ロシアの改革

テスト文化を変えることについて、最もシュライヒャーを驚かせた国の一つがロシアだったそうです。不正行為が横行してきた結果、ロシアでは長期間にわたり、テストの得点やテストに基づいた順位が信頼を失っていました。しかし、ロシアは10年以上にわたってこの問題に取り組んできました。州で統一されたテストは、今や生徒の学習成果を評価する進歩的で透明性のあるものになっているそうです。

まず、ロシアは、多くのテスト制度に見られる効率性のために有効性を、妥当性のために信頼性を犠牲にするという罠に陥りませんでした。マークシートを用いず、多肢選択式の問題もほとんど設けませんでした。代わりに、オープン形式の課題を与え、しばしば小論文テストもおこないました。発展的な知識や複雑な高次思考スキル、さらにはスキルを現実世界の問題解決に活用することに焦点を当てたのです。

しかし、州で統一されたテストの最大の成果は、教育やテストへの信頼を取り戻したことだそうです。信頼は法律で定められるものではなく、すぐに生まれるものでもありません。信頼は少なくとも、それがテストを実施するための前提条件であると同様に、テストのデザインのもたらした結果なのです。

では、ロシアはどのようにそれを実現したのでしょうか?まず、ロシアは今でも国中で用いられている最先端のセキュリティを導人しました。受験票は、納品時も教室でも生徒と試験官の目の前で印刷され、テストの全プロセスは360度のカメラで監督され、記録されるのです。

最終的に、生徒が見ている前で解答用紙はスキャンされ、データ化され、匿名化されます。小論文のように機械で採点できない複雑な答案は、特別な訓練を受けた専門家によって一元的に採点されます。彼らの信頼性は徹底的にチェックされます。もちろん、小論文の評価には常に何らかの判断が含まれます。では、どのようにして生徒は公平に採点されたと信頼するのでしょうか?採点が終わった解答用紙はネットに掲示され、全ての生徒は自分の結果を確認できます。納得しない場合、生徒は採点に異議を唱えられます。学校もまた、テストの結果を確認し、追跡調査をおこなうことができます。こうして、ロシアの生徒、教員、学校管理職、雇用主は、学校教育やテストについて以前よりもずっと自信を持つようになりました。これは偶然に起きたことではないとシュライヒャーは言うのです。

このロシアの取り組みをみると、なぜ日本でなかなか改革ができないのかと思ってしまいます。小論文のテストも提案されていますが、いざテストとなると、採点をどうしたらよいか、その公平性を保障するためにどうしたらよいかという壁にぶち当たり、実行が遅くなっています。これらの各国の実例を知ることは、とても有効的なことです。

テストのあと、一部の国では新聞が問題を公表し、教育省は最高得点の回答例を発表しています。日本でも確かに新聞に高校のテストの問題は掲載されています。しかし、その結果について意見を言ったということはあまり聞いていません。どこか公表する意図が違うような気がします。世界では、このようにして、生徒、保護者、教員の全員が、質の高い仕事とみなされるものを学び、生徒は自身の成果と標準的な成果を比較できるのです。