日本の子ども

1953_nagano_small.jpg
1953年 長崎(長野重一)
 今、東京都写真美術館で日本写真家協会企画展「日本の子ども 60年―21,900日のドラマ?」が開催されています。これに、今日、行ってきました。この写真展には、1945年(昭和20年)から2005年(平成17年)までの60年、子どもたちの姿を通して見る日本の社会を、日本を代表する写真家約150名が撮った200余点の写真が展示されています。最初は、まず、昭和20年8月6日、広島で被爆した子どもたちの写真から始まります。解説には、こう書いてあります。「焦土と化した都会では、大人も子どもも衣食住に事欠くどん底生活にあえいでいました。街には戦災孤児、栄養失調で尻にしわがよった子などがあふれ、貧困の中から力強く生きることにみな懸命でした。そして日本人は焼け跡から立ち上がり、経済成長へと歩みます。しかし経済優先の社会に、公害や環境破壊が問題となります。その後バブル経済へと一気に進み、バブルの崩壊、混沌の時代を迎えています。子どもたちの諸相は、大人社会を映すきわめて克明な鏡ともいえるものです。200点余の写真を一つのテーマに繋げ、未来に羽ばたく子どもたちへのメッセージにしたいと考えています。」
 以前のブログにも書きましたが、写真とは、とても不思議なものです。時が流れ、時代が流れ、途切れることはありませんが、写真は、ある時を切り取って見せます。その瞬間は、実際の姿ではあるのですが、時間にしては、ほんの一瞬です。しかし、そこから、その時代が見えてくることがあります。しかも、背景としての時代ではなく、心としての時代が見えてきます。特に、その時々の子どもの姿、顔はまさにその心を表わします。なかでも、子どもの「泣き顔」「笑い顔」は、その時代の表面的な悲惨さにも打ちのめされず、次世代への希望が見えてきます。確かに、戦後、生活は貧しく、苦しく、悲惨な状態でした。児童読み物作家の山中恒が書いた本に、「昔はよかった はずはない」というものがあった気がしますが、確かにそう思います。子どもの虐待にしても、子殺しにしても、いじめ、暴力も今の時代だけのものではありません。最近の言葉で、格差社会ということが言われていますが、戦後の格差も大きかったような気がします。しかし、その時代の写真を眺めていると、昔と今の大きな違いは、子どもの「泣き顔」と「笑い顔」です。特に目に焼きつくのは、子どもの笑い顔です。背景が、どんなに悲惨であっても、その前に立つ子どもの笑顔は、本当に楽しそうです。うれしそうです。時代が進み、生活がよくなり、写真の背景は、次第によくなっていきます。しかし、それに反して、なんだか子どもの笑い顔が減ってきます。笑い顔だけでなく、顔つきが変わってきます。無表情に、作り笑いになってきます。なんだか、今後が心配になってきます。
1978_komatsu_small.jpg
1978年東京(小松健一)
このような心配をする「今の子どもたち」に対して、作家で、今回、写真も提供している重松清氏は、このようなメッセージを出しています。「昔の子どものほうが、目がキラキラ輝いていた……。昔の子どものほうが、貧しいけれど楽しそうだった……。もしも、きみたちがそんな感想を抱いたのなら、この写真集にかかわったおとなたちみんな、そっと、黙って、きみたちの肩を抱くだろう。だいじょうぶ。残念ながら、いま、おとなたちがこどもたちを語る言葉は、なかなか「明るい未来」や「希望」とダイレクトには結びつかなくなってしまった。だが、子どもたちは、いつの時代だって、おとなが決め付ける「いまどきの子どもは……」という紋切り型からするりと身をかわす。そんなしなやかさとたくましさを、きみたちは持っているはずだ。」
 子どもとかかわる仕事をしている私たちは、心から笑い、泣く子どもの姿を取り戻す社会を作っていかなければならないのです。