初潮の時期

遺伝子が決めた一定の幅の中で、環境要因によって初潮の時期は早くなったり遅くなったりしますが、これは身長、体重、知能などにもいえることのようです。たとえば、身長はかなりの程度遺伝で決まると言います。長身の親から生まれた子どもは、小柄な親から生まれた子どもより、平均して背が高くなります。しかし、ある程度の幅の中で、栄養状態や子ども時代の感染症など環境要因によって、実際の身長は変わってくるのです。

初潮の時期は2~5割方は遺伝子には左右されないようです。したがって、遺伝子によって設定された一定の幅の中で、実際にいつ初潮がくるかは、環境条件に影響されると考えていいといいます。そして、非常に大きな影響を及ほすファクターの一つが父親の不在だと言うのです。父親不在で育った少女たちが学ぶのは、男性は女性と長続きする関係を築かず、子どもに投資しないということです。そのため、彼女たちは初潮を早く迎え、できるだけ多くの男性と短期的な関係を結ぶという乱婚的な繁殖戦略をとろうとするのです。男はあてにならないと思っているからだと言います。それとは対照的に、父親がいる家庭で育った少女たちが学ぶのは、男性は女性と永続的な関係を築き、子どもに投資するということであり、彼女たちはより堅実な戦略をとり、初潮を遅らせて、子どもに投資してくれるパートナーと長期的な関係を結ぶというのです。このように、5歳以前に父親がいなくなることは、初潮の時期と繁殖戦略に影響を与えることになるのです。

しかし、この説明には欠けたところがあるとミラー氏は指摘します。女性の繁殖戦略が進化によって形成されるには、男の側の傾向である、配偶相手とどういう関係を結び、子どもに投資するかどうかが、世代から世代へと安定して受け継がれなければならないのです。言い換えれば、母親が夫との関係で体験したことが、娘の代でも同じように繰り返されなければならないのです。

これについては一つの仮説があるそうです。父親がいる家庭で育った娘は、一夫一妻制の社会に適した戦略をとり、父親不在の家庭で育った娘は一夫多妻に適した戦略をとるというものだと言います。一夫多妻の社会では、既婚男性は、複数の女性の面倒をみなければならず、一人の妻とその子どもたちに多くの時間をかけられません。そのため一夫多妻の傾向が強いほど、娘や息子が父親と過ごす時間は少なくなります。一方、一夫一妻の社会では、既婚男性はただ一人の妻とその子どもたちにすべての時間を費やせます。そのため、父親不在の程度は、マクロな、社会の中での一夫多妻の度合いを示す、ミクロな家庭内での指標となるわけだというのです。

一夫多妻の社会では、少女たちを早く性的に成熟させる誘因があります。初潮を迎えた少女は、裕福な夫の幼妻になれますが、初潮をみていなければ結婚できないからです。一夫一妻社会ではそうした誘因は働きません。男女比がほぼ半々なら、大人の男性はみな結婚しており、重婚はできず、初潮を迎えた少女の相手は10代の若者しかいませんが、彼らには家族を養えるような財産も地位もないからです。多様な文化圏で実施された調査で、一夫多妻の社会と一夫一妻制ではあるが離婚率が高い社会では、少女たちが初潮を迎える時期が早いことがわかっているのです。アメリカでは近年、平均的な初潮年齢が大幅に早まっているそうです。これも、離婚率が高まり、事実上の一夫多妻社会になっているためと考えられているそうです。

両親の離婚の影響

現代の女性たちも、物心両面で助けが必要なときに、身内が頼りになる可能性が高いので、身内と親しく付きあうとミラー氏は言います。このことから、二つの事柄が推測できると彼は言います。まず、女性の場合、子育てを助けてもらうために、身内に頼るのだとすれば、物質的に豊かで、身内の支援を必要としていない女性は、身内との関係を維持する必要がないだろうということが推測できます。もう一つは、夫がいる女性は、シングルマザーほどには、身内の助けを必要としないということです。父性の不確かさは否めないとはいえ、夫も子どもに一定の投資をするので、夫がいれば妻の子育て負担は軽減されます。裏を返せば、男性の場合、身内との関係は、所得が多いかどうかや妻がいるかどうかにはまったく影響されないはずだとミラー氏は言うのです。

