介入の度合い

子どもをよく見ている親は、生活の中のあらゆる場面で子どもが自分の感情をもっと上手に表現できるようにさりげなく導き、支援します。レベル1の段階では、親が殆ど子どもをリードします。このため子どもは親がどんな役割を演じているのか認識さえしていません。しかし、この入門段階があって初めて子どもが徐々に高いレベルに進んでいけるのだとキャシーらは言います。最初は子どもが他者とどうコラボレーションし、社会的コントロールするかを親がセットしてあげます。そこから少しずつ介入の度合いを弱めていって、子ども自身が自分で判断できるように仕向けていくのです。

アンディ・メルツォフの研究室でとても興味深いことが発見されました。生後14か月の赤ちゃんがこれまで会ったことのない男がすることを間近で見ていました。その男は口の狭い花瓶にビーズの紐を入れようとしていましたが何度も失敗していました。結局男はあきらめ、ビーズを赤ちゃんの方へ押しやりました。すると赤ちゃんはそのビーズの紐を拾い花瓶の中にストンと入れてしまったそうです。赤ちゃんは男が何をしようとしていたのかその意図を理解し、男ができなかったことを実行したのです。この手の「心を読む能力」が将来、他者とコラボレーションし、他者の感情を理解する基盤となるのです。

赤ちゃんは周囲の人々の意図や気持ちを読みとる力があるのですが、他者とコラボレーションして目標を達成することはまだできません。どうしても「あれが欲しい」に目標が限定されてしまい、長期間にわたる目標は立てられません。赤ちゃんは誰かと一緒に旅行の計画は立てられませんし、遊び仲間として誰を選ぶかみんなで決めることもできません。赤ちゃんは私達大人が当たり前に持っているコミュニケーション装置をまだ持っていないのだとキャシーらは言います。

ただ非常に悲しいのは、どの国においても殆どの学校の教室ではレベル1のまま、その先に進んでいかないことだと言います。もちろん全てではないけれど。子ども達は自分の席にじっと座らされ、話すこともなく、他者と作業することもなく、何のコラボレーションも起きません。

実は大人社会も同じで、多くの人々がレベル1のまま働き、暮らしているのだとキャシーらは言います。「サイロシンドローム」と呼ばれる状態です。同じ会社であるにもかかわらず、各部門が夫々に自分達のカルチャーを発展させ、お互いに交流しません。これはまさにレベル1の状態だというのです。サイロシンドロームの自然のなりゆきとして、とにかく自分の陣地を固く守って外とコラボレートしようとしません。私が、教員をしていた時、それを痛いほど感じました。特に教師は、自分のクラスはある意味で自分のお城なのです。自分は、城主です。もちろん、全てではありませんが、そのような傾向は強かったです。今は、保育の世界でも同じようなことを感じることがあります。みんなで保育を良くしようというよりも、自分は他の保育には口を出さない代わりに、自分も他の人にとやかく言われたくない、と思う園長もいるような気がします。もしサイロシンドロームになってしまったら、イノベーションは期待できなくなるし、結局、誰も大きなビジョンを描けなくなるとキャシーらは言うのです。

介入の度合い” への6件のコメント

  1. 赤ちゃんの有能さについては、臥竜塾ブログで何度も紹介されてきました。そして、何度紹介されても「赤ちゃんは周囲の人々の意図や気持ちを読みとる力がある」という事例を示されると純粋に驚きます。今回の場合は「赤ちゃんは男が何をしようとしていたのかその意図を理解し、男ができなかったことを実行した」という事実に至る過程です。確かに、赤ちゃんと私たち大人とでは、「できる」という部分が異なります。異なる、というだけでそこには優劣はないでしょう。赤ちゃんは「白紙」という思い込み、刷り込み。「白紙」だから、そこに色を付けていくことが大人の役割?「白紙」と決めつけてしまう恐ろしさ。さて、今回は「サイロシンドローム」という、私にとって新しい術語に出会うことができました。「とにかく自分の陣地を固く守って外とコラボレートしようとしません。」確かに学年別保育をお部屋という構造によって実施している園ではこのシンドロームがあることでしょう。あるいは、異年齢クラスをやはりお部屋という空間構造によって実施している園でもこのシンドロームが発生していることでしょう。このシンドロームの怖さはコラボレーションどころか、コミュニケーションの内容がとにかく浅い。互いの仕事内容について意見交換してコミュニケーションを取ろうとするところがないところでしょう。コミュニケーションが浅いからコラボレーションも浅い。そうすると、日課を意味も考えずにこなしていく毎日になる。その先にあるものは・・・。

