学校の姿

キャシーは、いまだ変わらない学校の姿をこう表現しています。子どもは列になって座り、皆同じ顔で同じように頭を抱え教師の言うことに耳を傾けます。しんと静まった教室の最前部に教師が立ち、ありがたい知識を授けます。このような時代錯誤としか思えない授業を理想とした教育改革をアメリカは目指そうとしているとキャシーは言うのです。実は国際学力テストで高い順位を誇る中国のやり方を真似てこうなったのだと言います。しかし何とも皮肉なことに、中国は私達が19世紀の教育方法に回帰し、知識を覚える教育に舵を切ったのとは正反対に創造性を重視する教育を始めているというのです。中国からの客員教授のべティ・プルースはこう語っています。「あなた方アメリカら学んだやり方を中国では採用しようとしているのに、アメリカがそのやり方を変えたいというのは面白いことですね」。中国は学習者中心の教育に移行しようとしているというのです。そして丸暗記する学びを極力減らそうとしているのです。なぜなら記憶中心の学習がテストに合格することだけを考え、受け身で学ぶ意欲の低い学生を生み出すと考えているからだそうです。これこそ今、アメリカが直面している問題だというのです。中国には「ガオフェンディンエン(高分低能)」という言葉があるそうです。意味は「テストの点が高いだけで能力がない」というつことだそうです。アメリカも同じような言葉を新しく作った方がよいかもしれないとキャシーは言います。

次に創造力を伸ばす秘訣として、「安心して思いきり何かを作り出せる場で遊ぶ」ということを挙げています。安心して思いきり何かを作り出せる場が創造力を高めるというのです。子どもが何かやろうとした時に踏みつけてしまってはいけないと言います。遊び部屋を作る時も、学校を見学する時も、常に「この場所は創造力を刺激するか?」と問いかけるといいと言います。そこで、キャシーは、創造性を大いに伸ばす環境を作り出すことに成功している三つのケースは紹介しています。

まず紹介するのは、キャス・ホールマンか発明したRigamajig (http//www.rigamajig.com)です。様々な形と大きさの木製の部品を組み合わせて動く構築物を作れます。ウェブサイトのデモビデオを見ると、子ども達が与えられた道具を使って、安心した場所でゆったり時間をかけて自由に探索しながら個性的な作品を作り出しているのが解ります。その姿はエンジニアそのものです。

次に紹介しているのは、子どもの遊び場を作る運動を続けている団体「カブーム」と有名な建築家、デビッド・ロックウェルが手を携えて進めているイマジネーションプレイグラウンドというプロジェクトです。実は先程紹介したキャスもイマジネーションプレイグラウンドに関わっているそうです。子ども達は自分たちの遊び場を作り出すための部品と場所と時間を与えられると、見事に部品を組み合わせ、自分達の新しい世界を作り出しました。そしてそこで何をするかまで発明したのです。子ども達の活動の様子をピデオでちょっと見れば、日々の生活の中で創造力を大いに発揮する場を作れることがよく解るだろうとキャシーは言います。子ども達は手段を手に入れ、どうしたいかというビジョンを共に生み出していったのです。

学校の姿” への6件のコメント

  1. 様々な人の話、実際に触れること、身近になったことで、ここ最近、中国という国に対するイメージがかなり変わりました。とても先進的な部分は先進的で、変化の速度も早く、なかなか変化しない教育もどんどん進んでいっているという印象を受けます。とっくに日本はあらゆる面で追い抜かれているというのは間違いないことかもしれませんね。他国の状況から、私たちが思っている以上に変化が必要な時代に来ているという危機感のようなものをもっと持たなければいけないような気がします。「安心した場所でゆったり時間をかけて自由に探索しながら個性的な作品を作り出しているのが解ります」とありました。ゆったりと時間をかけれる時間というのは保育の中でもしっかり保障していきたいですね。意味は子どもたちが作り上げていきます。大人はそれが子どもたちにできるような環境をつくっていかなければいけませんね。大人が意図したものに寄せていこうとするのではなく、子ども自身がそれを作り上げるような時間を大切にしたいなと思いました。