アメリカで集めた膨大なデータを分析した結果、これらの予測はいずれもあたっていたそうです。女性の場合は、世帯の所得が多く、夫がいれば、身内との関係はそれほど親密でなくなりますが、男性の場合は、所得も既婚かどうかも、身内との関係に影響しないようです。標準社会科学モデルの立場からは、こうしたパターンを説明できないとミラー氏は言います。

発達心理学では20年近く前から、子どものとき、とくに5歳以前に両親が離婚すると、女の子は早めに初潮を迎えることが知られているそうです。離婚家庭の女の子は、セックスを経験するのも早く、より多くの相手とセックスをする傾向があり、10代で妊娠する確率が高く、最初の結婚は離婚に終わる確率が高いと言われているそうです。初潮を迎えることは、生物学的には生殖キャリアが始まるということだそうですが、早めに初潮を迎えた少女たちが、早い時期にセックスを経験し、多くの相手とセックスし、早い時期に妊娠するのは、進化的には理にかなっているとミラー氏は言うのです。しかし、進化的に理にかなっているからといって、よいとか望ましいとはかぎらないということは肝に銘じてほしいと言います。しかし、なぜ子ども時代に父親がいないことが、初潮を迎える年齢、ひいては活発な性行動の開始時期に影響するのでしょうか。

これについては竸合する二つの説があると言います。一つは、初潮を迎える時期が早いか遅いかは遺伝的に決まるという説です。もう一つは、環境によって決まるという説です。どちらのモデルが正しいのでしょうか。

初潮の時期については、両方のモデルが部分的に正しいようだとミラー氏は言います。初潮の時期はかなりの割合で遺伝することを示すデータがあり、5~8割方は遺伝で決まるとされているそうです。このモデルでは、初潮を早く迎える娘たちは、性的に活発であるために、離婚率が高く、その遺伝子が娘にも受け継がれると説明できると言います。そのため、母親が離婚し、父親なしで育った少女たちは初潮を早く迎え、性的に活発になるわけだというのです。

遺伝モデルはデータで裏づけられているのですが、環境要因も無視できないとミラー氏は言います。遺伝子が決めた一定の幅の中で、環境要因によって初潮の時期は早くなったり遅くなったりするようです。

なぜ、身内?

試しに、あなたのまわりの男女にとくに親しい人を5人あげてもらってみたらどうかとミラー氏は言います。女性はたいがい家族のメンパーをあげ、男性は同僚をあげるだろうと言います。人間関係に関する複数の調査で、女性は親しい人として、同僚よりも身内を多くあげることがわかっているそうです。なぜでしょう。

二人の社会学者リン・スミス=ラビンとJ・マクファーソンが、標準社会科学モデルの立場から、この普遍的な現象に説明を試みているそうです。彼らが例にとるのはジムとジェーンという架空のカップルです。「ジムは技術者、ジェーンは看護師。二人とも仕事に真剣に取り組んでいる」ので、子どもができるまではそれぞれが似たような人間関係をもっています。しかし、子どもができると事情は違ってきます。「最初の子が生まれたときには、ジェーンの母親が二週間ほど泊まりにきました。その後、ジェーンは昼間働いている間、妹にべピーシッターをしてもらい…赤ちゃんと過ごす時間が夫より多いため、仕事や友達との付き合いは削っても、近所の人や身内が人間関係の中心になってきます。ジムのほうは仕事への取り組みも、人間関係も変わりません」

子どもをもつ多くの若いカップルが、ジムとジェーンと似たような生活の変化を経験しているだろうとミラー氏は言います。スミス=ラビンとマクファーソンが言うように、子どもが生まれると、夫と妻それぞれの人間関係が変わってくると言うのです。その意味で、彼らの説明は正しいことになります。しかし、そこから新たな疑問が生じてきます。なぜ子どもが生まれるときに訪ねてくるのはジェーンの母親であって、ジムの母親ではないのでしょうか。赤ちゃんとの関係では、ジェーンの母親もジムの母親も変わらないはずです。それとも、違うのでしょうか。べビーシッターを務めるのはなせジェーンの妹であって、ジムの妹ではないのでしょうか。二人とも赤ちゃんとの関係は同じではないでしょうか。それとも、違うのでしょうか?この架空のカップルの場合、そして、現実の多くのカップルでも、父親ではなく母親がおもに赤ちゃんの世話をしますが、なぜそうなのでしょうか。標準社会科学モデルはこうした根本的な疑問に答えてはくれないとミラー氏は言います。もうひとつの根本的な問いがあります。それは、なぜジムは技術者で、ジェーンは看護師なのでしょうか。これについては、ミラー氏は後で述べています。