  2. まずは、安全基地という愛着形成された環境において大人からの発信や受容を経験し、それを基盤とするコミュニケーションが生まれていく過程はなんとなく理解できます。それが、「最初は子どもが他者とどうコラボレーションし、社会的コントロールするかを親がセットしてあげます」というところでしょうか。また、「そこから少しずつ介入の度合いを弱めていって、子ども自身が自分で判断できるように仕向けていく」というのは、まさに「引き際」を見定める大人の力量がものをいう時期であるのでしょう。介入の度合いは、子ども主体になっているかがポイントでもあるように感じます。手助けを求めているのか、または、自分で解決しようとしているのか、はたまた、本心はどこにあるのか、コラボレーションする度合い・相手とのせめぎ合いを自分の中で右往左往しているのかなど、環境によって実に様々であることがわかります。そして、「大人社会も同じで、多くの人々がレベル1のまま働き、暮らしている」というのは理解できます。人との関わりが面倒であると割り切って、ひとりでなんでもこなそうとしてしまう傾向が自分にもあるので、気をつけなくてはいけないところです。

  3. 今朝、豪雨の影響で閉校していた小学校の再開のニュースを見ました。登校する子どもたちへのインタビューで、学校が再開して何が一番嬉しいですか、という内容に、その時インタビューされていた全員の子が、友達に会えて嬉しい、と言っていました。
    学校の本質とは、子どもたちからすればどこまでいっても友達と会える場所なのではないか、と感じます。同時に、学校で過ごす大半の時間を占める学校の授業とは一体何なのだろう、と思います。子どもたちの学びたい意欲が下がっている、とも言われますが、それは子どもたちのせいなのでしょうか。時代に合わせた教育内容を考えない限り、教育は、勉強は、子どもたちにどんどん置いていかれてしまうのではないかと思えてきます。

  4. 赤ちゃんはまず、大人からセットされる環境下で受容や行動に対する反応などを経験し、次のステップへと進んでいく、そして、大人の介入の度合いを少しずつ弱めていくことで、子ども自らが働きかけれるように仕向けていくことで、将来コラボレーションする力がついてくるんですね。まずは、安全を確保してから少しずつ動き出すようなイメージですね。介入の度合いを少しずつ弱めていくというのは、その子のことをよく見極めて、できるかできないかギリギリをつくような繊細なものとなるのではないかと思います。そこでも、子ども自らが行動しようとすることが求められてくるのでしょう。教育者というのは、この介入の度合いを見極めれるプロであるのではないかということになりますね。その子の行動の意味、ヘルプが欲しいのか、自分でしようとしているのか、見極めるヒントはその子が出しているのでしょう。そのことを他者と話して共有し、見極める大人もまた、コラボレーションしていくことが必要であることを感じました。

  5. 集団の中で徐々に自立や協力をするために、愛着関係を基盤にし、人とコラボレーションができるように仕向けていくのは、保育と同じですね。
    サイロンシンドロームという言葉は初めて聞きました。新しい発想、新しい考えは、やはり他者の意見や考えがあってこそ生まれるものだと思いますので、子どもだけではなく、話を聴く力はこれから大人も求められると思います。

  6. 『この手の「心を読む能力」が将来、他者とコラボレーションし、他者の感情を理解する基盤となるのです』というのは、グッとくる言葉です。相手の気持ちがわかるという共感力がいい社会、チームを作っていくということをここ最近、強く感じるようになりました。この力が本当に、人と人との関係性の基盤になっているということを改めて感じます。「子ども達は自分の席にじっと座らされ、話すこともなく、他者と作業することもなく、何のコラボレーションも起きません」これが大人の社会にもないというのはいけませんね。特に、教育施設の中の大人がこのような態度を子どもに示していかなければいけないのに、、、それがなかなかできていないというのは様々なところで見聞きするというのも実情ですね。大人から変わっていかなければなりませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です