知識コンテンツ

職種によって求められる知識コンテンツは異なりますが、レベル4に達するまで長い年月をかけて修業するプロセスが必要であることは変わりありません。但し、身につけるべき知識コンテンツはずっと同じではないと言います。変化しないビジネスなどないので、今のやり方でよいか常に見直すことを怠ってはならないのです。企業は顧客から情報を集め、顧客のまだ満たされていないニーズを探り当てる努力をします。アップル社はこのやり方で成長してきたと言います。アップルのリサーチャーは顧客用のチャットルームに入り込み、そこでなされているコメント、不平や関心のありかなどをしつかり把握するそうです。その中にあった「財布に入るコンピュータがあったら凄いよね」というチャットがきっかけとなってタブレット端末が生まれたのだそうです。知識というコンテンツを集めようとするアップルの意欲がコンピュータ市場を変える画期的な製品の誕生に繋がったのです。

もう一つ、レベル4で知識コンテンツを捉えようとしている企業の例として、幼児が落としても割れないお皿を製造している、アメリカの耐熱皿製造大手企業であるコーニング社をキャシーは挙げています。コーニング社は新たなビジネスチャンスを生みそうな最新技術と、文化的・歴史的な光を当てて製品を見直すこととを繁げる試みを続けているそうです。そのために年に一度、学術界、産業界の専門家を集めてカンファレンスを行うそうです。コーニング社はこれまでやってきたこととこれからやろうとしていることを両方考えて、進み続けながら振り返ることを大事にしているのだそうです。2015年10月に開かれたカンファレンスのテーマは「アメリカ人のお気に入り料理 耐熱ガラスの100年」でした。ガラス会社のデザイナーとマーケティング担当者と技術者が「料理は愛である」ということや、建築について、更には料理と性役割といったことについて考えるのです。

新しい知識を生涯学び続けること。これはどんな職業に就こうが、仕事の種類が何であろうが関係なく、全ての人々にとって必要なことだと言います。インドの哲学者、ジッドゥ・クリシュナムルティの言葉を私達は胸に刻んでおきたいとキャシーは言います。

「教育に終わりはない。本を読むのはテストに合格するためでも、教育を終えるためでもない。生まれてから死ぬまで、私達の全生涯が学びのプロセスなのである。」

この章の冒頭でキャシーが紹介したFCATの宣誓を生涯学び続ける誓いに変えてしまおうと呼びかけます。「さあ、皆さんも胸に手を置いて、言ってみてほしい。」

1.私はただ事実を覚えるために勉強するのではなく、知識のシステムを作るために概念を深く学びます。

2.私は「学び方を学び」ます。なぜなら情報は無限に増え続けるからです。

3.私はよく寝て、朝ごはんをしっかり食べます。これはずっと大事なこと!。

4.私は難しいこともすぐに諦めず、他の人とコラボレーションして、問題解決にチャレンシし続けます。

5.私は学んだことをどう現実場面で応用するかいつも考えます。知識は使う練習をしないと錆びついてしまうからです。