なぜ母親が父親よりも子育てに労力を注ぐかはすでに前のセクションでミラー氏は説明していました。その中で、ジムではなく、ジェーンがおもに赤ちゃんの世話をする理由を説明していました。もしかしたら、ジムは自分が赤ちゃんの父親かどうかはっきりせず、将来仕事で成功すれば、40歳になったジェーンと子どもを捨てて、自分が社長を務める会社の20歳の受付嬢と再婚し、新しい家族をつくれる可能性があるのです。女性のほうが子どもに労力を費やす動機づけが強いにしても、一人で子どもを育てるのはむずかしいです。とりわけ資源が乏しく、生命の危険がつきまとう祖先の環境では、他の人たちの助けが必要だっただろうと想像できます。。母親が子育て支援を必要としているときに、喜んで手を差し伸べてくれるのはおそらく彼女の身内です。母親の身内は、子どもと血縁関係にあることがはっきりしているので、子育てに協力するモチベーションが強く働きますが、父親の身内は、父性の不確実性から、子どもが自分たちの遺伝子を継いでいるかどうか確信がもてません。ですから、ジムの母親ではなく、ジェーンの母親が出産時に一一週間手伝いにくるのであり、ジムの妹ではなく、ジェーンの妹がベビーシッターを引き受けるのです。

無責任な男

男を無責任な親にする二つ目のファクターは、適応度の上限値が高いことがあります。胎児は九カ月間、母胎内で育ち、出生後も、少なくとも過去には、数年間は母乳で育てられるため、その間は通常、母親は次の妊娠ができません。おまけに女性の生殖可能年齢は男性のそれよりはるかに短いのです。この二つの条件により、男性のほうが生涯にもてる子どもの数ははるかに多くなります。

男にとっても女にとっても、また、すべての生物にとって繁殖の成功は重要ですが、生涯にもてる子どもの数が男女で違いますので、一人ひとりの子どもの重要度は、父親にとってよりも、母親にとってはるかに大きくなります。女の生涯の繁殖可能性に対して、一人の子どもが占めるパーセンテージは、男のそれよりはるかに大きいのです。5人の子をもつ40歳の母親が、その子どもたちを捨て、その結果子どもたちが死んだら、おそらくその母親は次世代に自分の遺伝子のコピーを伝えられず、繁殖ゲームの完全な敗者として一生を終えることになるだろうとミラー氏は言います。5人の子もちの40歳の父親が同じことをしても、彼はその後また5、いや、10人でも20人でも子どもをつくれるのです。父性の不確かさと適応度の上限値の高さが、父親を無責任な親にしているようです。

ですから、世の中には養育義務を放棄する父親はごろごろいるのに、自分の子どもを捨てたり、養育を怠る母親はきわめて少ないのです。皮肉なことに、母親が子育てに労を惜しまないからこそ、父親はますます無責任になれるのです。母親がちゃんと育てるとわかっているから、父親は安心して子どもを捨てられるというのです。離婚する子もちカップルは、互いに向かって車を走らせる肝試しゲームをやっているようなものだというのです。そして、先に怖じ気づいてコースを変えるのはたいがい母親のほうです。大半の父親は、子どもを見殺しにするくらいなら、子どもに資源を与え、育てたいと思うだろうと言います。しかし多くの場合、彼らは困難な選択をしなくてもすみます。母親は決して子どもを捨てないとわかっているからだといいます。皮肉にも、母親が献身的に子どもを育ててくれるおかげで、父親は再婚して、新たな家族に投資し、さらに繁殖成功度を高められるのだというのです。進化心理学的に説明すると、このようになるのですね。

