成功と幸せ

日本を襲った災害の中で、東日本大震災では、私たちに絆の大切さを教えてくれました。今回の新型コロナでは、絆を切ることを推奨しているかのように思えます。しかし、人類の進化の歴史を見ると、もし今後も、ホモ・サピエンスが地球上で生き残っていくとしたら、きっと新たなコミュニケーションの在り方、絆の在り方が提案されていかなければならないと思っています。そのヒントを得るために、学習科学・発達心理学の世界的権威であるキャシー・ハーシュ=パセック氏とロバータ・ミシュニック・ゴリンコフ氏が書いた「科学が教える、子育て成功への道」(扶桑社2017/8/20)を読んでみました。そこには、「世界中でかつては想像もできなかった事件が頻発し、自然災害も我々の想定を大きく外れた凄絶なものとなっている。そんななか旧来型の〝エリート〟の非力さが浮き彫りに……。旧来型の知識偏重、学歴偏重のエリートが見限られている昨今」において、子どもたちにはどのような力が必要なのか、わが子を「成功」させ、「幸せ」な道を歩ませ、「超」一流の市民とさせるためには、どうすればよいのかということを、エビデンスを基に説いていきます。

ここで、彼らは、「成功」「幸せ」ということをこのように定義づけています。「健康で、思慮深く、思いやりがあり、他者と関わって生きる幸せな子どもを育て、皆が他者と協力し、創造的で、自分の能力を存分に発揮する責任感溢れる市民となる」こととしています。また、「『超』一流の市民」とは、無為の二流に甘んじることなく、一流というブランドに惑わされることなく、誰もが様々な分野で「『超』一流」となって輝くこととしています。

では、どうしたら良いのかということで、そのカギとなる能力として、六つのCの力=6Csを提唱しています。それは、

Collaboration:それぞれの強みを活かし弱みを補い合う

Communication:対話によって互いが満足するストーリーを作る

Content:専門領域について熟知し直感が働く

Critical Thinking:根拠に基づき熟慮して上手に疑う

Creative Innovation:変革について大きなビジョンを持つ

Confidence:熟慮した上で失敗にひるまず挑戦し続ける

この六つの力を見ると、その中の1,2は、他人との関係が示されています。私たち科学と言うと、実験室に一人閉じこもって、試験管を振ると言うイメージがあります。しかし、ここには、1ではお互いに「補い合う」という人類の進化における特性である、協力する、助け合う、ということが求められています。また、2では、対話を大切にしています。もちろんこの対話は、言葉によるものだけではないかもしれません。そこには、共感など、心の問題もあるかもしれません。ということから、私は、これからの時代における本当の新しい生活様式、教育の目指す方向を考える上でのヒントがあるのではないかと思っているのです。

この本の「はじめに」には、こう書かれてあります。この本の著者キャシー氏とロバート氏は、この本を通じて、「もしこうだったら……。」と想像して遊びたいと言っています。なぜなら、それが、子どもの学びの質と成功に大きく関係するからだと言うのです。

成功と幸せ” への5件のコメント

  1. 「もしこうだったら…」。子どもの頃、もし雲が綿あめだったら、もし海が全部ゼリーだったら、もし押入れの中が秘密の入り口だったら、もし僕がライオンだったら、などと思いを巡らした記憶が蘇ってきます。創造は想像することから始まる印象です。逆に、想像さえできれば全ては実現可能であると、どこかで聞いたこともあります。このような創造するきっかけとなる多様な想像は、その過程において楽しさや面白さを提供してくれます。それが、社会に出た時の「幸せ」につながっていくのではとも思っています。そして、「超一流」になるための六つのCの力=6Csという、なんとも興味を駆り立てる言葉がありました。一流ではなく、超一流。。素敵な響きですね。今や国民的漫画となっている「ONE PIECE」の著者尾田栄一郎氏は、「自分より漫画を好きな人に未だ会ったことがない」と語っていたと耳にしました。一流と超一流の差はそのような微差の存在があるのではとも思っていますし、六つのCの力=6Csの根底にはやはりこれがある気がしています。

  2. 私は今年度後期、某保育専門学校で「計画と評価」という講座を半年間15回担当することになりました。藤森先生のご推挙によることです。藤森先生にこの場をお借りして御礼を申し上げます。そして、この講座を担当する上で、どう授業を構築したらいいか、日に三度省みています。三度?あるいはそれ以上?「「もしこうだったら……。」と想像して」、この部分を読み当たり、はたと気づきました。そう、「もしこうだったら・・・」と想像する。これこそが本当の計画を立てる元、ということです。実は私たちはどんな立場であれ、どんな境遇であれ、目が覚めると、さてこれからどうしようかとその日の行動を計画し始めます。あるいは朝起きてからのルーティンがあるでしょう。これも立派な計画に基づいている行為、行動です。そして、夜寝る前に一日を振り返り、あぁ、今日も楽しい一日だったと思いつつ、大きく深呼吸数度、やがて安らかな眠りが訪れる。理想的な計画→実施→評価の流れです。私は、保育の計画と評価も、基本、この姿勢が重要だと気づいたところです、遅ればせながら。「6Cs」については、私なりに日本語の訳語を当てておりました。但し、3つ目の「content」については、あぁ、そういう解釈があったんだ、ととても勉強になりました。このcontentは「内容「」そしてその複数形は「目次」と私は置き換えておりましたから、実は「専門領域について熟知し直感が働く」そういう意味なんだ、と深く思い知らされた想いでいっぱいになりました。

  3. 成功や幸せを定義にすると、言葉にするとどうしても立派な言葉が並ぶような内容になってしまうことがいつも気になってしまいます。朝起きて職場へ行くことが楽しみだったり、職場で起きる出来事が楽しかったり、帰りを待ってくれている家族との時間が楽しみであったり、そういう誰にでもあるような幸せなことは細分化して言語化するとこのようになるようにも思え、もっともっと成功も幸せも身近なことで、それにどういう風に気付くか、その気付き方を知って大人になることがどれだけ人生を楽しめるか、そういうことのような気がしてしまいます。

  4. 「成功」と「幸せ」とはなんだろうという話しをもし、誰かにするのなら、例えば子どもが聞いてきた時にするなら、どのようにいうのでしょう。自分が考えるに、お金持ちになるとか、何かに秀でるとかそんなんじゃなく、笑って毎日を過ごせることが幸せなんだろうなと思います。普通の日常にある何気ないもの、そんなものが積み重なりあって出来上がるもののような気がします。定義を読んでも、難しい言葉で書いてありますが、たぶん、同じようなことなんだろうと勝手に解釈しました。何気ない毎日に起こるものに気づくか気づかないか、それにより人の幸せというものは変わるのではないか、ただ時間が過ぎていくだけではなく、気づけること、そこに秘訣がある気がします。

  5. 6つのcの力、これはまさに保育に必要な力のように思いました。それぞれの強みをいかし弱さを補いあい、対話を重んじ、専門性を強く持ち熟考しながらも変化を恐れず、そして失敗にもくじけない。いままでの家庭の代わりであればなくてもさほど困らなかった力ですが、そうではなく子供の育ちを保つ場としての施設であればこの力はむしろ他の業種よりも持っていなければいけない力なのかと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です