規準化

ハンプルクでは、強いリーダーシップと思慮深く持続的なコミュニケーションがなかったため、学校改革がうまくいきませんでした。しかし、その最低限の取り組みは今もなお残っているそうです。全ての生徒が高い水準に達することが可能であり、そうすることが必要であるという前提の上に教育システムを構築することなく、高い成果と公平な学習機会を提供し続けることはできません。全ての生徒が同じ水準の教育を与えられ、維持されることの重要性は、強調しすぎることはないとシュライヒャーは言います。PISAは、これがあらゆる文化的背景においても可能であること、その目標に向かってすぐに成果が表れることを示しているというのです。

カリキュラムの規準化によって、厳密かつ集中し、首尾一貫した教育内容を生み出し、高い成果を上げる教育システムを生み出すことができると言います。各学年にわたる教育内容の重複を減らし、異なる学校で提供されるカリキュラムのばらつきを減らすのです。そして、おそらく最も重要なのは、社会経済的背景が異なる人々の不公平を減らすことです。

ほとんどの国は、カリキュラムの規準化を進め、さらに中等学校の外部テストにも活用しているのです。通常そのようなテストは、生徒が就職や次の学校段階、あるいはその両方へ進むための入り口となります。OECD加盟国を見ると、規準化したカリキュラムに基づいた外部テストを必要とする学校で学ぶ生徒は、そのようなテストがない学校で学ぶ生徒よりも、平均してポイント得点が高いそうです。しかし、テストの設計を間違うと教育制度が元に戻り、評価や教育の対象となる範囲を狭めたり、近道をしたり、詰め込んだり、偽ったりすることになります。

PISAで高い成果を上げる教育システムのほとんどが、複雑な高次思考スキルの習得、現実世界の問題解決へのスキルの活用を重視していることに注目すべきだと言うのです。これらの国々では、生徒に「誰が正しいのか」「どのように理解しているのか」「彼あるいは彼女が正しいと説明できるか」等の質問を投げかけることで、教員は生徒の理解度を把握し、さらなる思考を促します。

上海が伝統的な教科を「学習領域」に再編したことは、このような工夫の一つだそうです。フィンランドはこの点で最先端だそうです。その教育制度は、生徒と教員が教科の枠を超えて思考し、実践するクロスカリキュラムを幅広く取り入れています。

したがって、ワールドクラスの国々は、多肢選択式のコンピュータ採点のテストに依存していません。その代わりに、小論文試験や口頭試問をおこなったり、定期テストだけではなく最終学年の成果物も評価対象に加えます。

同時に、幾つかの国では、厳密性や比較可能性を高めるための努力がなされているそうです。シュライヒャーはドイツ最大の州であるノルトライン・ヴェストファーレン州の共通の学校卒業試験を作成する調査委員会に参加していました。そこでは、政治家や専門家が妥当性や信頼性を犠牲にすることなく、学校による筆記テストから規準化された評価形式へと移行するために苦労する姿を見たそうです。

有効性や比較可能性、妥当性や信頼性という目標は、最初は調整が難しいように見えます。しかし、多くの国では、入試選抜のような重要なテストのリスクを軽減しながら、メリットを生かす高品質の試験制度の構築に向けて大きな進展が見られるようです。