ここで、ミラー氏はこんな注意をしています。「今までに述べてきたことは、母親が常に立派な親で、父親よりすぐれているということを意味しない。」と言います。それは、母親もときには子殺しをすることもあるからです。進化心理学は、子殺しについても論考を試みているそうです。

統計では、非常に若い母親が赤ん坊を殺す確率がきわめて高く、比較的高齢の母親がこれに続くそうです。非常に若い、10代の母親の場合、まだこれから末長く繁殖可能な年月があり、いま子どもを殺しても、将来まだまだ子どもを産めるのです。不幸な状況である、子どもに投資をしてくれる父親がいないなどで子どもをもてば、子どもが育つかどうかが危ぶまれるばかりか、自分も新たな配偶相手を見つけるチャンスを失いかねません。10代の妊娠では、こうしたケースに陥る確率が高いのです。

無責任な父親

母親と母方の親族は赤ん坊が父親似だと主張する確率が高いことがわかっています。実際に似ているかどうかはともかく、妻とその親族がこぞってそう言えば、父親は生まれた子どもは自分の子どもだと思うでしょう。さらに、大半の社会で、赤ん坊は母方ではなく父方の姓を継ぐことが多いです。この習慣も、父親に父性を確信させることに役立ちます。ロシアでは、子どもは父方の姓ばかりか、父親のミドルネームまで受け継ぐのです。夫婦別姓が慣行となっている社会でも、ほとんどの場合、子どもは母方ではなく父方の姓を継ぎます。

今の欧米では、専門職の女性たちの多くが結婚後も旧姓のままでいますが、生まれた子どもには父方の姓を継がせます。彼女たちはそうすることで、実際はそうでなくても。いや、そうでなければなおさら、また、無意識であれ、夫に「この子はあなたの子よ」とアピールしているのだというのです。自分が産んだ子どもは確実に自分の子ですが、夫には父性を確信させる必要があるのです。ママのべイピーは、パパのメイビーであり、実のところ10~30%はパパの子ではないのです。

夫婦が離婚した場合、子どもは母親が引きとることが多いようです。とくに若いカップルはそうです。米国勢調査局が全米からサンプルを抽出して行った1992年3月・4月のアメリカの人口調査によると、離婚後、母親が子どもの親権者となるケースが86%を占めたそうです。さらに、子どもの親権者とならなかったのですが、自主的に、もしくは法廷の命令で、子どもの養育費を払うことに同意した父親の多くは、支払いを怠り、往々にして「養育義務を放棄した父親」となっていたそうです。

養育費の支払いに関する最初の全米規模の調査は1978年に実施されましたが、元妻が全額を受けとっているケースは49%と半分に満たず、まったく受けとっていない場合が四分の一以上である28% にものぼっていたそうです。その後も、この割合はほとんど変わっていないそうです。91年の調査では、全額を受けとっているのは52%、まったく受けとっていないケースが25%だったそうです。なぜ母親は父親よりもはるかに子育てに投資するのでしょうか。養育義務を放棄する父親はいくらでもいるのに、母親はまず子どもを捨てないのはなぜなのでしょうか。

ちょっと考えただけでは、子どもに対する投資が、男と女でこれだけ違うことは説明がつかないと言います。子どもは父親と母親の遺伝子を半分ずつ受け継いでおり、遺伝的な結びつきに差がないからです。しかし、ここには二つの生物学的な要因が働いていると言います。その二つが合わさって、父親を無責任な親にしているようだとミラー氏は言うのです。

ママのべイビーは、パパにとってはメイビー(不確か)なのでしょうか。一つは、父性の不確実性です。ヒトも含め哺乳類では雌の胎内で胚が育ちます。そのため、母性は確実ですが、父性は確かめようがありません。寝取られ男の悲哀は、どんな男にとっても他人事ではないのです。現代の工業社会でも寝取られ男確率は、10~30%と決して低くありません。もっとも、最近の大規模な調査で、欧米では実際にそういうことが起きる確率はかなり低く、4%前後という結果も出ているそうです。とはいえ現代の欧米でも、男がうかつに他人の子に投資する可能性は否定できず、当然ながら男たちは自分の遺伝子を受け継いでいるかどうかわからない子どもにあまり投資する気になれないのでしょう。

