創造的思考を身につける

これからの世の中を素晴らしいものにしてゆくためにはピジネス環境も、学校も、クリエイティブイノベーションとクリティカルシンキングに大きな価値を置く組織にならないといけないとキャシーは言います。アップル社がアップルⅡやiPodという画期的な製品を生み出すことができたのは、会社としてのミッショがあったからだと言います。そのミッションを祝して大成功を収めた広告キャンペーンが1997年の「Think Different」のCMだそうです。アインシュタイン、ジョン・レノン、テッド・ターナーのような世界を変えた人達の顔写真が次々に映し出されます。たった一分ほどのCMですが、この映像を見るとアップルが何となく彼らと同じように最優秀の存在のように思えてくるとキャシーは言います。このCMを基にしたポスターも作られ、そこには創造的に新しいことを成し遂げた人達の顔写真と共に彼らが直面した状況を的確に表現したフレーズが書かれていたそうです。

「クレージーと言われる人達がいる。反逆者、厄介者と呼ばれる人達。四角い穴に丸い杭を打ち込むように事をまるで違う目で見る人達。彼らは規則を嫌う。彼らは現状を肯定しない。彼らのことばに心を打たれる人がいる。反対する人も称賛する人もけなす人もいる。しかし彼らを無視することは誰にもできない。なぜなら彼らは世界を変えたからだ。彼らは人類を前進させた。」

子どもたちが創造的思考を身につけてゆくために、私たちは何ができるのでしょうか。このことについて心理学研究の科学的知見に基づいて、キャシーは考察していきます。

まずレベル1として、「とりあえず試す」があります。色々試して遊んでみることが大事であるというのです。

キャシー・ハーシュ=パセックとロバータ・ミシュニック・ゴリンコフが書いた「科学が教える 子育て成功への道」の本の裏表紙には、一枚の絵が描かれています。その絵についてキャシーは、「なんと美しい色づかいと線だろう。これは並外れた画家の作品のようだ」と評しています。彼は1954年に生まれ、2歳の時、鉛筆と紙を渡されました。4歳までに400枚の絵を描きました。確かに名づけられるようなイメージではありませんが・カラフルな色彩で中々興味深いです。このアーティストは一体誰なのでしょうか。彼の名はコンゴです。チンパンジーなのです。コンゴはレベル1のクリエイティブイノベーションを特徴づける「実験」を行っていると言えるとキャシーは言います。与えられた素材をいじくりまわし、とにかく色々やってみるのです。しかしコンゴは闇雲に試行錯誤するだけなのでモナリザのような作品が生まれることはありません。

レベル1の探素者は全体像を思い描くことなく手にしている要素で「遊ぶ」。3歳の子に初めてブロックセットを与えた時と一緒だと言います。まず手にしたブロックをいじくりまわし、どう組み合わせるか熱中します。最早「ゾーン」に入ってしまったかのようで、周りで起こっていることなど全く気にかけません。どのブロック同士はうまく組み合わせられるのか……どこまで高くブロックの塔を積み上げることができるのか……このような実験を通してブロックで何ができるか発見するのです。

創造的思考を身につける” への6件のコメント

  1. ここ数年で広告の表現が変わってきたなと個人的に感じることがあります。その商品の紹介というよりも、その商品がいかに消費者の人生を豊かにするかというようなメッセージのものが多いように思います。アップルのように、企業が進むべき道を示す宣伝も、おもしろいものがたくさんありますね。広告はよく見るとおもしろいですね。『まずレベル1として、「とりあえず試す」があります。色々試して遊んでみることが大事であるというのです』とありました。いいですね!とりあえず試す!この大切さを感じています。というより教えてもらいました。それがよくないとされる環境に慣れていましたが、このとりあえずやってみるというのがとても心地いいのが分かります。しかし、なんでもかんでもやっていいということではありませんね。そこは見極めないとと思っています。最後に「ゾーン」とありました。ブロックに熱中していく様がゾーンである。まさにこれはゾーン環境の意味と合致する内容ですね。子どもたちが熱中する環境だから、ゾーン。まさに理にかなっています。

