初潮の時期

遺伝子が決めた一定の幅の中で、環境要因によって初潮の時期は早くなったり遅くなったりしますが、これは身長、体重、知能などにもいえることのようです。たとえば、身長はかなりの程度遺伝で決まると言います。長身の親から生まれた子どもは、小柄な親から生まれた子どもより、平均して背が高くなります。しかし、ある程度の幅の中で、栄養状態や子ども時代の感染症など環境要因によって、実際の身長は変わってくるのです。

初潮の時期は2~5割方は遺伝子には左右されないようです。したがって、遺伝子によって設定された一定の幅の中で、実際にいつ初潮がくるかは、環境条件に影響されると考えていいといいます。そして、非常に大きな影響を及ほすファクターの一つが父親の不在だと言うのです。父親不在で育った少女たちが学ぶのは、男性は女性と長続きする関係を築かず、子どもに投資しないということです。そのため、彼女たちは初潮を早く迎え、できるだけ多くの男性と短期的な関係を結ぶという乱婚的な繁殖戦略をとろうとするのです。男はあてにならないと思っているからだと言います。それとは対照的に、父親がいる家庭で育った少女たちが学ぶのは、男性は女性と永続的な関係を築き、子どもに投資するということであり、彼女たちはより堅実な戦略をとり、初潮を遅らせて、子どもに投資してくれるパートナーと長期的な関係を結ぶというのです。このように、5歳以前に父親がいなくなることは、初潮の時期と繁殖戦略に影響を与えることになるのです。

しかし、この説明には欠けたところがあるとミラー氏は指摘します。女性の繁殖戦略が進化によって形成されるには、男の側の傾向である、配偶相手とどういう関係を結び、子どもに投資するかどうかが、世代から世代へと安定して受け継がれなければならないのです。言い換えれば、母親が夫との関係で体験したことが、娘の代でも同じように繰り返されなければならないのです。

これについては一つの仮説があるそうです。父親がいる家庭で育った娘は、一夫一妻制の社会に適した戦略をとり、父親不在の家庭で育った娘は一夫多妻に適した戦略をとるというものだと言います。一夫多妻の社会では、既婚男性は、複数の女性の面倒をみなければならず、一人の妻とその子どもたちに多くの時間をかけられません。そのため一夫多妻の傾向が強いほど、娘や息子が父親と過ごす時間は少なくなります。一方、一夫一妻の社会では、既婚男性はただ一人の妻とその子どもたちにすべての時間を費やせます。そのため、父親不在の程度は、マクロな、社会の中での一夫多妻の度合いを示す、ミクロな家庭内での指標となるわけだというのです。

一夫多妻の社会では、少女たちを早く性的に成熟させる誘因があります。初潮を迎えた少女は、裕福な夫の幼妻になれますが、初潮をみていなければ結婚できないからです。一夫一妻社会ではそうした誘因は働きません。男女比がほぼ半々なら、大人の男性はみな結婚しており、重婚はできず、初潮を迎えた少女の相手は10代の若者しかいませんが、彼らには家族を養えるような財産も地位もないからです。多様な文化圏で実施された調査で、一夫多妻の社会と一夫一妻制ではあるが離婚率が高い社会では、少女たちが初潮を迎える時期が早いことがわかっているのです。アメリカでは近年、平均的な初潮年齢が大幅に早まっているそうです。これも、離婚率が高まり、事実上の一夫多妻社会になっているためと考えられているそうです。

初潮の時期” への5件のコメント

  1. まるで自分の意志のように思いながら生きてきたことが実は環境下や遺伝による生存戦略がそうさせていた、とは改めて考えると驚きの内容です。生き残るために、自分の子孫を残す為に自分の行動や思想があるのだと思うと、人間とは何とも動物的な側面をもった生き物であるということを改めて感じますし、人間だけが崇高な生き物という考え方はやはり違うということを再確認する思いがします。

  2. 事実婚や同性婚など、多様な夫婦の形が生まれている現代。これまでの常識とは一風変わった「パートナー制度」が生まれている印象です。また本文からも、一夫多妻社会が離婚率を高めたり、平均的な初潮を大幅に早めるなど、現代社会は急速に変化していることが読み取れます。これは偏見も含まれていると思いますが、よく「今の子たちはませて(大人びて)いる」と聞きます。それは、容姿も同様に、生理的発達に関しても早まっているというアメリカの報告でもあるように、体と思考とのアンバラスさが目立っているための昨今の問題でもあるように感じていました。しかし、遺伝という部分だけでなく、「父親不在の家庭」で育った子が多くなるということで、やはり生育環境の重要さがうかがえます。そして、一生涯を同じパートナーで過ごす割合は今どのくらいなのでしょうか。世間が持っている「離婚」のイメージが覆る時代もくるのでしょうか。

  3. 経験的にコメントしにくい今回のブログです。初潮、シングルマザー、一夫多妻、「父親がいる家庭で育った少女たち」に関する諸々。読みながら、そうなんだ、という感想が正直なところです。但し、園に勤めているおかげで保護者の多様性を実感することがあります。「5歳以前に父親がいなくな」った女の子たちを知っています。その子たちはこれからどんな歩みを経るのだろうか?「父親不在の家庭で育った娘は一夫多妻に適した戦略をとる」という歩み?それも遺伝子及び環境によるものなら致し方がありませんね。「遺伝子が決めた一定の幅、・・・身長、体重、知能などにもいえることのようです。たとえば、身長はかなりの程度遺伝で決まると言います。長身の親から生まれた子どもは、小柄な親から生まれた子どもより、平均して背が高くなります。」これは納得。私の父母は身長160に達していませんでした。おかげで私は161㎝。但し、弟は170㎝。この差は一体何によるのか。わが子はおかげさまで父母より背が高くなりました。

  4. 最近の若い子たちの話しを聞くと、自分たちが高校生の頃のことを中学生の頃にしているような印象を持ったのを思い出しました。アメリカでは平均的な初潮の年齢が早くなっているとのことでしたが、日本でもその傾向があるのかもしれません。その話しを聞いた時はSNSやインターネットの影響など情報を受けとる年齢が早くなっているのではないかと思っていましたが、環境の影響が大きく作用しているんですね。ひとり親家庭というのが増えているのを保育の現場にいても感じますが、それだけでなくいろんな形態の夫婦がいるのではないかと思います。その影響は子どもたちにダイレクトに届いている、そうなるのでしょう。「子どものための離婚」というものは本当にあるのだろうか、そう感じます。

  5. 世の中で、愛だ恋だと騒いでるなかでもその裏には熾烈な生存戦略があり、どうすれば自分の子を残せるかと男女ともに思考を巡らせているわけですが、生まれた環境でその戦略のおおまかな筋が決まってしまうというのは悲しい話です。私の家庭は父が死別しているわけですが、そういった家庭では子どもはどちらの道を選ぶのでしょうか。母親の父親への評価や、子に話す父親についての話の内容によって決まりそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です