学習時間

日本では、PISA調査の順位が下がってきたことに対する対策として、ゆとり教育を見直し、学習時間を増やしました。シュライヒャーが考察した次の仮定は、「学習時間が多いほど成績が良くなるのか」というテーマです。

学校システムによって、特に授業時間後の学習にどれだけの時間を費やすかは大きく異なります。ある教科に対する学習時間が長くなるほど、その教科の学習成果が向上する傾向があるため、政策立案者と保護者は長い授業時間を支持します。しかし、この点について国際比較をすると、その関係は逆転するようです。授業時間と学習時間が多い国は、PISAの成績が悪いのです。なぜなのでしょうか?

これは単純なことだとシュライヒャーは言います。学習成果は、常に学習機会の量と質の結果です。教育の質を一定に保ったまま学習時間を増やせば、学習成果は向上します。一方、国が教育の質を向上させれば、生徒の学習時間を増やすことなく、より高い学習成果が得られる傾向があるのです。例えば、日本と韓国の生徒の科学的リテラシーの得点は、ほぼ同じです。しかし、全教科の学習時間を合算すると、日本の学習時間は週に約41時間です。そのうち学校28時間、放課後14時間です。韓国は週に50時間です。そのうち学校30時間、放課後20時間です。PISA2015には、チュニジアと中国(北京、上海、江蘇、広東の4つの市と省)が参加しました。両国の生徒が学校で学ぶ時間は週30時間、放課後27時間でっしたが、科学的リテラシーの平均点は中国の531点に対して、チュニジアは367点だったそうです。この違いは、学習時間以外に学校システムの質と生徒の学習時間の有効利用、放課後の学習機会の質が影響していると考えられます。

ほとんどの保護者は、子どもたちが学校で確かな学問知識とスキルを身につけると同時に学業以外の活動に参加する時間があることを望みます。演劇や音楽、スポーツ等を通じて社会情動的スキルを発達させ、彼らのウェルビーイングが向上することを望んでいるというのです。

次の仮定は、「持って生まれた才能で教育の成功が決まるのか」ということです。

多くの教育心理学者の著作は、生徒の学習成果は主に努力ではなく、遺伝的な知性の産物であるという考えを広めました。PISAは、15歳の生徒が何を知っているかをテストするだけでなく、テストでの成功または失敗の裏にあるものを生徒に質問していますが、多くの国の生徒は他責的なコメントを残したそうです。2012年に、フランスの平均的な成績の生徒の4人に3人以上は「PISAの問題が難しすぎる」、3人に2人は「教員が間題に興味を持つようにしなかった」と回答しました。また、2人に1人は「教員がテストの趣旨をうまく説明せず、生徒は運が悪かった」と回答したそうです。

シンガポールでは、まったく異なる結果となりました。生徒は、彼らが頑張ったら成功すると信じており、自身の成功を助けてくれる教員を信頼しています。一部の国の生徒は、学習成果は持って生まれた知性よりも、むしろ努力の産物であると信じているようです。これは学校システムや社会全般が、生徒の学校への態度や結果にどのように影響を与えるかを示唆していると言います。