資格取得

では、資格取得のためのテストはどう考えたらいいでしょうか?

テストのあと、一部の国では新聞が問題を公表し、教育省は最高得点の回答例を発表し、生徒、保護者、教員の全員が、質の高い仕事とみなされるものを学び、生徒は自身の成果と標準的な成果を比較できます。このようなテストは国家の資格制度とつながっていることが多いです。つまり、このような制度を備えている国では、人々は次の教育段階に進んだり、特別な領域でキャリアを始めたりするためには、自身に資格があることを示す必要があります。これらの制度では、身につけた知識とそれを使って働くために必要なパフォーマンスの両方の観点から、特定の資格を得るために何が必要であるかを誰もが理解しています。

スウェーデンおよび北欧の多くの国では、資格制度はモジュール式であり、資格取得が遅すぎることがないように設計されているそうです。そのような制度では、たとえテストに失敗しても、まだ成功していないというだけなのです。おそらく、何を学ぶか、どのように学ぶか、どこで学ぶか、いつ学ぶかといった点において、スウェーデンの成人がOECD加盟国の中でも最も深く考える傾向があることは偶然ではないとシュライヒャーは言います。そして、これは加盟国の中で、生涯学習プログラムへの参加率が公式にも非公式にも最も高いことを反映しています。スウェーデンの成人は、読解力や数的思考力においても世界最高水準なのです。

このような資格制度の国では、資格取得が遅すぎることはなく、テストはいつでも受検可能であり、その水準は決して下げられたり、撤回されたりしません。生徒は、資格取得のためには難度が高いコースを選び、一生懸命に勉強しなければならないことを知っています。生徒は、必要最低限の時間を過ごすだけでは、次の段階には進めません。これは生徒にとって大きなリスクがある制度ですが、通常、教員にはほとんど、あるいはまったくリスクはありません。この考え方を、保育士とか幼稚園共有の資格を取得することに当てはめるとどうあるでしょうか?

通常、テストは外部の人間によって採点されるので、教員、生徒、保護者は全員が同じ目標に向かう同志となります。ある程度の水準を維持したい教員と、子どもの最善の未来を望む保護者は対照的ですが、保護者が学校管理職に成績の変更を要求することはほとんどありません。保護者と生徒は、教員も学校管理職も試験の結果を変えられないことを知っています。したがって、結果を改善する唯一の方法は、生徒が学ぶことなのです。

入試選抜のような重要なテストは、本来の学習を犠牲にしてテスト対策に集中させたり、富裕層向けの巨大な教育産業を発展させ、不正行為を誘発することがあるとシュライヒャーは言います。こうした間題は実際に起こっているようですが、軽減可能だと彼は言います。

保護者や教育者は、テストが生徒の学習を改善せず、ただ不安にさせるだけだと主張することもあります。特に、生徒の将来を決定づけるような特定の教育課程や大学入学のための規準化されたテストは、生徒の不安をあおり、自信を傷つけるかもしれないと言うのです。それに対してPISAは、どのようなデータを示しているでしょうか?