レベル4の熟達者

キャシーは、ゴルフを例に挙げて、初心者と熟達者と後が愛を説明しています。ゲームは進み、今度度はバンカーがフェアウェイを横切っていたとします。川とバンカーの違いはあるものの二つのホールは構造的には類似した状況です。プロは表面的な類似だけでなく、前方に障害物が立ちはだかる中でショットするという問題の「深層構造(deep structure)」まで考えています。このように熟達者は深い知識を持っているので、まだ低いレベルにある初心者の友達に合わせて、自分の思考プロセスを理解できる形で伝えることができると言うのです。子どもに教える人がレベル4の熟達者であってほしいと考える理由はここにあると言います。熟達者は単に専門知識を持っているからではなく、相手に合わせて多様な方法で説明したり、例を示したりできるからだと言うのです。カリキュラムガイドで書かれた通りにしか動けない素人とは大違いなのです。

数学のできない中学二年生の子がいました。この子に対して熟達した教師はその原因がどこにあるか的確に突き止めてサポートします。この子の場合、分母の大きい分数の方が大きいと考えていることが判かり、それは4年生の時に分数をきちんと学んでいなかったからでした。すぐに対処しこの問題を克服したら、めきめきと数学ができるようになったそうです。

九九のいくつかは覚えているものの掛け算に意味を見出すことができず、掛け算を拒否する子がいました。こういう場合も熟達した教師は、頭ごなしに「覚えろ」とか「やらないと困るぞ」とは言わず、子どもに気づかせる工夫をすることができます。この子に数える仕事を与え、掛け算をしないと困る状況を体験させたのです。もちろん本当に必要とされる仕事を自然な流れの中で課したのです。一枚のシートにつき6個のステッカー。シートは八枚。一体全部でステッカーは何枚あるのか……一枚一枚一枚数えていたら大変です。そう思った瞬間、彼の頭の中に「あっそうか。だから掛け算がいるんだ!」という考えが閃いたのです。以後彼は喜んで掛け算を学び始めたのです。

子ども、大学生、そして私達自身をレベル3、レベル4の段階へと高めてゆくのを助ける方法は沢山あります。日常の些細なことにも「意味」を見出し、表面的に考えないトレーニングをすることもできると言います。買い物一つとっても「かわいいケースに入っているから買う!」というような衝動的判断をしないで、自分のニーズに最も相応しいものはどれか、複数の条件を考慮して選ぶということから始めてみればいいとキャシーは提案しています。

新しい知識コンテンツを生涯学び続けるのが「「超」一流の熟達者」であると言います。ビジネスの世界においても、レベル3・レベル4の知識が重要です。スターバックスのバリスタはコンピュータによって制御されたレジを使いこなし、お客様とスターバックスならではの特別のやりとりをしなければなりません。セールスに携わる人はどの分野であれ、沢山の商品の名前と特徴を覚え、間違いなく商品を提供し親身に対応することを学ぶ必要があると言います。イベントプランナーは全体像と細かい部分との両方を頭に入れて、数々の決定をしなければならないのです。そうでないと、顧客にとって一生のイベントである結婚式や成人式が台無しになってしまいます。たとえば発達心理学のように、科学者は目指す分野、たとえば発達心理学について、大学院でメンターに導かれて、共に研究することを何年も積み重ねます。そしてレベル4に到達し一人前になると、自分なりの独自の視点を持って研究を続けていきます。職種によって求められる知識コンテンツは異なりますが、レベル4に達するまで長い年月をかけて修業するプロセスが必要であることは変わりないのです。