理解の深さ

ただ知識というコンテンツを覚えただけで、意味について考えようとしないと必ず間違いは起こるとキャシーは言います。彼女は、レベル1のコンテンツ意識が企業にダメージを与えた例を挙げています。2011年にアラバマ州を竜巻が襲い多くの死者を出した翌日、ある企業が「自然は危険がいっぱい。なんとかしなくちゃ(Mother nature hates you. DeaI  with it.)」という宣伝メールを流してしまいました。もちろん、この広告コピーは竜巻が起こるより前に作られたものですが、担当者は命からがら逃げ延びた人々がこのメッセージを目にしたらどう思うだろうということを全く考えず、職務をただ遂行したのだったのです。あまりにも配慮を欠いた酷い事態を招いたことに対してCEOはすぐに謝罪しなければなりませんでした。

レベル1では知識の量が少ないことはもちろんのこと、理解の仕方も浅いのです。そして何度か繰り返し起こったことは、これから必ず同じように起こると思ってしまいます。例えば、電子レンジがチン!と鳴ったら、これからチンと鳴った音は全て電子レンジからだと考えてしまいます。これが乳幼児だけでなく、思春期の子どもにとっても、大人にとっても、レヘル1の学習方法だと言うのです。しかしこれはあまりにも浅い学び方です。但しテストをうまくこなして、学校で何とかやっていくことは、この程度の学び方でもできてしまうのかもしれないとキャシーは言います。

では、次の段階であるレベル2では、どうでしょうか。そのレベルでは、広く、浅く理解します。言葉を利用して「見かけ」への囚われを超え始めるのです。レベル2になるとレベル1よりも関心を持つ範囲が広がり、より多くのトピックを知ります。就学前の子どもは恐竜の名前、動物の種類、50までの数といったようなことを覚え、語ります。そして自分の名前や「止まれ」のサインといった言葉を読めるようにさえなります。かわいらしい女の子がYouTubeの動画を見ながら、恐竜のことについて話しています。彼女は恐竜の名前を沢山覚えていて、それぞれの外見についても語ることができます。しかし恐竜は哺乳類が生まれる前に存在した動物であり、生息していたのは6500万年前だということは知りません。そもそも6500年前ということが解らないのです。

レベル2の学びの始まりは言葉が利用できるようになることと連動しているとキャシーは言います。子どもは言葉で大人に問いかけられるようになります。これが大人を時にイライラさせるのです。子どもが延々「何で?」と聞き続けるからです。レベル2の段階では知識は明確で曖味さを許さないものだと捉えられているので、この段階に到達したばかりの子どもは「正しい」ことしか受けつけません。それで時に周囲の大人を困らせるのです。

ある母親が子育てお悩み相談にこんな文章を書き込みました。「私には3歳半の子がいますが、誰かが正しくないことを言ったリ、言い間違えをしたリすると、激しく騒ぎ立てます。2歳の子でも大人でもお構いなしに「違うよ!×××じゃないよ。×××だもん」と叫びます。…(中略)…子どもは自分の思うように相手を動かす方法として、また相手の注意を引くためにわざとそういう言い方をしているのかもしれないと思うようになりました。」