早期教育の検証

日本では、ソニー創始者の一人である井深大氏がその著書『幼稚園では遅すぎる』による影響で、1970年ころから早期教育ブームが起きました。ちょうどその頃、アメリカでも精神科医ボウルビーを始めとして乳児期は愛情豊かに育てるムーブメントが起きており、極端に刺激のない環境では赤ちゃんラットの脳が育ちにくいことを示唆する実験も話題になっていました。そこで、欧米でも日本同様、早期教育ブームがありました。

そんな風潮の中、欧米では多くの科学者によって早期教育の批判的検証がすぐに行われました。その結果,「脳がやわらかいうちに…」「3歳までに…」といった早期教育ブームのキャッチコピーの多くが「神話」とみなされるようになりました。そこで、乳幼児期には、どのようなことが大切なのか、それは、早期教育が必要ないということではなく、何が将来の学力に影響するのかが提案されるようになりました。しかし、日本ではそのような批判的検証はほとんど「輸入」されなかったようです。早期教育ブームは反省知を得ること無く続き,やがて日本独自の理由による次のムーブメントと融合することになります。

早期教育を見直すことを先延ばしにした日本での理由に、名門の中高や大学にほぼ無試験で進学できる私立幼稚園や私立小中学校の「お受験ブーム」がありました。そのための塾も、「お受験塾」として早期教育を煽ったのです。そして、それは「神話」や「ブーム」の域を超えて、一大マーケット化していくとともに、近年では認知神経科学と言われる脳科学の知見も、その知見の断片が切り取られて、いかにも早期教育の科学的根拠であるかのように使われているのです。

私は、必ずしも、早期教育を否定するものではありません。きちんと「エビデンスベースト」と言われるような科学的根拠に基づいて、本当に意味のある早期教育を子どもたちに経験させてくことは必要なのです。キャシーらも、最近の状況を、「時代にそぐわない早期教育の罠にはまる親達」と名付けて、警告を放っているのです。アメリカの誕生を迎えた赤ちゃんに対して、皆の期待を背負っている様子を紹介しています。

「お腹の中の娘がこの世に誕生するのはまだ2か月先なのに、一般的には、出産前に妊婦さんをお祝いするパーティをするために、親しい仲間で集まり、食事やお茶をしながら妊婦とお喋りをし、ゲームをしたり、プレゼントを贈ったりする。そこでは、教育者、医者、弁護士の友達は、彼女か将来、次世代のアメリカ初の女性国務長官であったマデレーン・オルプライトとかヒラリー・クリントンになることを願い、沢山のプレゼントを持ってきていた。ラベンダー色のリボンのついた、紫と白の縞模様の箱を開けると、孔雀のぬいぐるみが出てきた。孔雀の羽は、様々な色に塗り分けられていて、それぞれの羽には、英語、スペイン語、中国語の三か国の言語でその色の名前が書かれていた。まだ喋れないうちから赤ちゃんはこれらの言葉を目にするのだ。」

こうした教育玩具が巷に溢れ、親達は、アルファベットや数字を学ばないとあなたの子どもは失敗する!という暗黙のメッセージにさらされていると言います。早期から知識を覚えれば、より優れた脳が育ち、そうなれば良い仕事に就くことができて、高収人を手にし、豊かな暮らしを送れるというわけです。実際にプレイニーベイビーという名のおもちゃがあり、右脳と左脳を別々にトレーニングするDVDが付いているそうです。しかし、真っ当に研究している神経科学者は、赤ちゃんはもちろん、成人についても、これまで唱えられてきた右脳・左脳教育法は根拠のないものだと結論づけているというのです。

早期教育の検証” への7件のコメント

  1. おかげさまで、私は本当の意味での早期教育を0歳児から就学前児までに提供する園に勤めることができています。感謝申し上げる次第です。ところが、世の中は、相変わらず、フェイクの意味での早期教育に子どもたちを追いやっています。世界中にさまざまな教育理念及び方法があります。また、脳科学の研究成果と称して、就学前児への教育法として株式会社がさまざまに取り組んでいます。中国でそうした会社の社長さんのプレゼンを聴いて、脳科学的知見には理解したものの、それに基づいたとされる実践は井深さんやボウルビー的なものに思えてきてどうも納得がいかなかった経験を抱きました。「私は、必ずしも、早期教育を否定するものではありません。きちんと「エビデンスベースト」と言われるような科学的根拠に基づいて」という部分に私も同意です。そもそも、そういうことをやって、一体どういう意味があるの?その結果は一体どうなっているの?と思ってしまいます。私は、保育士や教諭ではありませんから、評論家的にしか述べられません。しかし、私には18歳になった息子がおり、その子の今後が私自身にとって、資格はなくとも、立派なエビデンスを提供できると確信しています。つまるところ「子どもの存在を丸ごと信じる」このことに尽きるのです。

