使えない知識

アメリカのデラウェア州の教師が置かれている状況は、アメリカの著名な教育ライター、リンダ・パールスタインの著書「テストされて』(未邦訳)で書かれていたことと重なるそうです。この本の中で、学校のカリキュラムを統括する管理職は全学年全ての教室を回り、指導案を忠実に授業しているかどうかチェックし、各学年が配当された知識項目を過不足なくカバーすることばかり気にかけているそうです。まさにレベル2の状態だとキャシーは言います。

これでは、学生が学校は退屈で、学力テストに対して強い不安を抱いていたとしても何の不思議もないと言うのです。家庭教師産業は200億ドルの規模まで成長し、そのうちの約2割は3歳から5歳までの子どもへの教育による収益だそうです。親達はもし学力テストでいい点をとれなかったら我が子の将来はないと考えてしまっていると言うのです。

殆どのテストが覚えた知識をただ吐き出すだけだとキャシーは言います。数学の公式を覚えてもただ新たな数を当てはめて計算し直す作業に過ぎないと言うのです。学習科学の観点では丸暗記は最適の学習方略とは言えないと言います。機械的に暗記する時は意味に注意を払わず、ただ繰り返し練習するだけになるからです。例えば毎朝、教室で星条旗への忠誠を誓う言葉ですら何の疑問も感じないでこう覚えているだけです。肝心の「flag (星条旗)」の部分を「frog (カエル)」、「republic (共和国)」を「wee public (公衆の面前でのおしっこ)」、「liberty (自由)」を「little tea (小さなお茶)」と平気で暗記していると言うのです。ただ暗記するだけでは分析力も、記慮を保持する力も育ちません。子ども達に批判的に分析することではなく、使えない知識を丸飲みすることを教えることになるだけだと言うのです。

子どもは断片的で浅いレベルでの知識コンテンツしか持っていないことが多いと言います。浅い理解しかない知識コンテンツが危険をもたらすことがあると言うのです。「I used to believe (私はこんなことを信じていたことがある)」という名の面白いウェプサイトがあるそうです。このサイトには大人が子どもの頃信じていた様々なエピソードが掲載されています。例えばこんなものがあるそうです。

「姉と私は、父か教えてくれた“斜面に住む牛”の話を信じていました。牛が長い間、斜面に生活しているうちに前足が長く、後ろ脚が短くなってしまい、このため平地ではちゃんと立てずに転んでしまうというのてす。」

知識の理解の仕方が浅くレベル2の知識コンテンツしか持ち合わせないと、見かけにしか注意がいかず、あり得ないようなことを信じてしまうと言うのです。

ここで、キャシーは、今、教育の分野で起こりつつあることに注目しています。教育において表面上の「見かけ」だけに着目すると、机の前に座らせて子どもを教育する方がよいという結論にすぐ達してしまいます。こうして全ての教育システムに同じやり方が浸透し、幼稚園の子ども達まで小学一年生と同じように学ぶことになってしまいます。学習科学が、子どもには自由に探索する時間が必要でそれが学校での学びの素地になると再三主張しているにもかかわらず受け入れられないと言います。ナンシー・カールソン=ペイジはこう警告しているそうです。「子どもの学びに対する根深い誤解が蔓延し、幼い子を机の前に座らせ、文字を書かせる勉強が拡大する一方だ。これがどんなに子どもの学びの発達を阻害しているか全く気づいていない。この状況が悲しく、辛い」。