テスト

保護者や教育者は、テストが生徒の学習を改善せず、ただ不安にさせるだけだと主張することがあります。しかしPISAの分析によると、校長が回答したテストの頻度は、生徒が回答したテストへの不安の度合いと関係がないようです。実際、OECD加盟国で平均すると、月に1回の標準テストあるいは教員が開発したテストを受けなければならない学校に通う生徒と、評価の頻度が少ない学校に通う生徒のテストに対する不安は、同程度のようです。生徒の成績と学校や国が生徒を評価する頻度の関係もまた弱いようです。

対照的にデータが示すのは、生徒が評価される頻度よりも、学校での経験のほうが不安を感じる可能性と強く関係することです。例えばPISAによると、教員が生徒をより多く支援したり、生徒のニーズに合った授業をしたときに、生徒の不安は少なくなります。生徒は、教員が彼らを不公正に扱っていると感じた時、例えば他の生徒よりも難しい生徒だと評価したときや、教員が彼らを実際よりも賢くないとみなしているとの印象を持ったときに、より多くの不安を感じるようです。

では、カリキュラム設計のためのテストは、どう考えたらいいでしょうか?教育の規準化やテストは、教育システムの目標ではなく始まりであるとシュライヒャーは言います。鍵となるのは、これらの規準やテトがカリキュラムや、教材や、最終的な教育実践にどのように反映されるかであるようです。しかし、カリキュラムや教材を開発し、それらを教育目標や規準、教員の育成やテストに関連づけることに注目し、リソースを投入する国が少ないことに驚かされると言います。

一つの国の中でも、何百万人もの生徒が何を学ぶかを決定する学者や官僚は僅かにすぎません。彼らは、生徒が知っておくべきこと、未来の世界で成功するためにできるようになるべきことよりも、規律の範囲や完璧さを守ろうとすることがあります。PISA2003の開発のために各国の数学のカリキュラムを研究したとき、シュライヒャーは、なぜ三角法や微分積分学のようなものを教えることが重要なのかを自間したそうです。その答えは、数学の内部構造にも、生徒にとって最も意味のある学習段階にも、今日の世界で数学が活用される方法にもみいだせなかったそうです。その答えは、何世代も前に土地の広さを測定したり、デジタル化以降に高度な計算を実行するなど、数学を用いてきた方法の中にあったのです。

生徒の学習時間は限られているにもかかわらず、私たちがもはや適切でないかもしれない教育内容を諦めきれないために、若者は過去にとらわれの身となり、学校はこの世界で成功するために必要な価値ある知識やスキルや人間性を育てる機会を失っているとシュライヒャーは思っています。

1990年代の終わり、日本はより深く、学際的な学びの時間を作り出すために学習指導要領の内容のほぼ3分の1を減らし、この状況に対応しました。教員はこの「ゆとり教育」という目標に賛成していましたが、政府はその効果が出る前に学力低下を懸念して、その改革を推進することをあきらめ、元に戻ってしまいました。その経緯をシュライヒャーはどう見ているのでしょうか?

テスト” への7件のコメント

  1. 数学の学習内容についての話、これまでに誰しもが抱いたであろう疑問を、解消してくれるものでありました。それと同時に、社会に出た時にほとんど生かされないと知りながら、それを教え、教わっている現状になんとも言えない思いです…。
    これからの時代はテクノロジーによって加速度的に変化していくと言われています。その時に、教育は何を教え育てるべきなのか見失わずにいられるのでしょうか。いちいち改革に時間をとられていては、もう二度と追いつけない日が来そうです…。
    それでも、乳幼児期においては、五感を用いた、実体験が重要であることは不変なものでありそうです。テストすることもありません。柔軟であり続けたいなと思います。