父親似

DNA検査などなかった祖先の環境で、パートナーの産んだ子が自分の子どもかどうか、男たちはどうやって確かめたのでしょうか。

顔立ちが似ているかどうかが一つの手掛かりになります。自分にそっくりなら、父親は安心できます。自分に似ていないばかりか、不幸にも隣家の男にそっくりなら、実の子かどうかはかなり怪しいです。このことから、寝取られ男率が一定だとすれば、父親似の赤ん坊は、父親に似ていない、もしくは、母親似の赤ん坊よりも生存率が高いと推測されます。赤ん坊が父親に似ていなければ、父親は自分の子かどうか確信がもてず、子どもへの投資を控え、結果的に子どもの生存率は下がりますが、父親似ならこうした問題は起きないのです。したがって、進化の歴史を通じて、何代も世代が重なるうちに、赤ん坊を父親似にするような遺伝子が選択され、母親似になる遺伝子は生き残れず、父親にの赤ん坊がどんどん多くなって、しまいにはほとんどの赤ん坊が父親似になるはずだというのです。

カリフォルニア大学サンディエゴ校の二人の心理学者、ニコラス・J・S・クリステンフェルドとエミリー・A・ヒルは独創的な実験で、まさにこのことを突き止めたそうです。クリステンフェルドとヒルは、被験者たちに1歳、10歳、20歳の子どもと三人の男女、そのうち一人は子どもの実の母親か父親の写真をみせ、親と子を結びつけるよう指示しました。正解率は33%でした。もしも子どもが本当に両親に似ているなら、正解率はもっと上がるはずだというのです。

この実験結果からわかるのは、子どもはそれほど両親に似ていないということだとミラー氏は言うのです。似ているなら、偶然による正解率よりも高い確率で、親と子を結び付けられるはずなのに、そうはならなかったのです。ただし、1歳の子どもと父親を結び付ける実験では、偶然の正解率よりも有意に高い正解率になったのです。被験者たちは男児と父親を50.5%、女児と父親を48%の確率で正しく結びつけたのです。つまり、推論通り、1歳の赤ん坊は母親ではなく、父親に似ているということだとミラー氏は言うのです。

この研究結果はメディアに大きく取り上げられましたが、進化心理学でも屈指の激しい議論の的となったそうです。それというのも、論理的には全く非の打ちどころがないにもかかわらず、この結果は追試では確認できなかったからです。これまでに行われた追試では、新生児は客観的には父親よりもむしろ母親に似ており、乳幼児は父親と母親に同じくらい似ているとされているのです。さらに実験が重ねられるまで、この問題については結論を控えなければならないとミラー氏は言っています。

クリステンフェルドとヒルが行った実験に関連して、はるかに広く受け入れられ、追試でも確認された知見があるそうです。

自然が赤ん坊を父親に似せることで父親を納得させられるかどうかはともかく、母親とその親族が父親を納得させようとすることは確かです。30年間にわたって、北米のカナダ、メキシコ、アメリカの三ヵ国で別々に実施された調査で、母親とその親族が、赤ん坊をみて父親似だと言う確率は、母親似だという確率よりもはるかに高かったそうです。赤ん坊が実際には父親に似ていない場合でも、母親と母方の親族は父親似だと主張します。このことは、以前ブログでも紹介したことがあります。

多くのファクター

美しい女は長期、短期の両方で繁殖成功度が高いのです。男は長期的な相手としても短期的な相手としても美しい女を好むようです。それに対して、ハンサムな男はおもに短期的な関係で有利になるだけだと言います。女は短期的な相手としてはハンサムな男を選びますが、長期的な相手としてはとくに好まないようです。長期的な関係では、資源や地位など男のもつ他の資質のほうが重要になるからです。肉体的に魅力のある男は長期的な伴侶としてはあまり望ましくありません。

