熟達者

ひとつのボールの重さは、大きさの同じもう一方のボールの重さの2倍です。この二つのボールをビルの二階から同時に落下させたら、軽いボールが地面に届くまでにかかる時間はどう違うかという問いに対して、ニュートンの運動の第二法則に従えば両方のボールは同時に地面に届きます。これが物理学の基本概念です。しかし殆どの学生が、その中には授業でAをとった者も含まれていたのですが、間違ったのでした。同じテストを世界中の一万人を超える学生に行った結果は驚くべきものだったそうです。受け身で講義主体の伝統的な物理学の授業では、学生が物理世界について抱いている誤った理解を変えることはできなかったのです。へステンズはこう言っています。「学生は自ら知識を作りあげていかなければならない。受け身で教わって知識を取り込むことはできないのだ」と。マズールは、講義主体で学生が聞くだけの授業をやめ、小グループに分けて学生達が協力して課題に取り組む学び方に変えたのです。すると学生達の学びの質は急激に上昇したのである。キャシーらは更に深い学びに到達するにはどうしたらよいかも知っていると言います。そこで彼女らは、レベル3の先にある学びについて学習科学が明らかにしたことについて説明していきます。

次のレベル4は、「熟達者になる」です。熟達者とは、既存の知識を活かして新しい方法を思いつく者のことを言います。レべル3になれば自分が知っていることを新しい繋がりで見直したり、新たな方向性に広げたりできるので、子どもにとって大きな進歩です。知っていることを柔軟に使いこなせるようになるのです。では、この段階を超えてレベル4に進化するということはどういうことなのでしょうか。それは「その道のプロになる」という風に言えるのではないかとキャシーは言います。食堂の経営者、チームのコーチ、タクシーの運転手等分野は様々ですが、熟達者になると知っていることを自由自在に改善・修正して、柔軟に考えられるようになると言うのです。

マルコム・グラッドウエルは数々の本を出し、そのうちの4冊が『ニューヨークタイムズ」のベストセラー・リストに入っているという有名作家です。その中の1冊『天才!」(講談社)の中で1万時間ルールを提唱した心理学者、アンダース・エリクソンのことを書いています。どんな分野であれ、熟達者になるには1万時間の修業が必要だというのが1万時間ルールです。グラッドウェルも、自分がここまでの業績を上げられるようになるまでやはり1万時間ルールに従ってきたと言っているそうです。最初はずぶの素人で、ようやく熟達者の仲間入りをするまでに10年間、1万時間かかったのです。誰であろうとすぐに熟達者になれるわけではありません。たとえ生まれつきの才能を持っていたとしてもです。「才能に準備が伴って初めて達成することができる」とグラッドウェルは述べているそうです。どれだけ精一杯準備したかが何かを成し遂げようとする時のカギだと言うのです。分野によって練習に必要な時間は変わってくるでしょうが、手術室に入り初めて盲腸を切除したらすぐに外科医になれるわけでも、ビートルズの『ホワイトアルバム』が10代の時に書かれたわけでもありません。大変でも諦めず、粘り強く取り組み、熱心に練習し、グリットを持ち、失敗しても努力し続け、そこに才能が加わって、熟達者になるのです。しかし重要なのはただ一生懸命努力すればよいわけではないということだと言います。