上海のシステム

上海の街並

上海では1990年代半ばになって、ようやく全ての子どもたちが6年間の初等教育と3年間の中等教育を受けられるようになりました。それ以前の上海の教育システムは、1966年から1976年までの文化大革命による破壊からの再建に専念していたのです。

実際、国際的で外向的な都市の上海は中国の教育改革の最前線という位置づけを利用して独自の取り組みを展開しました。「一流の都市、一流の教育」というスローガンのもとに上海は経済発展をめざして教育水準の向上を優先事項としたのです。

2009年の結果で印象的なのは、成績下位者がほとんどいないことでした。上海には極めて成績優秀な生徒が大勢いますが、習熟度の低い生徒の不在こそが上海を世界の上位に押し上げたのです。もちろん上海には、国内移動で流入してきた生徒を含め後期中等教育を十分に受けられない15歳が大勢います。しかし、十分な教育を受けられる生徒については、たとえ経済的に不利な家庭の出身であっても良い成績が取れるシステムとなっているのです。

上海のシステムは、全ての生徒が成功できるか、または少なくとも然るべきレベルの学業成績を修めることができるという仮定に基づいているそうです。限られた勝者だけがゴールに到達できるような「選抜システム」ではなく、ほぼ全員が学業課程を修了することを目指しています。

この教育システムは、学校に通う全ての背景の生徒に適用されます。たとえ裕福な家庭と貧困な家庭の生徒の成績差が完全になくならない、あるいはなくすことができないとしても、社会的背景が学業を妨げる要因となってはならないとしているのです。その結果、2012年のPISAでは、上海の貧困層の生徒の成績はアメリカの中流階級の生徒を上回っていたのです。

学校システムはこの目標の達成を目指して構築されてきました。最も優れた教員が最も多くの支援を必要とする学校に派遣されます。全体の水準向上のために強い学校には弱い学校を支援することが求められるのです。これは、生徒の最高の力を引き出すための、能力主義の原則に基づく体系的な取り組みです。

教育はまた厳し竸争でもあります。上海の生徒は学校の勉強を補うべく、長時間の宿題をこなし、塾に通っています。生徒への期待は高く、約80%が高等教育へ進学します。とはいえ上海の生徒は、成績を上げるのは自分たち次第だと信じているのです。彼らは、数学ができるのは遺伝のおかげだとは思っていません。自らの努力と教員からの適切な指導によるものだと教えられてきているのです。保護者もまた熱心に子どもたちを支え、教育が家族の優先事項だと認めています。

上海の教育システムのもう一の鍵は、他の上位国同様、質の高い教員です。優れた教員の選考、教育、配属が教育政策の実現を可能にします。教員としてのキャリアを通じて、教育研究を中心とした能力開発研修が継続しておこなわれているのです。

上海の保育園

ここでシュライヒャーが言いたかったことは、優れた学校システムは何が違うかということです。しかし、この提案は、何も学校教育に関してだけでなく、乳幼児教育にも参考になる部分が多い気がします。