そのため、肉体的な魅力は男女ともに利点になるとはいえ、男よりも女の繁殖成功度を高めるのに大きく貢献します。したがって、新仮説は、肉体的魅力のある親からは息子よりも娘が多く生まれると予測しています。ここでも、予測どおりのデータが出ているそうです。若いアメリカ人を対象にした調査では、「非常に魅力的」とされた人たちは、第一子が息子である確率が44%、したがって、娘である確率は56%です。それ以外の人は、第一子が息子である確率は52%、したがって、娘である確率は48%でした。「非常に魅力的」であれば、第一子が娘である確率が8ポイントも高くなるということになります。

ミラー氏は、あなたの周囲の男女を見比べてほしいと言います。あなたが男だろうと女だろうと、ゲイだろうとストレートだろうと、客観的にみて、女性のほうが押しなべて男性より美しいことに気づくのではないかと言います。なぜでしょうか。

簡単なことだとミラー氏は言います。もし肉体的魅力は親から子に遺伝するもので、美しい親からは美しい子、魅力的でない親からは魅力的でない子が生まれ、さらにもし美しい親からは息子よりも娘が多く生まれるなら、当然ながら世代を重ねるうちに、女性は平均して男性よりも美しくなるのです。新仮説から引きだされるこの予測もまた、データで実証されているそうです。女性の平均的な魅力の水準は、男性のそれよりも有意に高いのです。美しい親からは娘が多く生まれるから、女性は男性より美しいのだというのです。

男の子が生まれるか、女の子が生まれるかは、まったくの偶然ではなく、たとえほんのわずかにせよ、多くのファクターが影響しているようだとミラー氏は言います。一般化トリバース=ウィラード仮説で、これらのファクターが子どもの性別に影響を及ぼす進化的理由を説明できると言います。進化は、親が可能なかぎり最も効率的な方法で子どもに遺伝子を引き渡す手伝いをするのです。

雄雌の繁殖戦略が違うため、男だけが間抜けな寝取られ男になる可能性かあると以前ミラー氏は語っていました。男はうかつにも他人の子どもに限られた資源を投じてしまうことがありますが、女にはそれはありません。言い換えれば、父性は常にあいまいですが、母親が誰かははっきりしているからです。「ママのべイビーは、パパのメイビー(子かもしれない)」と言われるゆえんだそうです。

間抜けな寝取られ男は、自分の遺伝子を次世代に伝えられず、繁殖に成功できません。したがって、男には、寝取られ男になる可能性を敏感に察知し、それを防ぐような淘汰圧が働きます。彼らは生まれてきた子どもが自分の子かどうか確かめ、確信できた場合にのみ、その子に投資するでしょう。

男か女か

アメリカ大平原の先住民シャイアン族の調査で、権威があり高位の「平和首長」と、貧しくてあまり力のない「戦闘首長」の子ども0歳から4歳までを調べたところ、平和首長には息子が多くいることがわかったそうです。現代のアメリカとドイツでも、紳士録に名前が載るエリート層は、一般家庭と比べ、息子を多くもつ傾向があるそうです。46カ国の膨大な数の市民を対象とした国際的な調査でも、「一人しか子どもをもてないとしたら、息子がいいか娘がいいか」という質間に、裕福な人々は息子、貧しい人々は娘と答える確率が高かったそうです。反証データも出されているそうですが、ほとんどの調査結果はトリバース=ウィラード仮説と一致しているとミラー氏は言うのです。

最近では、オリジナルのトリバース=ウィラード仮説を理論的に敷衍した、「一般化トリバース=ウィラード仮説」が提唱されているそうです。新たな仮説の背後にあるアイデアは、もとの仮説のそれと同じだそうですが、新仮説は富と地位以外のファクターも取り入れているそうです。親が子どもに伝えられる資質をもち、その資質が娘よりも息子に役立つなら、息子が多くなるパイアスがかかり、娘に役立つなら、娘が多くなるバイアスがかかるというものだそうです。富と地位は、親から子に伝えられ、娘よりも息子に役立つ資質ですが、他.にもこうした資質はあると言います。

