6Csというアイデア

ここまでずっとキャシーが述べてきた6Csによって、親、教育者、アプリの開発者、博物館の学芸員といった人達が学校内だけでなく、学校外においても学びをダイナミックな考え方で捉え直すことができるだろうというのです。6Csは0歳から99歳まで、もちろん更に年上であってもですが、どんな年齢でも、また地理的境界で分断されることなくどんな地域でも適用できると言います。「6Cs」を活用して、家庭、学校、地域に新たな学びの場を作ってゆこうとキャシーは呼びかけます。

キャシーらが6Csというアイデアを構想し始めたのは、2009年に『幼稚園でプレイフルラーニングを必修にしよう!』(未邦訳)という本を書いた時だったそうです。同じ年、「21世紀スキル育成のための協同事業」が教室を作り変えるために必要な、将来求められるスキルを提示しました。将来に向けての改革は待ったなしの状況だった、彼女らは、著作家、科学者、教育者達を集め、小さな会合を開き、集まった人々それぞれに21世紀に必要なスキルのリストを書いてもらったそうです。膨大な数のスキルか出されたそうですが、全ての人が共通して挙げていたスキルがコラボレーション、クリエイティブイノベーション、クリティカルシンキングだったのです。

こうしたプレインストーミングは色々な考えを生み出しますが単なるバラバラの項目リストになりがちです。キャシーらが考えなければいけなかったのは、これからの時代における「成功」の再定義であり、そのために必要な教育改革についての科学的根拠に基づいた統合的なモデルでした。どうしたら複数のスキルをうまく紡いで、これからの学びの全体像を見せることができるのか。どうしたら学習者個々の違いを尊重し、スキルの成長を測定できる形で示せるのか。熟慮と議論を積み重ねた結果浮かび上がったのが6Csであり、これこそ新たな時代における成績表として活用できるものだと確信したのです。

成長するには継続的な努力が必要です。継続的努力を行うには常に自分の現状を将来の姿と見比べて振り返らなければなりません。そのために役立てるのが成績表であるはずです。6Csによる成績表はまさにこのために使うことができるのだと言います。これからのグローバルな世界において「成功」とは何を意味するのか見極め、そのために必要なスキルを身につけているかどうか振り返るために6Csによる成績表を活用するというのです。

21世紀は、世界中で皆が共通した「成功」のイメージに向かってゆく時代であるとキャシーは言います。そのイメージとは以前述べたように他者と協働し、創造的で、自らの能力を活かし、責任ある市民として生きるということです。「成功」した市民を育てるための環境を、学校の内外を問わず作り出してゆくのが私達の責務だというのです。6Csはこの「成功」のビジョンに到達するための科学的に根拠のある方法を提示しています。

6Csによって実現されるビジョンを現実化する上で、キャシーが紹介してきたレッジョ・エミリアの教育法はとても参考になると言います。私達はこの手法を活用して子どもの全人格を尊重し、何を学ぶかではなくどう学ふかを教育の根幹に置くことができるというのです。6Csはそのために必要となる、密接に繋がったスキルの全体像を表していると言います。

6Csというアイデア” への7件のコメント

  1. 好きなアーティストの1人にカネコアヤノという人がいます。彼女の『燦々』という歌のサビに「屋根の色は自分で決める」歌詞があります。
    屋根の色を決める機会なんて、建築に携わる者でなければ、一生に一度あるかないかです。それが、様々なことの比喩表現であることを感じます。
    今日一日、今、一瞬、全てのことがその時限りの一生に一度のことで、その時どうするかは自分で決めるのだ。そんなメッセージを勝手に感じています。
    「継続的な努力」「どう学ぶのか」子どもたちの一生に一度を、しっかりと見守り、応援できる人になれるよう、私も努力します。

    「美しいから 僕等は」

    燦々の最後のフレーズです。

  2. 世界共通の「成功」イメージが共有される日を想像してみました。なんて素敵な日になるでしょう。正義の解釈が人それぞれで異なるように、「成功」のイメージも異なることでしょう。しかし、そのような中で、成功の根底の部分である不易な「他者と協働し、創造的で、自らの能力を活かし、責任ある市民として生きる」ということを共通認識することで、多くの評価体制や教育方法、そして子どもに携わる全ての人に意識の変革が起きるきっかけとなるでしょうね。6Csはスキルの全体像とありました。このスキルを最高度目標に掲げ、「全人格を尊重し、何を学ぶかではなくどう学ふかを教育の根幹に置く」には、やはり国の政策が必要不可欠であることをひしひしと感じます。

