カリキュラム設計

教員や教科書会社の仕事を導くように考え抜かれたカリキュラムの枠組みに、知の規準をどのように取り込むかが非常に重要であるとシュライヒャーは言います。厳密なテストは、複雑な思考スキルの評価、すなわち生徒がコアカリキュラム全体で到達目標に達しているかどうかに焦点を当てるべきだと言うのです。また、テストに基づいた選抜制度は、成熟した資格制度の一部として機能すべきであるとも言います。

教育制度が、それぞれの学問分野だけではなく、生徒の学びと発達について知見を培ってきた学習科学を拠り所にして構築されることも非常に重要だとも言います。例えば、シンガポールはカリキュラム開発において、学習の段階であるラーニングプログレッションを明示したのです。小学校から中学校へ、中学校から高等学校へと進むにつれて、生徒は間違ったことと正しいことを区別する段階から、道徳的な誠実さの理解を経て、何が正しいかを示す道徳的な勇気を持つ段階へと進むことが期待されています。教員には、生徒の成長の支援、すなわち生徒が自身の強みと弱みを知る段階から、自身の能力を信じ、変化に適応し、逆境に直面してもめげない段階まで支援することが期待されるのです。また、生徒は、チームで活動し、他者に共感したり、文化を超えて協同したり、社会的な責任を負うことで、他者との協力や共有から成長していくことを期待されます。彼らは、小学校で活発かつ好奇心旺盛な段階から始まり、中学校では創造的かつ探究心を持つ段階を経て、高等学ではイノベーティブでに起業家情神を持つことを期待されます。教員には、生徒が自ら考え自信を持って表現できるようになる段階から始まり、異なる見方を尊重して効果的にコミュニケーションをとれる段階を経て、批判的に考え説得力のあるコミュニケーションができるように導くことが期待されます。特に、生徒は自らの取り組みに自信を持つ段階から始まり、自らの学習に責任を持つ段階を経て、卓越性を追求するように成長することが期待されるのです。

この10年間に、多くの国でカリキュラムの設計方法がより計画的で組織的になったのは驚くべきことだとシュライヒャーは言います。このような動きの多くは、チャールズ・フアデル氏やハーバード大学にある彼のカリキュラム・リデザイン・センターで働く人々の業績の影響を受けました。この変化は、2 016年に開始したOECDのEducation 2030のカリキュラムデザインのプロジェクトにも反映されているそうです。国際的な観点からカリキュラムを議論することを何年にもわたって拒否してきた国々、それは、各国はカリキュラムを国内政策の領域とみなす傾向があるためですが、これらの国々も、カリキュラム設計のためのイノベーティブな国際的な枠組みの開発をOECDに任せたのです。彼らは、社会が教育に期待することと現在の教育制度が提供することのギャップが拡大しており、そのギャップを減らすためには国際協働が必要であると認識したのです。

次の課題は、質の高い教員を採用し定着させることです。私たちは、教員に多くのことを要求します。教員が知っていること、気にかけていることが、生徒の学びに違いをもたらすために、私たちは教員が何を教えているか、誰に教えているかについて、深く、そして広く理解することを教員に期待します。それは、学習成果につながる学習環境を作り出すことができるような専門的な知識、例えば、学間的な知識、その学問のカリキュラムに関する知識、その学問を生徒がどのように学ぶかに関する知識などですが、専門家としての実践についての知識を必然的に伴います。それはまた、生涯学習者として彼らの職業的な専門性を伸ばすための探究や研究のスキルも含みます。教員が生涯学習者にならないかぎり、生徒もそのようにはならないとシュライヒャーは言うのです。