たとえば、脳のタイプだとミラー氏は言います。問題解決の時に役立つシステム化が得意な「男性脳」は、息子に役立ち、他の人たちと関係を築くときに役立つ共感にすぐれた「女性脳」は、娘」にとってプラスになります。脳のタイプは遺伝的に受け継がれるので、一般化トリバース=ウィラード仮説によれば、技術者や数学者、科学者など男性脳を強くもつ親からは息子が多く生まれ、看護師、ソーシャルワーカー、教師など女性脳を強くもつ親からは娘が多く生まれるはずだとミラー氏は言います。実際、それを実証するデータがあるそうです。人口全体で出生性比は0.5122で、女児100人に対し、男児は105人生まれますが、調査によれば技術者らシステム化が得意な親の場合は0.5833となり、女児100人に対して男児140人となります。看護師ら共感する脳をもつ親では、0.4255で、男児100人に対して女児140人となるようです。

同様に、背が高く体が大きい親からは息子が多く生まれます。祖先の環境では、大柄であれば男同士の竸争で著しく有利になりますが、女にとっては大柄であることはとくに強みとならないためです。また、背が低い親からは娘が多く生まれるそうです。この傾向は生まれた子どもの数だけでなく、胎児の段階でも認められると言います。私たちと近縁な霊長類をみても、祖先の環境では、男同士の競争で暴力は日常的に使われる手段だったと推測され、したがって暴力的な性癖は、祖先の男たちにとって適応的で、女たちにとってはそうではなかったと考えられています。実際、アメリカとイギリスでの調査で、暴力的な男性は息子を多くもつことがわかっているそうです。

肉体的な魅力も生まれてくる子どもの性別に影響を与えるということがわかっているそうです。体が大きいことや暴力的な性癖は男の繁殖成功度を高めても、女の成功度を高めませんが、美しいことは男にも女にも有利になるはずです。美しい女はあまり魅力的でない女よりも繁殖に成功する確率が高く、ハンサムな男もそうです。しかし、男と女では、同じ有利でも意味合いが少し違ってくるようです。

出生性比

家族は親が子に投資する場―子どもが生まれ、血のつながった親、もしくは血がつながっていないが、実の子だと信じている親に育てられる場―と言えます。進化心理学は、この領域で驚くべき発見を成し遂げたと言います。親は子に意識的にさまざまな投資をしますが、一部の投資は無意識のうちになされているのです。

たとえば、親は男女を産み分けることで、息子なり娘により多く、もしくはより少なく投資をすることがあります。中絶などの手段を使わないかぎり、子の性別は意識的に選択できるものではありません。男の子が欲しい、あるいは女の子が欲しいと思っても、意識的に産み分けられるわけではないのです。それでも、進化心理学的に重要ないくつかの特徴によって、生まれてくる子どもの性を予測できることが実証されているそうです。ミラー氏は、まずそのあたりから話を始めていきます。

一般には男の子が生まれるか女の子が生まれるかはまったく偶然に決まると信じられています。この考えはほぼあたっていますが、正解ではないとミラー氏は言います。生まれてくる子どもの性別はおおむね偶然で決まりますが、わずかながら影響を与える要因があると言うのです。また、男の子と女の子が生まれる確率は同じで、新生児の半数は男の子、半数は女の子だと思われていますが、これもほぼ正しいものの、完全な正解ではないと言います。出生性比である新生児の男女比率は0・5122だそうです。言い換えれば、女児100人に対し、男児は105人生まれることになります。しかし、この割合は状況によって、家族によって多少変わってくると言います。では、子どもの性別に影響を及ばす要因とは何なのでしょうか。

ミラー氏は、出生性比の話をするにあたって、20世紀の最も偉大な進化生物学者の一人、ロバート・L・トリバースの研究を紹介しています。トリバースは1973年に数学者のダン・E・ウィラードと組んで、進化生物学の最も著名な原則の一つ、トリバース=ウィラード仮説を提唱しました。高い地位にある裕福な親は息子を多くつくり、地位の低い貧しい親は娘を多くつくるという説です。

一般的に子どもは親の富と社会的地位を受け継ぎます。裕福な家庭の息子は裕福になり、進化の歴史のほとんどを通じて、多くの妻や愛人をもつことができ、何十人、さらには何百人もの子どもをもうけてきました。彼らの姉妹は裕福ですが、それほど多くの子どもをもてません。したがって、裕福な親は娘よりも息子に“賭ける”ことになるというのです。