  2. 創造力を伸ばす秘訣として、「安心して思いきり何かを作り出せる場で遊ぶ」ということを挙げています。安心して思いきり何かを作り出せる場が創造力を高めるというのです。子どもが何かやろうとした時に踏みつけてしまってはいけないと言います。

    2歳児担任をしています。「安心」という点で、2歳児ではまだ物の取り合いで衝突することも多いです。新しい玩具や素材を取り入れた際には尚更。人間関係を育む為に、そのコミュニケーションも必要です。

    協働力を育みたい時には、一人一人の物が保障され、やりたいという意欲、興味関心が満たされたことから、協働する姿へ繋がると、園内研修の動画検証でも学びがありました。創造力についても同様なのだろうと考えました。
    一人一人の興味関心、やってみようという気持ちが満たされる、ある意味誰にも邪魔されないという安心感を保障することが大切なんですね。

    これからの環境設定、活動の計画で考慮していきたいです。

  3. アメリカを真似た中国が「学習者中心の教育に移行しようとしている」その一方で中国を真似たアメリカが「記憶中心の学習がテストに合格することだけを考え、受け身で学ぶ意欲の低い学生を生み出」している。何とも面白い現象ですね。「ガオフェンディンエン(高分低能)」=「テストの点が高いだけで能力がない」かつての自分か(笑)。今度知り合いの中国人にこの表現してみようかな(笑)「「この場所は創造力を刺激するか?」と問いかけるといい」これは良い問いかけかもしれませんね。あまりごちゃごちゃ言わずに、シンプルに「創造力を刺激するか」。私が勤める園のブロックゾーンをはじめとする各ゾーンは子どもたちの想像力を十分に刺激していますね。その結果は毎日違う様相を呈してくれます。子どもたちの遊び場は実に楽しそうですね。私たちの仕事場も楽しい場所にしたいものですね。創造力の源は楽しさです。

  4. 国際学力テストで高い順位を誇っていた中国は、なぜ教育の進すべき道を変えることができたのでしょうか。普通なら、今のやり方で高順位なら、そのやり方を強化していく方向になる印象なのですが、決してそうはせず、向かうべき道筋を決定できたその過程が重要な気がしました。また、Rigamajigのサイトも閲覧しました。部品が大きいと、1人ではなく複数でやらなければ完成しにくいところもいいなぁと感じます。そして、「子ども達は自分たちの遊び場を作り出すための部品と場所と時間を与えられると、見事に部品を組み合わせ、自分達の新しい世界を作り出しました。」とあるように、創造できる物と場所と時間の確保は、大人の役割であり、優先事項であることを感じました。

  5. 創造力が伸びる場所として〝安心して思いきり何かを作り出せる場が創造力を高める〟とありました。大人が子どもにできることは「場所」と「時間」の確保をしてあげることくらいでやめておかないと、変に手やら口やらを出してしまいそうですね。その場を少し離れて見ておくくらいでいる方が子どもたちの創造力は高まるんだということを理解できます。何もないところでも子どもは本当に楽しそうに遊んでいます。誰かとじゃれ合い、話し、大人には見えないいろんな遊びがそこにはあるのでしょう。このようなことは子どもたちの創造性がなし得ることなんだろうと読みながら思いました。

  6. 昨年もラジオの解体を子どもたちに提案しました。あんなに生き生きと、わくわくした表情で遊ぶものかと改めて感じたことと、そういう遊びはやっぱり子どもたちは大好きであることを再確認しました。子どもの頃を思い出すと同じようなことにわくわくしていたような気もします。元に戻すのはとても大変だから、壊れていいものを、というその束縛感のない感じが気楽でより想像力や工夫する気持ちを生み出すのかもわかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です