順応する力

21世紀に働く人々にとっての合言葉は「順応する力」であリ、グーグル流に言えば「臨機応変に学ぶ力」ということではないかとキャシーらは考えています。学び方を知らず、学び続けることができない人々はコンピュータに置き換えられ、低い所得しか得られず、社会の下層へと追いやられてしまうのです。高速道路の料金所で働く人が消えたように多くの職業が自動化・AI化によって消失します。従ってこれからの学校では、子どもに事実を教え込むことより、どう学び、どう情報を選択・統合し、イノベーティブに結論を引き出すかを教える必要があると言うのです。「なぜ、学んだものをすぐに忘れるのだろう?」(大学教育出版)の著者で、心理言語学者のフランク・スミスは、「全ての教室に仕掛けられた時限爆弾とは教わったことしか学べないということだ」と警告しています。毎日古くなり、時代遅れになっていくコンテンツしか教えない教育をこれ以続けていたら、子ども達は高校を卒業する時、時代遅れの人間になってしまうと危惧しているのです。

知識コンテンツは当然のことながら重要です。間題を解決するには知識はもちろん必要です。九九を覚えていれば、9×6=54と即座に答えられます。日常生活で頻繁に求められるちょっとした計算に非常に役立ちます。読解も同じで、言葉の知識があって文章の意味をすぐに読み取れるのはとても便利です。バスや電車に乗っている時に気になる問題を頭で解こうとしながら、窓外の看板や車内の広告の言葉を読みとってしまいます。こうして難なく文字を読みとり、テキストの意味をすぐつかめる読み手に子ども達を育てたいです。こう考えるとコンテンツはとても重要です。

しかし私達は事実を教えるレベルに留まっていてはいけないとキャシーらは言うのです。必要に応じて臨機応変に学ぶことができ、既に知っていることを組み合わせて新たな知識を生み出し、創造的に考える方法を教える能力が求められているのです。これからの学習環境は明確に定義できる問題に取り組んで、既に明らかにされている知識を身につけて終わりではなく、その知識を利用して答えがまだ解らない問題に取り組む場となるのです。たった一つの正解しかない問題を出し、子どもが正解を書けるかをテストする時代は過ぎたと言うのです。目指すべきは浅い学びではなく深く考える学びなのです。

カナダの心理学者クレイクとロックハートは1972年に「処理水準」というモデルを用いて学びの深さについて考えました。「単語の書かれているリストを見て声に出して覚えるのは、処理の水準が浅い表面的な学びである。私達は入試のために単語を丸暗記しようとしたが、このようにして覚えた知識は時間が経てば、すっかり抜け落ちてしまう。単語の意味をつかみ、実際に文を書く時に使えるようになって初めて深い水準まで処理された学びになる。解答欄を埋める知識記憶型テストと論述型のテストの違いはまさにこの点にある。別々に学んだ事実を関連させて説明しているかどうか、つまり深い水準まで処理して学んでいるかどうかは論述でなければ解らないのである。」