経済再建

フィンランドの教育システムから何かを得ようとする人は皆、教員の質より大切なことはないと確信するだろうとシュライヒャーは言います。しかし、フィンランドもまた秀逸な教育システム構築に何十年もの歳月を必要としたそうです。教育の大御所としての地位は、繰り返しおこなわれる教育改革と変遷する経済の要請に対応じて、ゆっくりと手間をかけて築かれました。1960年代末に、高度な教育をグラマースクールに通う少数の限られた生徒だけではなく、全ての生徒が受けられるような包摂的なシステムへ移行することが決められたのです。移行が完了したのは1970年代末のことでした。移行の成功と変化に対する懸念の緩和のために、教員の質の大幅な向上が図られたのです。教職課程が大学に移され、より厳格なものとなったのです。

フィンランドの教育システム発展の背後の経済情勢はいつも良好だったわけではないようです。1990年代初頭、フィンランドの失業率は20%に達し、GDPは減少、公債は膨らみました。教育は、テクノロジーと成長するテレコミュニケーション市場向けに方向転換することでフィンランドの経済再建に貢献しました。19世紀のパルプ工場が21世紀初頭の携帯電話市場最大の企業となったノキアのような躍進に合わせて、研究開発に従事する国民が急速に増えたのです。

このような経緯から、フィンランドの経済事情が、より良い教育を受けた労働力と、その労働力を生む機会均等な教育システム、そして質の高い教員を必要としていたことがわかります。

さらにフィンランドの優れたコンセプトには、もう一つの特徴的な魅力があるとシュライヒャーは言います。それは、学校は、生徒の学業に留まらない総合的な支援をおこなっているのです。学校は温かい食事や、保健、歯科衛生、精神衛生、カウンセリングも提供する場所となっているのです。特別な支援を必要とする生徒への支援は、学校システムに不可欠な要素です。また生徒一人ひとりが学校から頻繁に個別の配慮を受けているのです。

最後に上海の実践を紹介します。ここ数年、私も上海に行くことが多くなりました。上海でも、シンガポール同様、乳幼児教育の改革に非常に興味を持っています。その上海では、どのような教育改革を行っているのでしょうか?

2009年に上海の生徒が初めてPISAを受検したとき、彼らはいきなり読解力、数学的リテラシー、科学的リテラシーの3科目全てでトップに躍り出ました。3年後もこの驚くべき成績を維持し、上海の教育システムの成功への関心がいっそう高まったのです。

上海は中国の代表ではありませんが、人口は2400万人以上で、PISA参加国の大半を上回る大都市です。

2015年には、北京、江蘇、広東も上海とともにPISAへの参加に合意し、あわせて2億3200万人の参加となったのです。そして4地域合同のグループとして数学的リテラシーと科学的リテラシーの上位10位以内にランクインしたのです。なんとなく、分かりました。中国での講演は、上海のほか、北京、先日は江蘇省だったのです。これらの都市がたまたま同じだったのでしょうか?