これから必要となる共通スキル

技術が急速に進歩した場合、私達が必要とするスキルは、父母の世代や祖父母の世代に必要だったものとは大きく異なるでしょう。簡単に言えば、いまだ世界において優勢な教育方法は、時代の変化に追いついていないとキャシー氏らは言うのです。世界中の組織が、これまでのやり方に疑問を抱き、変わろうと模索しているのに対して殆どの学校では、これから目指すべき方法とは正反対のやり方がまかり通っているのだと指摘します。

カナダのオンタリオ州は、これから必要となる共通スキルによって教育を再構築し、最先端の教育を既に始めているそうです。州教育のミッションステートメントでは、21世紀を生き抜く子ども達を育てるために必要な共通の到達目標を定義しているそうです。それは、オンタリオは、思いやりがあり、創造で、責任感のある大人を育成するために、健康で幸せな子どもと若者をサポートする環境を作ることを目指すというものです。そこで、キャシー氏らはこのオンタリオ州の目標に少し言葉を足して、これから目指すべき姿をまとめてみています。それが、次のものです。

「私達は、学校の内外を問わず、健やかて、思慮深く、思いやりがあり、他者と関わって生きる、幸せな子どもをサポートする環境を作る。そんな子どもが、やがて、他者と協力し、創造的で、自分の能力を存分に発揮する、責任感溢れる市民となり、社会を活性化する。」

もし、これが、共有すべき目標を示しているならば、この目標を目指す挑戦こそ、私達が取り組むべきミッションではないかというのです。しかし、この目標は、私たちが目指しているものと、全くと言っていいほど、共通なものを感じます。ここには、子どもに育ってほしい力を環境を通して行うことを中心に据え、それを他者と協力して、望ましい市民として、社会を構成することを表しています。そこで、キャシーとロバータは、そのレベルの高いミッションをどのようにしたら達成できるかということを提案していきます。

彼女らの提案は、今まで私たちがよく目に触れるような抽象的なことではなく、意外な視点を持ちます。それは、子ども自身からであり、子どもの学びを研究する科学からだというのです。どのように子どもが学ぶか研究することで、これからの子どもが身につけてほしい、システムとして統合的に働くスキルが見えてきたと言うのです。このスキルこそ、「はじめに」で述べた「6Cs」であるというのです。

繰り返しますが、6Csとは、「Collaboration.Communication.Content.Critical Thinking.Creative Innovation.Confidence」です。これから、それぞれについて、詳しく説明していきます。

まず、コラボレーションCollaborationです。私たち人類は、誕生した瞬間から、乳児は家族というコミュニティに入り、家族のメンバーとの接し方をコントロールするために、初期のコラボレーションを発揮します。コラボレーションしながら、文化のパターン、人によって反応を変える方法、交代する方法、一緒にレゴを組みてて経験を共有する方法、社会的な状況で自分をコントロールする方法を学び、次第に本当のコラボレーションができるようになっていきます。

これから必要となる共通スキル” への3件のコメント

  1. different, different, but same。今回は、このフレーズから。なぜなら「私達は、学校の内外を問わず、健やかで、思慮深く、思いやりがあり、他者と関わって生きる、幸せな子どもをサポートする環境を作る。そんな子どもが、やがて、他者と協力し、創造的で、自分の能力を存分に発揮する、責任感溢れる市民となり、社会を活性化する。」これは藤森先生が現在「見守る保育」の名のもと唱えていることと同じです。ですから「この目標は、私たちが目指しているものと、全くと言っていいほど、共通なものを感じます。」ということになります。記憶力が衰えている今日この頃、この6Csの各々は覚えておきたいものだと思うのです。それにしてもこの「目標」、およそどなたでも理解を示す内容です。我が国の教育関係者の誰もがおそらく異を唱えることはないでしょう。にもかかわらず現場は「目指すべき方法とは正反対のやり方がまかり通っている」状況です。先生一人ひとりは異論を抱かないでしょう。教育委員会は?そして文科省の役人は?さらに、国会議員の皆さんは?どなたもこのことを理解し称賛するはずですが、それでも現状は目標とは正反対の方向へ。オンタリオ州の事例に学べ、と言えば、即座に、ここは日本だ、との反論で、以降平行線をたどる構図が見えてきます。「バカの壁」は分厚く高い。

  2. キャシー氏とロバータ氏の視点は、「子ども自身からであり、子どもの学びを研究する科学から」ということで、まさに「子ども主体」が基盤におかれた提案であると感じましたし、基本に立ち返らせてくれる視点でもあります。また、「健やかで、思慮深く、思いやりがあり、他者と関わって生きる、幸せな子どもをサポートする環境を作る。そんな子どもが、やがて、他者と協力し、創造的で、自分の能力を存分に発揮する、責任感溢れる市民となり、社会を活性化する」という目標がありましたが、それらは「共生と貢献」そのものですね。こういった共通された教育目標が浸透され、それに伴う教育プログラムや環境構成などが、大綱化よりもより具体的な指標の存在が重要であり、それが「見守る保育 藤森メソッド」なのだなと感じました。

  3. 市民という言葉は脳内に馴染みがないのか、用いられる度に新鮮さを感じます。日本人の国民意識について問題視されることが多いと聞きますが、市民については尚更かもわかりません。それなだけに、生まれ育った市に暮らす現状と重なり、市という社会に貢献していくことは確かに重要であると思いますし、生まれ育った街でまた生きていこうとする気持ちに育つことも、とても大切なことのように思えてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です