  2. 世の中には、“早い者勝ち”や“先行利益”のように、物事に素早く反応した結果、普段手にすることができない利益が得られるという側面があると思います。隣りの人よりも早く行動して、その人よりも得をしたいと思うのは、誰でも感じることだと思います。そのような損得勘定精神は、至る所で判断を狂わせ、冷静な判断ができにくくなるという印象です。そのような状況にうまくつけ込み、早くやっておかなければ損をするといううたい文句に飛びつく人が多いのは仕方がないことなのでしょう。ただ、そこに正しい情報であるかが肝心であり、『「エビデンスベースト」と言われるような科学的根拠に基づいて、本当に意味のある早期教育を子どもたちに経験させてくことは必要』という視点の重要性を再認識しました。

  3. 「時代にそぐわない早期教育の罠」にはまっていなくても、子育てとはそういうものなのではないかという価値観をもっている親は少なくないのではないかと思います。子どもが生まれたそのことの喜びはいつの間にかどこかへ行ってしまったか、はたまた最初からそこまでなかったりするもなのか、そんなに冷たいものではないはずと思いながらも、子どもをただ可愛がるということとは違う、育てる、ということへの一種の固まった価値観が何かあるような気がしたりします。

  4. 「はやい方がいい」という文化があるのを自分が生きているこの世界に感じることが多くあります。「早割」「早めの準備」「宿題は早めに終わらせなさい」などなど…子どもたちを見ていても、一つでも早い配膳の順番を争い、トラブルが起こることがしばしばあります。そんな風に焦らせている原因はどこにあるのでしょう。今あげた例が全て同じ原因だとは思いませんが、全てが「はやいほうがいい」というのはどうやら間違いであるようですね。〝エビデンスベースト〟科学的根拠に基づいて考えていくことが、この誤解が解けていく鍵であることになるんだと思います。

  5. 「早期教育ブームは反省知を得ること無く続き、やがて日本独自の理由による次のムーブメントと融合することになります」何かが出てきた時に、本当にそれは大丈夫なことなのかという逆の可能性も検証しなければいけないということを教えられます。こういう考える癖みたいなものは大切にしたいです。少し前に妻が「どんなおもちゃを子どもに用意していますか?こういうブランドのおもちゃを知っていますか?」と質問されたそうです。私も少し前ならそういったものにこだわって、子どもに用意していこうという意識があったように思います。もちろん、いいおもちゃは存在しますし、どんな物でもいいとは思いませんが、最近では子どもが興味を持つ物、遊び込みそうな姿が何となく想像できるものを手にすることが多くなりました。自分の心境の変化に驚くと同時にそれくらいでいいよなと思えるようになりました。

  6. 「早期教育」とはいったい何なのか。自分が見守る保育に出会うまでは、確かに一般的な早期教育に意味があるように思っていました。しかし、さまざまな研究や考え方に触れていくうちに、「果たして早期教育ってなに?」と思うようになりました。また、そのことに至った課程の中で「発達の理解」というもの大きな理由であったように思います。早期教育を歌う人ほど、あまり発達には触れず、能力値にばかり目が言っているように思います。その時期における発達を意識すればするほど、発達の先取りに意味がないことがよくわかります。そして、発達の先取りをすることで起きる弊害も少なくはない。子どもの教育において、どこかでこういったことが置き去りにされ、目に見える成果にばかり目が行くことが大きな問題なのだろうと思います。正しく子どもを見るというのはそれほど難しいことなのでしょうね。

  7. 1970年頃は私がまだ生まれていませんが、その頃から早期教育ブームだったのですね。地方出身の私には縁のないものだと思っていましたが、一部では盛り上がっていたり、東京のような都会では流行っていたのでしょうね。「時代にそぐわない早期教育の罠にはまる親達」という言葉はなかなかインパクトがある言葉ですね。思わず納得しましたが、実際に今でも「教育」という単語に踊らされている親が多くいると思います。実際に入園前見学でもやはり幼稚園のような教育はしないのですか?と言われます。言われる度に自分たちの役割が明確になり、モチベーションに私は繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です