逆に貧しい息子たちは女から相手にされず、繁殖ゲームから完全に締め出されてしまいます。しかし、彼らの姉妹は、若くて美しければ、貧乏でも子どもを残せます。そのため、経済状況によって出生性比にバイアスがかかるような淘汰圧が働き、裕福なら男の子、貧しいなら女の子が多く生まれるようになるというのです。

さまざまなデータがこの仮説を支持しているそうです。アメリカの大統領、副大統領、閣僚の子どもは娘よりも息子が多いそうです。東アフリカの貧しい遊牧民ムコゴドの集団では、新生児も0歳から4 歳の年齢グループでも女の子のほうが多いそうです。17,18世紀のドイツの教会の教区記録から、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州レーツェンの裕福な地主は娘よりも息子を多くつくったことがわかっているそうです。

異質な文化の存在

考古学的な証拠から、環境保護に関してはアメリカ先住民も地球上の他の集団と変わらないことがわかっているそうです。コロンプスが西インド諸島に上陸するはるか前に、アメリカ大陸にみられた多くの動植物が、先住民によって絶滅に追いやられています。環境保護というのは贅沢な概念であり、ここ数十年欧米社会で初めて提唱可能になった概念であるのです。工業化によって、今のような物質的豊かさがもたらされる以前は、すべての人間集団が生き延びるために必死で、自然の資源を最大限に利用していました。環境に配慮する余裕などなかったのです。アメリカ先住民も例外ではありません。

このように、人間の文化は表面的には多様で、とても珍しい慣行や風習があるかのようにみえても、本質的には変わらないとミラー氏は言うのです。他の文化と根本からして違うまったく異質な文化などというものは存在しないというのです。人間の体はさまざまな個人差があっても、根本的な構造はみな同じで、目が三つあるなど、まったく違う体をもつ人などいないのと同じことだというのです。他とかけ離れた風変わりな文化が報告されるたびに、作り話であることが明らかになっているようです。

アラン・S・ミラー氏は、サトシ・カナザワ氏とともに、「進化心理学から考えるホモサピエンス」という本の中で、最初に進化心理学の基本的な前提を述べています。その内容から、随分と私たちが刷り込まれてきたことを感じました。また、現在地球上に生存する人類は、すべてホモサピエンスであることを再認識します。次の章からは、さまざまな疑問を取り上げ、それに対する答えとして提出されたアイデアを紹介しています。第3章では、「進化がバービー人形をデザインした―セックスと配偶者選びについて」書かれています。第4章では、「病めるときも貧しきときも?―結婚について」書いています。第5章では、「親と子、厄介だがかけがいのない絆―家族の進化心理学」ということで書いています。そのあとも、第6章「男を突き動かす悪魔的な衝動―犯罪と暴力について」、第7章「世の中は公平ではなく、政治的に正しくもない―政治と経済と社会について」、第8章「善きもの悪しきもの、醜悪なるもの―宗教と紛争について」と続きます。もちろんどの内容も興味もあり、特に人間を相手にする職業では、ぜひ知っておいてほしい内容ですが、このブログでは、第5章と第7章を取り上げます。

ミラー氏は、「読者は自由にそれらの問いと答えについて考えをめぐらし、探究を深めていただきたい。」と言っています。しかも、進化心理学についてここで述べていることは、ほんのさわりにすぎないのですが、これから扱う問いと答えへの予備知識としては、これまでに述べたことのみで十分だとも言っているのです。また、進化心理学では、家族の問題は、たとえばセックスと配偶関係に比べると、取り上げられる頻度はやや少ないそうです。それでも人間の家族を理解する上で、進化心理学は大きな貢献をしているというのです。

一例をあげれば、初期のパイオニア、マーティン・ディリーとマーゴ・ウィルソンは、カナダとアメリカで調査を行い、義理の親、とくに義理の父親が子どもを虐待する確率が高いことを明らかにしたのです。両親とも実の父母である場合と比べ、そうでない場合は、子どもが怪我をしたり、殺される危険性が40~100倍高くなるそうです。ある意味で、ディリーとウイルソンは、シンデレラ効果と言われている「継子いじめ」を進化心理学で説明したのです。