繋がりを理解

知識コンテンツを主体的に獲得してゆくには、手や体を動かして何かやってみたり、作ってみたりするのがいいと言います。生徒は教師が一方的に授業するのを聞いていても、グループでプロジェクトに取り組む時のようにあれこれ考えたりしません。劇を上演したり、皆の考えを一枚の紙にまとめて表現したり、皆から寄付を募るための文章を書いたりする活動は全て、自ら率先して取り組む学びの良い例だと言うのです。しかしこういった活動は多くの学校が目指している方向と相容れないのが現状だとキャシーは言います。子ども達が問いを出し、自らその問いの解決に動くような学びをすれば、学校はわくわくする学びの場になるのに、学校にいる間、ただ椅子に座って黙々と作業している現状はとても残念でならないと言います。

子どもは火が大好きです。だからマッチやライターは隠さないといけません。しかしこのように子どもが根源的に持っている興味を出発点にして学びを深くしてゆくことができるとキャシーは言います。もし子どもが火について知りたいと思ったら、消防署を訪れて消防士にインタビューする機会を作ってあげましょう。前もってどんな質問をするか決め、現場に出向き、答えてくれた内容は忘れないようにメモしておきます。「難燃剤(frame retardant)」という難しい言葉を読めるようになり、身の周りのありとあらゆるところに使われているのを発見し、場合によっては健康を害する危険性のある薬剤であることを知ります。消火器がどうして火を消せるのか、そのメカニズムを知るのはまさに理科の学びそのものです。人類が火を発見した時のことを想像して書いたり、絵にしたりすることもできるでしょう。フィラデルフィアのフレンド・セントラル・スクールでは、こうしたやり方で「飛行」という概念を学ぶそうです。教師は毎年異なるテーマを選びますが、様々な教科のコンテンツへと自然に広がってゆくようにデザインされているので、学びは有機的に繋がり、生き生きと学ぶことができるのです。

今述べた「火」についての学びにはもう一つ大事なポイントが含まれているキャシーは言います。それは子どもが学びに「没入して関与する」ことの面白さを知るということだと言います。自分が本当に興味を持ったトピックについて子どもが学ぶ時、学びのモチベーションは頂点に達します。憧れの消防士にインタビューする時、先生と一緒に消火器の仕組みを学ぶ時、自ずと学びに「没入」してしまうでしょう。子どもが興味を持つからこそ「没入して関与する」学びになると言っても良いだろうとキャシーは言います。とはいえ子どもはいつでも何かについて興味を持っているわけではありません。むしろ初めは興味など持っていないことが多いようです。こんな時はどうしたらよいのでしょう。

ある都市部の学校で6年生を教えている先生はこんなやり方をしたそうです。果実について学ぶ授業を行いましたが、初めは何が果実かすら分からない子どもがいるような状態で「きゅうりって果物かな?」「果物って甘いもの?」「じゃあトマトは?」という質問にも興味を示しませんでした。そこでこの先生は移民の人達が買い物に行くマーケットを回って、子ども達が見たことがないような世界中の果物を集めてきました。子ども達の興味は一気に高まり、実際に食べてみたりしたのです。優れた教師はこうした工夫を織り交ぜて、子どもの興味を引き出そうとするのです。