学校外の学び

子どもは学校だけでコンテンツを学ぶわけではありません。このことをよく覚えておくべきだとキャシーは言います。子どもは学校外で多くの物事を学ぶのです。あなたと薬局やスーパーマーケットに買い物に行った時の会話を通じて。あなたと電車やバスに乗っている時。こうした全ての瞬間に子どもは学んでいるのです。いつでもどこでも、子どもは世界について理解を深めることかできるのです。キャシーは、そんなチャンスを活かして問いかけてみようと提案しています。そうすれば子どもは多くのことを学びとるでしょう。学校外でも学びを面白がる子どもは学校でも学びを楽しんでいるのです。子どもが過ごす時間の中で学校が占める割合は20%に過ぎません。大半を占める学校外の学び環境を豊かにするために、私達は、子ども達にとってのよき学びのモデルとなり、また子ども達と一緒になって学びに取り組んでゆこうと言うのです。

知識コンテンツは子どもだけでなく大人にとっても必要です。つまりこれを読んでいる皆さんにとっても深く関わることなのです。たからこそ、キャシーの考え方を学んでいるのです。知識コンテンツを学ぶ時カギになるのはモチベーションだとキャシーは言います。学びのモチベーションを持たない人は誰もいません。ただそれをうまく発揮していないだけだと言うのです。あなたの持つコンテンツはどのレベルにあるのでしょう?実は「皆がレベル4 !」だと言えるかもしれないと言うのです。なぜなら誰もが熟達している何かを持ち合わせているからだとキャシーは言うのです。ただそれを自分の関心のある限られた分野に留めてしまっているのです。キャシーは、「あなたは知識コンテンツの習得の範囲を自ら狭めていないだろうか。」と問います。新しい場所に行ってみたり、新しいことを学んだりしているでしょうか。私達は誰も全ての分野において熟達することはできません。しかしこれからの時代において、全ての人々に求められるのは常に情報を更新し続けることなのです。本来、学校教育はこのような学びの姿勢を子ども達に身につけさせたいと考えていたはずです。

ずっと見たいと思っていた絵画展には、是非子ども達も一緒に連れていきましょう。何を描いた絵なんだろう。何が見えるかな。どんなことが起きているシーンを描いたんだろう。というような問いを子どもに投げてみます。すると、これまで思いもしなかったような斬新な発見を子どもから聞くことかできるだろうと言うのです。新しい物事を学ぼうとするあなたの姿勢が子どもにも伝わって、あなたのように学びに開かれた人に成長してゆくのだと言うのです。

あなたが得意なことを誰かに教えてあげたことがあるでしょうか。自分が熟達していることを更に磨きたいなら、他の人に説明するのがいいと言います。これは自分の子どもに対してすぐにやれることだろうとキャシーは言います。もしパンを焼くのが得意なら一緒にパン作りに取り組むといいでしょう。子どもにも仕事を与えてあなたの持つスキルを伝授します。外国語に堪能なら、子どもが知っていることをその外国語に直して、あたかも秘密の言葉であるかのように教えてあげましょう。