負の影響

移民の生徒は、その家族の教育水準乎校庭に関わらず、カナダの新規移民を受け入れとその定着ための支援を受け入れることができます。語学習得や、特別な支援が必要な生徒への課外プログラムもあるそうです。教育システムは、異文化の尊重と、カナダ人としての共通のアイデンティティの育成を両立させています。

こうした取り組みの連携こそが成功の鍵のようだと言います。大量の移民が歓迎され、達成するシステムへと注意深く組み入れられます。移民の生徒は速やかに高い水準に適応します。他国に比べ多くの割合の移民を受け入れていますが、このことによる負の影響は見られないそうです。

しかし、統一された国家戦略は持たず、それぞれ異なる各地方の取り組みが緩やかに同じ方向に向かうことによって一定の成功が収められるというカナダの例は確かに興味深いとシュライヒャーは思っているそうです。

カナダの例が、教育水準の向上に万能の方法はないことを示しているとすれば、多くの先進国が現在受け入れている人物よりも、かなり多くの数の移民の生徒を受け入れたとしても、各国から賞賛されるような成績を達成することも不可能ではないだろうと言うのです。

では、世界の教育ランキングで常に上位を維持しており、優れた教育の代名詞ともなっているフィンランドはどうでしょうか?実際、フィンランドの政策や実践を参考にしようと多くの国から専門家が視察に訪れています。

2015年のPISAにおいてフィンランドは読解力で4位、科学的リテラシーで5位、数学的リテラシーで13位でした。フィンランドの数学的リテラシー、科学的リテラシー、読解力の成績下位者の割合がカナダ、エストニア、香港、シンガポール、ベトナムなどの上位の国や経済圏より多かったため、3教科すべての平均点が引き下げられ、前年よりもややランクが下がりましたが、それでもフィンランドの成績は安定して高い水準を保っています。

フィンランドは、成功への道筋に多くの選択肢があることを示しました。アジアの多くの成績優秀国に比べて授業時間が少なく、宿題もほとんど出されず、学校視察も廃止されています。

しかし、他の成績上位国と同様、フィンランドのシステムも、恵まれない生徒も学校で良い成績を取り、場所がどこであれ全ての学校が高い質を保つべきという考えに基づいているようです。また、他の北欧やバルトの国々同様、社会経済的地位の成績への影響は平均よりも小さいのです。

成績上位に導くもう一つの大きな要因は、指導力の質の重視にあるようです。フィンランドでは教員は引く手あまたの社会的地位の高い職業で、教職課程の倍率は10倍という厳しさだそうです。学部卒だけでなく、修士取得者も多く、優秀な学部生の間で人気があります。教員は学校に配属されると、その後も能力開発が課され継続的に学ぶことになります。給与は決して高くはなく、ヨーロッパの水準からすると生徒一人当りの予算と教員の給与は中程度ですが、教職は重要で尊敬される職業とみなされており、教員は信頼され、高い社会的地位を得ています。