大人か子どもかは関係ない

マルコム・グラッドウェルのような著名な作家になるには一体どうしたらよいのでしょうか。世界中の14歳が受けるPISAテストにそのヒントがあるとキャシーは言います。高得点をとる学生は代数で学んだことと三角法で学んだこととを関係づけて、異なる領域の知識を繋げて考えます。問題を解くためにどんな制約を考慮しないといけないか見つけ出し、それは、この手の問題にはこの方略は使えないと判断することで、解法を適宜柔軟に考え直しながら知っている知識を適用するのです。このように熟達者は理解したこと、思いついたことをすぐに新しい問題に応用し、新しい関係を作り出すことができると言うのです。レベル3のように知っていることを広げて適用するだけでなく、レベル4は、全く新しい方法を見つけ出すのです。

全ての分野において熟達者と初心者とを区別することができると言います。子どもであっても熟達者になり得ると言うのです。アリゾナ州立大学のミッキー・チーはチェスの熟達者である子どもを研究したそうです。まず知能テストで行われる数唱テストを行うと、大人の方がチェスの熟達者の子どもより多く数字を記憶でき、より記憶の容量が大きいことが分かったそうです。しかしチェスの盤面の記憶については、大人よりもチェスの熟達者である子どもの方が優れていたそうです。どの領域であってもレベル4の熟達者になると、大人か子どもかは関係なく、その領域での問題解決の際に初心者が気づかない特徴を見つけることができるのだそうです。またその領域において大事な情報をより多く記憶しているので、深く分析ができ、経験したことがない状況にであってもすぐに対応できるのだそうです。

ここでキャシーは、もう一つゴルフの例を挙げています。ゴルフがうまくなるにはやはり長い年月のトレーニングが必要です。これまで経験したことのないコースでフェアウェイからグリーンへアプローチする時、熟達者はこれまでの知識を新しい状況に適応して対処するのです。フェアウェイの真ん中に川が流れています。プロゴルファーはここで様々な判断をします。リスクがあるのを承知の上で川を越えるボールを打つかどうか、どのクラブで打つか、風は追い風か向かい風か、こういった変数を全て考慮する必要があるのです。熟達者はただ漠然と物事を進めません。どうしたらベストかを考え、見極めてから行動します。更にもうだめだと簡単にあきらめたりすることもありません。知っていることを全て投入し、問題を解決します。それが熟達者なのです。自分の行動を的確に評価し、いつもと違ったことをしていないか常時チェックしています。レベル1やレベル2のゴルファーは自らに問いかけて確かめることなどせず、なんとなくショットし、ボールが川めがけて飛んでいくのをただ見つめるだけだと言うのです。レベル3のゴルファーはクラブを変えることぐらいはできるかもしれませんが、関連する要因を全て考霾して判断することはできません。関わってくる変数を全て思い浮かべ、どれに重みをつけるか決め、全体像をつかむことは難しいと言うのです。しかしレベル4のプロはこれができるので、トーナメントで優勝するのです。