見かけの特徴

私達が学ぶ時、その基本的方法としてアナロジーを用います。アナロジーの働きによって物事や考えがどんな類似性を持つのか、教えてもらわなくても自ずと見つけることができます。逆に言えば、私たちは学び手のアナロジーの力を借りて教えていると言ってもよいだろうとキャシーは言います。しかしレベル2で考えている子どもは先に述べた鮫とイルカの問題の場合のように、明確に言われない限り見かけの特徴に注目してしまいます。対象が共有する本質的な関連性に子どもが注目し、より深いアナロジーができるようになるには、レベル3に成長する必要があると言うのです。

大人と5歳児にまず一枚の絵を見せます。この絵に描かれていることを尋ねます。すると、大人も子どもも「猫が鼠を追いかけている絵」と答えました。次に大人も子どもも二つのグループに分けて、同じ猫が犬に追いかけられている、もう一枚の絵を見せます。一方のグループは中立条件群で「この猫を見て」と最初の絵の猫を指差してから、「2枚目の絵でこの猫に何が起こっているかな?」と質問しました。もう一方の関連条件群では、やはり最初の絵の猫を指差しながら「この猫が鼠を追いかけているのを見て。2枚目の絵でこの猫に何が起こっているかな?」と質問しました。中立条件群では子どもも大人も両方、2枚目の絵についても猫だけに注目した答えをしたそうです。しかし関連条件群では、子どもはやはり猫だけに注目して答えましたが、大人は犬にも注目し、どちらも何かを追いかけていると答えたそうです。レベル2で考えている子どもは関連性まで注目しなかったのです。

同じ理由でレベル2では比喩を用いることが難しいようです。親戚が帰った後、4歳の娘に「おばさんはsweet(素敵な人)だった?」と話しかけると、彼女はびっくりし、当惑した顔つきで「おばさんはチョコレートでできているの?」と母親に聞き返したそうです。それは、英語では食べ物が甘い時に使うsweetを「いつも子どもに甘いんだから」のような日本語の比喩とは違って「素敵」という意味で使うのです。

学力テストや入試のために学ぶように子どもを追い込んでいる場合、学校での知識教育がレベル2に留まっているとキャシーは言います。数学、読解、理科と幅広く学んでいるものの理解は浅いというのです。更に理科で学ぶトピックと数学で学ぶトピックを関連づけることはありません。テストで高得点をとることを目指した表層的な学びがとても不幸な結果を招いていると言うのです。

一つ目の不幸について、スタンフォード大学のリンダ・ダーリング=ハモンドはこう指摘しているそうです。「テストでの点とりゲームを最優先するためのカリキュラムが組まれ、たとえ子ども達にとって望ましいプログラムであっても、テストに関係ない内容ならば廃止されてしまう。そしてそのテストで点をとれない子は学校から追い出されてしまう」。

教師も自分の受け持つクラスの子ども達のテストの点数で評価されるので、美術のようなテストと無関係の教科を削って、テスト対策に時間をかけます。特別の支援を必要とする子どもに対しては、両親が承諾した場合、テストの日は「病欠」扱いにして受験させないようにしたり、「より面倒見のいい環境へ」という名目で転校を促したりするという事態が生じているそうです。学力テストで低得点であることが教師と子ども双方を脅かしているのです。