関係性に着目

きちんとしたトレーニングプログラムを受ける機会さえあれば、実行機能に関連するスキルを伸ばすことができるとキャシーは言います。教育産業が実行機能スキルについて語ることは殆どありませんが、学習科学の研究者は、学びに注意を集中させることができない子どもが学ぶ力を伸ばすことはできないということを、多くの研究で示しているそうです。レベル3の知識を形成してゆくには学び方を学ぶスキルが不可欠だと言います。子どもにとってこのスキルを身につけるのはとてもチャレンジングなことですが、その芽は幼稚園段階から出始めていると言うのです。

10歳になると実行機能スキルが向上し、課題に応じての切り替えが柔軟になり、子どもは段々とすでに学んだ知識を新しい状況での問題解決に使えるようになると言います。レベル3へと移行した子どもは物事の見かけではなく、相互に共通する関係性に着目します。この時、言語の力が大いに助けになります。5歳の時に、「友達は小さい子ども」で「島には椰子の木がある」と答えた子が9歳になった時、同じ質間を投げかけると「一緒に遊ぶ子どもが友達」で「周りが全て水に囲まれているところが島」と答えたそうです。島には必ず椰子の木が生えているわけではなく、土地と水面との関係性が島かどうかを決めると理解したのだと言うのです。

5歳の時にアナロジー課題を与えられると、猫が追いかけることしか注目しなかった子が7歳になると、大人と同じように、猫は追いかける存在でありながら、犬に追いかけられる存在でもあるというように対象そのものでなく、対象の間の「関係性」に注目できるようになっているのです。こうして言葉の力も更に高まりレベル3に成長すると、学習したコンテンツを自分が直面する現実の世界と関連づけて応用できるようになります。日本でいうと中学2世である8年生の子が数学で得た知識を活かして、自分の寝室の壁を塗るのに必要なペンキの量を計算するとします。これは自分の身近にある切実な課題を解決したいという強い気持ちを抱いて、学んだコンテンツを使う理想的な学びであるとキャシーは言うのです。

事実、芸術活動に取り組むことで知識コンテンツや実行機能スキルの学びが促進される。にもかかわらず知識コンテンツの学びを優先する時に真っ先に削られるのが芸術系(音楽・美術・演劇)の授業です。実際は学んだことをより深く、高いレベル(レベル3 )で理解するには芸術がとても役立つとキャシーは言います。芸術のパフォーマンスは知ったことを新しい領域に広げてみる機会となるからだと言うのです。芸術活動に取り組むことで、先に紹介した「深い処理水準」でコンテンツが理解されます。6年生の子が自分でラップの曲を作りながら、リズムと韻が言語表現にどう関わっているか探究し始めました。これはパフォーマンスによって言語・読解・社会というコンテンツが見事に融合された学びだと言うのです。

演劇は子どもを深い学びへと誘います。子どもは演じるために、役柄と今演じている場面との関係、劇に登場する人々と子どもが日々生活する現実世界との関係を類推して考えなければなりません。他者になりきる必要性があるので共感する力が自ずと高まります。もしホームレスの人を演じることになったら、今までとは全く違う見方でホームレスの人の気持ちや置かれている状況を捉えるようになるでしょう。ニューヨークのある公立学校では、自閉症の子どもの学びに演劇を取り入れ、成果を出しているそうです。