アメリカの教育

2015年、ニューヨーク州のクオモ知事は州の実施する学力テストで自分の受け持つクラスの子どもが成果を出したかどうかで、教師の査定の40%が決まると認めたそうです。しかし実際には子どものテストの得点たけで優れた教師かどうか評価することはできないというのが、教育研究に携わる統計学者、心理測定の専門家、経済学者の共通した見解です。

二つ目の不幸は、教師がテスト対策に追われるためにただ暗記することを学びの手段としてしまうことだと言います。暗記することが悪いわけではなく、暗記する学びが必要な時もあります。ただ子どもにとって意味のある切実な問題に取り組むことなく、ただ暗記させると浅い学びしかしないと言うのです。それが問題なのです。丸暗記するだけでは、学んだ知識を状況に応じて使いこなすことができません。まだ子どもが小さいとレベル2の知識を披露しただけですごいと思ってしまいますが、3歳の子が50まで数えられたとしても、数の概念を理解しているわけではないと言うのです。

三つ目の不幸は知識の暗記とテストへと子ども達を追い込むことが彼らの心身を蝕んでいることだと言います。スクールバスに乗った瞬間に、不安で恐ろしく、泣きたくなり、お腹が痛くなってきます。学校が安全でも楽しい場所でもなく、恐ろしい場所になっているのです。せめて休み時間は思いきり走り回って、教室での緊張から解放されるひと時になってほしいのですが、低所得者の集まる地域の学校では休み時間が殆どないのが現状だそうです。

最後の不幸はテストのプレッシャーが不正を助長することだと言います。これは生徒のことを言っているのではないとキャシーは言います。アトランタの教育長は子どもの解答を改ざんして点数を操作するよう部下に指示していたことが発覚し、辞任に追い込まれたそうです。

落ちこぼれ防止法という「No Child Left Behind」略してNCLBや全米統一学力基準といった、これまでなされてきた教育改革は高い理想に基づいて作られたものでした。確かに子どもの学びはレベル1よりも深まったかもしれませんが、依然としてコンテンツ理解のレベルは2に留まり、まだまだ不十分であるとキャシーは言っています。

多くの科目を浅い学びでカバーしなければならないと、教師は自分の思うように授業できなくなると言います。キャシーらは、デラウェア州で勤務する教師の一人からこんなことを耳にしたそうです。彼女の学校では、学校から指導マニュアルを渡され、内容も授業を進めるペースも完全にその通りに進めなければならず、教師が自由裁量でできることは殆どないといいます。もし管理職が抜き打ちで監督に来た時、予定されたページを予定されたやり方で教えていないと後で叱責されると言います。子どもの様子を見て、まだ理解できていないと分かっても、そのまま台本通り説明し続けなければならないと言います。とにかく、その日に配当された範囲をこなさなければならないのだと言うのです。

このような授業が、それほど昔ではなく、今アメリカで行われていることにびっくりしますね。日本の教育に問題があるというだけではなく、世界中が教育改革を進めていかなければならないことを痛感します。