  2. 私はテストが嫌いです。ですから、他人にテストを課すことをあまり好ましく思っていません。と私が思ったところでテストはなくなりませんが。わが子は先日「共通テスト」なるものを受けました。そして、いよいよ来月からは各大学テスト三昧です。親バカの私は、さぞかし大変だろうと案じたり、早くテストが終ればいいと祈ったりしております。それはさておき。「「ゆとり教育」を・・・シュライヒャーはどう見ているのでしょうか?」という問いの答えにすごく関心があります。私は、学習指導要領の内容のほぼ3分の1を減らした「ゆとり教育」ということよりも「総合的学習」に力点を置く「ゆとり教育」に期待をしておりました。総合的学習はまさに関連付ける学習だからです。ところがほどなくしてポシャっちゃいました。そして減らした内容が復活し、「ゆとり教育」世代は「ゆとり世代」と揶揄されるようになりました。その後の学校教育の世界はどうみても旧態依然としている、そんなふうに私の目には映ります。

  3. 私が中学2年の頃、土曜の午前中授業がなくなり、完全週休二日制となりました。それが、「ゆとり教育」の始まりであったことは大人になってから知りましたが、当時は喜んだものです。以前読んだ本の中に、ゆとり教育は確かに学力は下がったけれども、不登校児童には効果があったというデータを目にしました。今は、その「学力」の内容は何であったのかということが大事であると感じます。既存のテスト結果なのか、PISAの学力調査なのか、それとも文科省独自の調査結果なのかによって、見方が変わってきますね。学力だけでなく、人生にゆとりは必要だと個人的には感じています。

  4. 「生徒の学習時間は限られているにもかかわらず、私たちがもはや適切でないかもしれない教育内容を諦めきれないために、若者は過去にとらわれの身となり、学校はこの世界で成功するために必要な価値ある知識やスキルや人間性を育てる機会を失っているとシュライヒャーは思っています」とありました。この文章を読むだけでもなんとも言えない気持ちになります。確かに生徒の学習時間は限られています。それなのに適切ではないとわかっている教育内容を諦めきれないというのはなんということなんだろうと思ってしまいます。コロナにおける問題もそうですが、コロナ対策というより、どこかに気を遣っている対策に思えてしまいます。何か似たようなものを感じてしまいます。そして、学校が本来の役目である社会で成功するためのスキルを身につける場になっていないということ。多くの保護者はもしかするとそれに気がついていないのかもしれません。テストで点をとる、何かを覚えるということがそれと直結すると信じている人は少なくなさそうです。

  5. 〝教育の規準化やテストは、教育システムの目標ではなく始まりである〟という文章にハッとさせられました。テストというのは生徒を評価するためだけのものと考えていましたが、実は教育システムのはじまりであるんだという捉え方はできておりませんでした。であるなら、自分が生徒の時もそんなに邪険にすることなかったな、と思います。本来の目的というのはシステムの確認というわけであるならば、学校の先生たちは生徒にテストの点数をつけて、順番を決めて…ということよりも、するべきことがあるような気がしました。〝リソースを投入する国が少ないことに驚かされる〟というのは日本もそうであるんですね。これから何をしなければならないのか、ということを教えてくれていますね。

  6. こどもはなぜ勉強しなければならないのか、これはこどもに聞かれて最も親が悩む質問の一つに挙げられるでしょうが、今回の内容はその答えを、根底から揺るがしかねないないようになりそうですね。将来のなるために学ぶべきはずのものが、全く将来の役に立っていないのだとしたら、それはもう苦行でしかありません。知識のインプットとアウトプットの練習をしているだけならば、その内容はどうでもいいものである必要はないわけです。

  7. 日本の教育事情について、これだけの知識と思案を持った人がどう考えるのか、とても興味深く思います。現状を憂うことは誰にでも可能でありながら、ではどこがどうおかしいのか、どう具体的に改善していくべきなのかをはっきりと示せる人は限られてしまうでしょう。その知見からの意見はとても貴重であると感じますし、またその意見を反映できる立場の人にそれが届くこともとても大切なことだと改めて思えてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です