  2. 「Think Different」のCMの言葉には勝手に納得と感動をしてしまいますね。偉業を成し遂げてきた方々の共通点、それはまさに「事をまるで違う目で見る」「規則を嫌う」「現状を肯定しない」ということなのでしょう。それがクリティカルシンキングであり、クリエイティブイノベーションの源なのでしょうか。それをこれまでの日本の学校に当てはめてみると、完全に「問題児」でしょうね。つまり、これまでの教育にそぐわない人材こそ、社会で偉業を成し遂げ、国や社会に変革と発展をもたらしていたということになるでしょうか。そして、そのような人材になることで、社会を形作れる、まさに形成者になるという教育の真の目的を達成できることになりますね。

  3. 「クレージーと言われる人達がいる。反逆者、厄介者と呼ばれる人達。四角い穴に丸い杭を打ち込むように事をまるで違う目で見る人達。彼らは規則を嫌う。彼らは現状を肯定しない。彼らのことばに心を打たれる人がいる。反対する人も称賛する人もけなす人もいる。しかし彼らを無視することは誰にもできない。なぜなら彼らは世界を変えたからだ。彼らは人類を前進させた。」

    まさに子どもの姿であると感じます。子どもたちはクレージーな程に生活や遊びに熱狂しています。一日一日、一瞬一瞬に全力で向かっている。あんなに笑って泣いて怒って、クレージーなパワーの持ち主です。

    子どもたちは社会性に勇敢に立ち向かいます、その勇敢さは大人からすると時に厄介なものです。常識を破壊し、最新のものに手を伸ばして順応していきます。

    四角い穴に丸い杭を打つどころではありません、紙コップの他の使い方を考えるなんて朝飯前のようです。どんなものでも、誰でもが何にでもなれる、目に見えないまだこの世に存在しないものも生み出せる、爆発的な想像力(=創造力)を持っています。

    子どもは(楽しくない、目的的でない)規則を嫌う。子どもたちにとって重要なのは楽しいかどうか、面白いかどうか、心が動くかどうか。興味関心が全ての始まりです。

    私たち保育士は子どもたちの言葉に日々心を打たれています。社会にはそれに反対する者も称賛する者もいます。

    けれど、誰も子どもたちを無視できません。これから世界を変えていくのは子どもたちだから、人類の前進、人類の未来は子どもたちなしに語れないのだから。

    保育士は良い仕事だなーと改めて思いました。

  4. かつて「子どもは悪気があってやっているわけではない」という言葉を藤森先生から教わりました。子どもは自分の興味関心好奇心でいろいろなことをやってみます、探求心によって。大人の表現を当てはめるならば「とりあえず試す」。まぁ、試す、というより、やる、ということでしょうね。やりたいという心情意欲がやるという態度となって表れるのでしょう。その行為が大人にとって不都合なことであっても、子どもの気持ちはいったん受け止めるという余裕を持ちたいものですね。もちろん、子どもの生命に関わる事や重大事故が予想される場合は則介入、制止。
    「クリエイティブイノベーションとクリティカルシンキング」があちこちで言われていますが、教育現場はそうした声が届いていないのでしょうか。学習指導要領等はおそらく意識しているはずなのですが。運用の仕方がいまひとつわからないのか。いつか学校の先生たちと話し合ってみたいものです。

  5. 子どもたちが大人になる頃にはどのような社会になっているのか、自分には想像できませんが、アップル社の「Think different」のCMに出てくるような人たちのような思考を持ち合わせていないと、AIにとって変わられる世の中になるのでしょうね。人間がAIにとって変わられないためのレベル1が「とりあえず試す」なんですね。我が家の赤ちゃんははじめてのものと食べ物しか興味を示しません。はじめてのものを見ると、素早く動いて掴み、叩いてみたり、口に入れたり…できる思いついたことはなんでもしているようです。これができる環境を整えてあげることがレベル1であることをを考えると「汚いからやめなさい」なんていうのはそれ以下ということになりますね、

  6. 指導という言葉や教育方法が保育に当てはまらないことを、この度の内容からより感じることができます。あれこれ指さしをして導いていくようなことでは子どもは育っていくより萎縮していくだろうことは、それがレベル1の段階ですら踏襲していないという事実があるからでしょう。このレベルはまるで発達のようで、子どもが創造力を身につけていく過程で通らなければならない道筋を表しているようにも思えてきます。子どもに指導し、知識を一方的に与えていくような毎日の中では、それはこの力が育たないだろうことは想像できますし、むしろそういった環境の方が多いだろう現代日本の教育下において、よくここまで子どもたちはその力の水準を保っている所で保てているなと感心の気持ちすら湧いてきてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です