豊かなイメージ

キャシーは、六つのCそれぞれのレベルを定義づけています。各レベルごとに六つのCを眺めてみると、そして、次に各Cごとにレベル1からレベル4まで眺めてみると、それぞれのスキルや段階がどう相互に関わっているか見えてくるとキャシーは言います。まるで3Dメガネをかけて眺めているかのように、子ども達の成長の道筋を立体的な全体像として捉えることができるはずだというのです。

では、この豊かなイメージを現実のものにするにはどうしたらよいのでしょうか?

キャシーは、「まずはスキルの名前を覚えて、意識して使ってみることからやればいい」と助言します。これまで気に留めなかった場面でのうちのどのスキルを使っているか意識するだけで、思考力は向上するというのです。「ソフトスキル」と呼ばれている社会的なスキルは、数学や国語のような「ハードスキル」の基盤になるとかつてキャシーは述べていました。コラボレーションのような「ソフトスキル」を学びの中心として考えなければグループ学習をカリキュラムに取り入れることができないというのです。

プロックで何かを組み立てたり、理科のレポートを書いたりする時にグループ活動を組み込むことで、他者とともに作業し、他者のものの見方を聞くことの大事さを学ぶことができるのです。コラボレーションは社会的な関係を築くスキルとして、また感情をコントロールする能力としてとても重要だと言います。幼稚園の教師の多くが子どもに学んでもらいたいと願っているのは、他者と共に作業できる能力だと言います。しかし私達はこれまで読むことと計算することばかり注目し、社会的な能力を育てる教育の役割を無視してきたのです。

クリティカルシンキングについても同じだとキャシーは言います。殆どの学校の教室では事実が与えられるだけで、その事実をきっかけに議論する機会は少ないのです。これでは子どもが「見かけをそのまま信じる」という、クリティカルシンキングにおける最低レベルの状態に留まるように仕向ける学びをしているとしか思えないとキャシーは言うのです。

豊かなイメージ” への7件のコメント

  1. レベル1の部分を見てみるとある意味では乳児の行動でもあるのでしょうか?そう思うと、やはりこれを経ないと次の段階へは移行できないのかなとも思えてきます。それは子どもの発達も同じですね。乳児の時期に、その時期必要な行動をとれていないと必ず後になって出てきてしまいますね。そうなると、実年齢より幼い行動をとってしまいますが、やはりそこを経ないといけないと思うと、次のスッテプに行くためにはどうしても必要になってしまいますね。『「まずはスキルの名前を覚えて、意識して使ってみることからやればいい」と助言します。これまで気に留めなかった場面でのうちのどのスキルを使っているか意識するだけで、思考力は向上するというのです』このことは自分自身の反省でも意識したいです。常に意識すれば新しい自分になれるということを感じさせてくれます。

  2. 表になるとすごく分かりやすくなりました。子どもたちが今どのレベルにいて、どんな課題と関わりが必要なのか考えることができます。
    最近、移行で幼児組に入ることが増えました。思っていた以上に話し合って何かを決める機会を多く持っているようです。その反面、子どもたちの様子を見ていると、気持ちが話し合いへ向かっていない子も多くいるように感じます。
    特にコロナの影響で例年より遅れて、先々月から始まった異年齢チームでの話し合いは難しさがあるようです。
    この表をもとに、話し合いをすることが目的ではなく、話し合いをすることで一人一人の何を育みたいのか考えられると、話し合いのデザインの仕方を変えていけるかなと考えました。

    明日は金曜日、2020年も残り1ヶ月を切りました。ひとまず、子どもたちと共に健康に過ごしたいと思います。

  3. 「これまで気に留めなかった場面でのうちのどのスキルを使っているか意識するだけで、思考力は向上する」というのは、まさに10の姿をもとに、目の前の子どもたちを観察している様子そのものである気がしました。10の姿というのも、6Csをもとにして作られたのでしょうかね。はじまりとして、「まずはスキルの名前を覚えて、意識して使ってみる」ことがあったように、それを習慣にすることで社会で必要なスキルをもとにした、子どもの成長発達を捉えられるようになりますね。幼稚園が多くが望む「他者と共に作業できる能力」というのも協同性を彷彿とさせますし、社会全体が新しい方向に歩みを進めて行こうとする流れが6Csから感じることができます。

  4. 浅学な私は、今回のブログにて紹介されている表をk.takaさんの園のデスクで発見し、驚き、自分の発言の小道具として活用させていただきました。K.takaさん、その節はお世話になりました。もっとも、ひねくれている私は、表にされレベルがどうのこうの、とされると、何か違和を感じるのですが、まぁ、それはいいでしょう。私の癖ですから。6Cs、記憶力が乏しい私はいっしょうけんめい覚えました。時々、振り返られなければ、忘れてしまいます。Communication, Collaboration, Contents, Critical thinking, Creative innovation, Confidence。さぁ、コラボだとか、やはりクリティカルシンキングは大事、などと繰り返し、繰り返し、意識的に思考や行動に以上のいずれかをあてはめるとフレームがはっきりとしていいですね。子どもたちの会話や行動をこうした視点でみると、おそらくその意味深さを大人である私たちはわかるのではないでしょうか。コンテンツとクリエイティブイノベーションは忘れそう。

  5. 子どもたちの行動や意見を改めてよく見て、聞いてみようと思いました。〝どのスキルを使っているか意識するだけで、思考力は向上する〟ということは、自分に向けて書かれてある言葉であるように感じます。子どもたちにおろすには自分たちから伝えることができるようにならないといけませんね。ということは、まずは自分が意識してみるということ、自分自身の行動一つ一つを振り返ってみるということは「あっ、こういうことなのか」と自分の中にすっと落とし込むことができる今回の内容でした。

  6. 「これまで気にも留めなかった場面でのうちのどのスキルを使っているか意識するだけで、思考力は向上する」とあります。確かに、紹介されている表を基に自分がどのレベルで関わっているかを考えることは自己評価につながることなのだと思います。自己評価をすることは次の自分への道しるべではないかとすごく最近思います。次の自分に気づくためには自己評価をして、自分の反省すべき点から逃げず、認める作業がどうしても必要になります。そういった謙虚さを基に自分を変えることができるのだということを経験談から感じるのです。自分自身はまだまだその途上にいますから、反省の毎日なのですが、その一つの指標として6Csの表は役に立ちますね。何事にも本質からブレないためには本質を意識する必要があります。そして、それは自分に向けるだけではなく、人や子どもに向けることでより、集団や組織といった大きな塊にも必要な意識や風土にもつながっていくのかもしれません。

  7. 説明書のような、手引きが示されています。このような具体性というものが教育に導入されることは新鮮ですし、もしかしたら教科書に掲載されている解答例を子どもたちに指南しているだけで授業が成立しているなら、それこそこういった実践の具体例を下ろしていくような教育の方が、子どもたちにとってとても有意義なものとなることでしょう。
    見守る保育 Fujimori Methodもまた具体例に富んでいるという点では何か通じるものを感じます。先ずは真似をしていい、むしろ真似から始める、というこの簡単さがとてもいいことだと改めて思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です