恵まれない生徒

エストニアや上海、ベトナムの恵まれない生徒が西欧諸国の平均的な生徒と同等の学習成を出せるならば、なぜ他の国の貧困層が、エストニアや上海、ベトナムと同じ成果を出せないと言えるのでしょうか?

通う学校や住んでいる国によって、似たような社会的背景を持つ生徒でも学習成果に大きな違いが見られるようです。恵まれない生徒が成功する国や地域は、社会的不平等の緩和に成功しています。幾つかの国や地域では、最も才能のある教員、最も困難を抱える生徒、最も優れた学校管理職を最も恵まれない学校に集め、成功するために必要な支援を与えています。彼らは全ての生徒に高い基準を適用し、挑戦し、全ての生徒と向きあっているのです。背景の異なる生徒に奇り添いながら、最も適切で効果的な学習指導方法を用いるのです。

全ての国に優秀な生徒はいますが、全ての生徒が優秀な国はありません。教育によるさらに大きな公平性の達成は、社会主義として重要であるだけでなく、より効率的に資源を使用し、全ての人々が社会に貢献できるようにするための方法でもあります。結局のところ、最も弱い子どもたちをどのように教育するかは、社会の在り方を反映しているとシュライヒャーは言うのです。

アメリカ人批評家は、「恵まれない生徒が非常に多いアメリカでは、教育の国際比較をおこなう意味がない」と主張しているそうです。しかし、実際にはアメリカは他国よりも多くの社会経済的利点を持っています。ほとんどの国に比べて裕福であり、教育に多くの予算を投じています。高齢のアメリカ人は他のほとんどの国の人よりも教育水準が高く、それは生徒にとって大きな利点です。実際、アメリカの社会経済的に恵まれない生徒の割合は、OECDの平均値にほぼ等しいそうです。

これまでのPISAによると、アメリカでは社会経済的に恵まれないことが生徒の成績に大きな影響を与えたと言えるそうです。言い換えれば、アメリカでは、異なる社会経済的背景を持つ二人の生徒の学習成果の違いが、他のOECD加盟国よりもはるかに大きいということだそうです。

しかし、ここがこの物語の面白いところだとシュライヒャーは言うのです。アメリカのPISAの結果は、学校ごとの成果の格差が人生の機会の不平等につながり、社会的流動性を低下させる悪循環につながることを示しているというのです。

アメリカでは2006年から2015年における社会的背景と生徒の成績との相関が他のPISA参加国・地域よりも弱いのです。これは、どういうことか考えてみると、こういうことがわかると言います。2006年には、最も恵まれない15歳の少年のうち5人に1人が科学的リテラシーで優れた成績を残しました。2015年には3人に1人がそうすることができたのです。つまり社会的流動性が増し、アメリカン・ドリームを実現する可能性がある生徒の割合は、10年で12%増加したのです。