繋がり

自分達の生活との繋がりを見出した時、学びは「意味のある」ものになるとキャシーは言います。学習科学における長年の研究によって、新しく学ぶ事柄は既に知っている事柄と結びつけて考えることで、理解しやすくなるということが解っています。柔軟に繋げて学ぶことこそ、私達が追い求めるやり方と言えると言うのです。移民について学ぶことになったとします。自分の知っている移民の人にまずインタビューに行くことにします。すると新しい土地に移住することの意味が自分にとって繋がりのある現実の問題として見えてきます。言葉の壁、孤立、住む家や仕事を探すことといった問題が自分の知り合いが直面している事実だと解り、移民について我がこととして理解するようになります。

大人の学びも同じだと言うのです。処方した薬を正しく服用する方法をどうしたらうまく患者に覚えさせることができるか、実験して確かめてみたそうです。一方のグループでは医者はただ服用の仕方のルールを伝えただけでした。一週間後にそのルールを覚えているかどうかテストすると、ルールを覚えていないどころか勝手に新しいルールを付け加えていたそうです。もう一方のグループでは、架空の患者についての物語として同じ情報を伝えました。すると一週間経ってもルールをきちんと覚えていたのです。やはり学びに「意味」が付け加えられる方が、ただ抽象的に説明されるよりも効果があるようです。

より深い学びは「社会的な関わり」によって生まれるとキャシーは言います。だからと言って、ただ二人が並んで座って学べばよいというわけではないと言います。学ぶ必要があることを関わり合いながら一緒に理解してゆく状況を作り出さないといけないと言うのです。他者と共に学ぶことが効果を持つということも、長年、学習科学が追究してきたことです。できる子とできない子をベアにして、それぞれが別の知識コンテンツについて学びます。例えば石の種類について学ぶ時、できる子は変成岩について、できない子は堆積岩についてそれぞれ学び、後で教え合うことにします。できる子はできない子に教える時間を奪われて学びが停滞するかというとそうではないと言います。むしろ教えることによって変成岩の理解がより深まったのです。一方できない子もクラス全体の前では解らないことを質問できませんでしたが、ペアだと堆積岩がどう形成されるかが解らないと相手に伝えることができるのです。

「社会的な関わり」が学びに効果があるということについて、最近こんなニュースがあったそうです。ハーバード大学の物理学の教授であるエリック・マズールは、一般的に大学の物理学の授業で行われている講義型のやり方に疑問を持ち始めました。そんな時にたまたまアリゾナ州立大学の物理学者、デビッド・へステンズの研究を見つけました。彼は自分の授業を受けている学生達の物理概念の理解を評価するためのテストを作ったのでした。テスト問題は次のようなものです。

「二つの同じ大きさのボールがあった。一方のボールの重さはもう一方のボールの重さの2倍だった。この二つのボールをビルの二階から同時に落下させたら、軽いボールが地面に届くまでにかかる時間は……。