問い続ける

ビジネスの分野でも、見かけ上はうまくいっているので、会社がやろうとしていることについて深く探ろうとしないという傾向が見られたら、レベル2に留まっていると考えるべきだとキャシーは言います。どんなことでも常に問い続ける姿勢を持とうとしないCEOがトップにいる会社はやがて経営不振に陥るだろうと言います。キャシーは、キーボード付き携帯電話、ブラックベリーを製造していたリサーチ・イン・モーション社を例に挙げています。iPhoneやグーグルのアンドロイドが市場に現れて、携帯端末市場に風穴を開けた時、ブラックベリーは好調な業績を維持していました。二人の共同CEOはタブレット端末やスマートフォン業界には無知で、やがて会社の業績が急激に下がった時、責任をとろうとはせず、これまでのやり方に固執したのです。このため過去の成功に惑わされていたことを認めるまでにとても時間がかかり、ブラックベリーが業績を持ち直すには苦難の道を歩まなければならなかったのです。

わざわざ現像し、プリントする必要のないインスタントカメラとしてポラロイドカメラは一世を風靡しました。やがてデシタルカメラが主流となり、ポラロイド社もすぐにデジカメの製造に乗り出しました。しかし自分達のこれまでの方法にこだわり、デジタル技術全体の波が自分達の技術をあまり意味のないものにさせるとは考えませんでした。他社のデジカメは撮影されたデータをすぐに修正し、パソコンにアップロードできるように工夫しましたが、ポラロイド社は行いませんでした。ポラロイド社の業績はどんどん悪化し、2001年、会社は倒産してしまったのです。レベル2のコンテンツに甘んじた当然の結末だったのです。自分達の成功に疑問を感じず、うまく進んでいると思い込み、自分達が「どんな」活動を「なぜ」しているのかについて問い続けないこと。それは深く知るのをやめるのと同じなのだとキャシーは言うのです。

科学の分野でも「見かけ」に騙されることは起きます。中国のある農家が鳥に似た生物がかたどられている、一見すると化石に見えるような物を作りました。これを見た著名な古生物学者は恐竜と鳥類を繋ぐ進化上のミッシングリンクが見つかったと発表し、ナショナルジオグラフィック協会も世紀の発見と認めたのです。しかしそれはもちろん偽物ででっち上げだったのです。

次のレベル3は、「繋げて考える」です。それは、実際にないものをイメージできる力です。このレベル3の知識コンテンツを持つとレベル2とは大きく異なる変化が起きるとキャシーは言います。この大きな変化をイギリスの著名な発達心理学者、アネット・カーミロフ=スミスは非常に巧みな実験で明らかにしたそうです。彼女は5歳児と10歳児に「お家の絵」を描かせました。二人が楽しそうに絵を描き始めてしばらくしたら、二人にちょっと奇妙なお願いをします。「この世に存在しない家の絵を描いて!」と。この要求に対してどのくらい子どもは柔軟に対応し、臨機応変に学べるか見ようとしたのです。これまで知っていたのと全く異なる新しい方法で家を捉えることができるのか……これまでにない全く新たな特徴を付け加えた家を描くのか……