  3. 6Csの考え方は、最近、自分の中で、ビビビッ、ときた考え方です。「他者と協働し、創造的で、自らの能力を活かし、責任ある市民として生きる」生き方の方法を明確にしています。今回のブログで挙げられている3つに加えて、コミュニケーション、コンテンツ、そしてこれまで紹介されてきたコンフィデンスが21世紀という時間を生き抜く人々に要求されていくのだな、と感じました。レッジョはわかりやすい事例でしょう。こうして取り上げられるのもわかります。レッジョエミリアの教育が町おこしのためであっても、結果として、モンテ同様、世界に認められています。半世紀以上の時間をかけて認められるようになってきました。次はMimamoruでしょう。関係性哲学の保育実践。Mimamoruには5Mがありますからね。これから広まっていくでしょう。楽しみですね。

  4. 「どうしたら複数のスキルをうまく紡いで、これからの学びの全体像を見せることができるのか。どうしたら学習者個々の違いを尊重し、スキルの成長を測定できる形で示せるのか」このことはとても難しいことだっただろうなと想像します。私も実感としては思うことなのですが、なんとなく分かっているものを具体的に形にするというのはとても難しいことだなと感じます。「ほら、分かるじゃん、この感じ」みたいなことを言葉や具体的に表すって大変なことですが、それをしないとなかなか多くの人には伝わっていかないなと思うので、それを明確にするというのが自分の中での課題でもあるかなと思います。「成長するには継続的な努力が必要です。継続的努力を行うには常に自分の現状を将来の姿と見比べて振り返らなければなりません」この言葉もいいですね。先を見ることも大切で、そして、現状の自分を知るということもまた大切になってきますね。そういう時は周りの人の意見に素直に耳を傾けることがいいのかなと最近思うようになりました。周りの人が一番、私を知っているのかもしれませんね。

  5. 〝継続的努力を行うには常に自分の現状を将来の姿と見比べて振り返らなければなりません〟とありました。そのために6Csの成績表が必要であるということでした。そして、「将来の姿」とは…と思いましたが〝他者と協働し、創造的で、自らの能力を活かし、責任ある市民として生きる〟のがこれからの時代の将来の姿なんですね。それぞれの人によって努力の仕方や何をもって成功なのかなどは違いがあると思いますが、「将来の姿」をみんなが共通認識として共有することで、今の現状が変わっていくのではないかということを思いました。

  6. 「成功」と一言で言っても、千差万別です。「他者と協働し、創造的で、自らの能力を活かし、責任ある市民として生きる」ということがキャシー氏の「成功」であるとあります。日本の場合、教育基本法に「平和で民主的な国家及び社会の形成者として必要な資質を備えた心身共に健康な国民の育成」とあり、キャシー氏のいう「成功」と非常に似ているようにも感じます。しかし、今の教育がそこをメインに捉えられているでしょうか。目的なく、教科の成績で物事を捉えられていることや勉強や学習が求められていて、いつの間にか「手段が目的化」されてきている時代のように感じます。キャシー氏が言う「子どもの千人格を尊重し、何をまなぶかではなくどう学ぶかを教育の根幹に置くことができる」という教育思想は確かに改めて考えなければいけないように思います。アクティブラーニングにおいても、あれは教育内容ではなく、教育方法であると言われていますが、今のままであると、教育内容のように捉えられ、本末転倒になりかねないようにも思います。いまいちど教育とは何なのかを問いなおす時代なのだろうと思います。

  7. これからの時代における成功の再定義が行われることによって、新しい価値観の創出であったり、教育の根本的な見直しであったり、生き方そのものが見直されるような改革的な動きが生まれることを期待します。
    保育士不足の園があれば、就職どころか実習を受け入れてくれない園もあったり、何か微妙なズレが生じている部分もある気がします。保育士もまた、社会的地位が向上することでこの仕事を天職と考える人も増えることでしょう。成功の再定義が誰にとっても恩恵のあるものであることを祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です