてくれるんじゃない?」
と伝えると、俄然やる気に!!

答えを知るためにお泊りする!といった感じです。

と、いうわけで今朝はスキップしながら登園し、
私にバイバイもせずに行ってしまったのでした。

娘にもその様子を伝えると、
「え…なにそれ…」と拍子抜けした様子。
私も拍子抜けしましたが、
こちらが頑張って説得しているつもりでも
子どもは自分のタイミングで楽しみを見つけて
踏み込んでいくのだと気付きました。

大人が焦らず、焦らせず、
子どもの気持ちや力を信じて待ってあげることが大切ですね。

今は保育園では皆で夕食の準備をしている頃かな?など
想像するだけで楽しいものですが、
明日帰ってくる息子の顔が晴れやかでも、そうでなくても
大きな体験をした息子を褒めてあげたいと思っています。

美化コーディネーター
眞田 由莉

「初収穫~その後」

2017年08月09日

こんにちは、女将です。

前回ご報告した「初収穫」の続報です。

人生初、自分で育て収穫したゴーヤを
遂にいただきました!

若干、黄色くなり始めたゴーヤに
ワクワクしながら包丁を入れます・・・

ドクン!!

恐怖を感じたときのような
大きな音で心臓が跳ねます。
瞬間、全身硬直。

ぱっくりと開いたゴーヤの中には
とろみを纏った真っ赤なものがひしめき合い
それはもはや、ホラー・・・。

佐藤写真

誰が想像したでしょう、熟したゴーヤの種が
こんなに真っ赤になるなどと・・・。
そして黄色く熟したゴーヤは
甘くマイルドな舌触りだということも・・・。

斯くして、ちょっとした恐怖を味わい
ほのかな夏の苦みと甘さを舌で味わい
自然の恵みを心で味わう初収穫となりました。

スーパーで買っただけでは
決して味わえない衝撃。
実際に自分で育て
収穫したからこその智慧。
今年のベランダ菜園は
実りを食する瞬間までも
新しい学びに溢れています。

ミッションパート
佐藤真樹

「ナマモノ」

2017年08月08日

こんにちは。大河内です。
 
先日、皆で古民家『聴福庵』の井戸掘りを行い
様々なアクシデントの中、祈るような思いで掘り進め
ようやく水が湧き出るところまで辿り着きました。

まだまだ水を汲み出せる程の深さはないため
ここからは水を抜きながら土を掘っていくという
更に過酷な作業が必要にはなりますが、

ひとまず念願の水と出逢えたことに歓びを感じ、
また人生初の古井戸の甦生の体験は、大変だった分
とても感慨深いものがありました。

実際に掘ってみると、かつてその位置で水が出て
いたであろう箇所から、更に深く掘られた形跡があり、
まさに昔の人々の暮らしは、変化する自然を相手にした
『ナマモノ』であったのだろうと感じます。

今では水が出るのが当たり前、仮に出なくなれば
水道屋に文句を言うのが当然だと錯覚しますが…

それは貨幣経済が浸透したことよって、見る対象が
自然から人間に代わったことを意味するようにも思えます。

自然を相手にしていれば、人間都合の傲慢な気持ちなど
生まれず、祈るような想いや感謝の心も湧いてくるのだと、
今回の貴重な体験から学び直しました。

暮らしの甦生を通して、失われたものが何であるかを
深めていきたいと思います。

cb-170808

ビジョンリスナー
大河内 盛友

PAGETOP