表面的な知識

子どもは自分が正しいと思うことを見分ける感覚があり、自分の正しさの感覚に全て従わせようとします。正しいか間違っているかのどちらかに色分けしようとするのが、レベル2による思考の特徴だと言います。この時期の子どもは、ハンマーは道具で「も」あるという考えを否定します。幼い子にとってハンマーは一つの目的にのみ使われないといけないのです。

レベル1では子どもは表面的な知識しか持っていません。レベル2でも大抵の場合、外見に騙されることからまだ抜け出せないのです。レベル2のレンズで世界を見ている5歳の子はこんな感じだとキャシーは言います。友達、島、おじさん、それぞれについてどんな風に見えるか尋ねます。すると「友達は小さい子ども」「島には椰子の木がある」「おじさんはパイプを持った素敵な男の人」という答えが返ってきます。レベル2では見かけで判断しようとします。だからガソリンスタンドで給油しているのは男の人で、長い髪の毛の人は女の人というような認識をしてしまうのです。レベル2において子どもは多くのことを知っているのですが、それを繋げて考えようとはしないと言うのです。

しかし時折見かけに縛られないで判断する時もあると言います。キャシーは、こんな例を挙げています。スーザン・ゲルマンとエレン・マークマンは、4歳児に3枚の写真を見せました。一枚は黄色と黒の模様のあるきれいな熱帯魚です。一枚は鮫。そしてもう一枚にはイルカが写っていました。鮫とイルカは見かけがとてもよく似ていて、熱帯魚だけ異なった形に見えます。まず4歳児に対して、鮫と熱帯魚はどちらも「魚」だと教えました。次に熱帯魚は水中で呼吸しますがイルカは海の外で呼吸すると教えました。これらの知識を伝えた上で、鮫は水中と海の外のどちらで呼吸するか尋ねました。もしイルカと鮫の外見が似ていることに注目すれば、鮫は海の外で呼吸すると答えるでしょう。一方、鮫も熱帯魚と同じように魚の仲間だと考えれば、鮫は水中で呼吸すると答えるはずです。結果はどうなったかと言うと、子どもは何の迷いもなく、熱帯魚と同じように鮫も水中で呼吸すると答えたのです。4歳児でさえ、見かけの共通よりも「魚」という同じ仲間であることの方がより深い繋がりを持つと推測したのです。見かけを重要視するレベル2においても子どもは言葉を利用してより深く考えることができるのだとキャシーは言うのです。

子どもが表面的理解を超える時、アナロジー(類推)を使って考えています。ここで言うアナロジーは、適性試験等でよく出くわします。黒と白に対応するのは暗と明というような形式的問題を指すわけではありません。私たちは日常生活の中で考え、推論する時に当たり前のようにアナロジーを用いているのです。ある子の母親は弁護士でいつもスーツを着て仕事場に出かけます。友達のお母さんはスポーツ選手のトレーナーで、いつも運動着です。レベル2の子どもは友達のお母さんは運動着なので働いていないと判断します。ここで子どもはごく初期段階のアナロジーを用いて判断しているのです。仕事をしている人はスーツを着ている。だから自分の母親は働いていると考えます。仕事には様々な種類があるから仕事に行く時の服装も職種によって様々で、スーツを着ていなくても働いている場合があるかもしれないとは考えないのです。