一般論

ミラー氏らは、この本で提示するアイデアは、彼らが提唱するものであれ、他の研究者によるものであれ、それらの多くは、非道徳的で醜悪な、人々の理想に反する、男性もしくは女性にとって受け入れがたい含みをもっていると言います。しかし、彼らはそれを提示しています。それは、科学的判断から、真実であると確信しているからだと言います。提示したからといって、彼らの観察なり確信から導きだせる帰結なり結論が、よいとか正しいとか、望ましいとか正当であると考えているわけではないと言います。
真実こそ、科学研究を導く指針であり、科学者にとって最も重要なものでなのです。さらに、社会問題を解決するには、いかなる場合もまず問題そのもの、そして考えうるその原因を正確に把握しなければならないと考えているようです。根本的な原因を知らなければ、正しい解決策を導きだすことは不可能だからです。事実の正確な観察は、基礎科学にとってだけでなく、社会政策を立案する上でも、重要な土台となると考えているのです。
ミラーらが想定した質間の多くは、たとえば、「だめな父親は多いのに、だめな母親が少ないのはなぜか」とか「なぜ暴力的な犯罪者はほぼ例外なしに男なのか」といったものは、ただのステレオタイプとして片付けられてしまうようなものかもしれないと言います。しかし、この本で取り上げた事柄の多くは、たしかにステレオタイプ的なものかもしれませんが、ステレオタイプというだけで、それが事実ではなくなる、もしくは議論する価値がなくなるかのように言うのはいかがなものだろうかと言います。
多くの「ステレオタイプ」は、統計をもとに、観察から導きだした一般論であり、それゆえ事実であることが多いようです。ステレオタイプと一般論の問題点はただ一つ、個別のケースには必ずしもあてはまらないことだというのです。ステレオタイプには、常にそれにあてはまらない例外があります。世の中には子どもの世話をよくみる父親も女性の犯罪者も大勢います。だからといって一般論がまちがっているわけではないと言います。危険なのは、統計にもとづく一般論を個のケースにそのままあてはめることだと言うのです。「ステレオタイプ」というとよくないものという印象がありますが、多くは経験にもとづく一般論にすぎないかもしれないのです。それが誰かにとって気に食わないか、ある集団に対して批判的であったり侮辱的であったりすれば、ステレオタイプというレッテルを貼られます。ある観察が真実であれば、経験的な一般論となります。誰かがそれに異議を唱えたとたん、それがステレオタイプになると言うのです。
たとえば、「男性は女性より背が高い」というのは、経験的な一般論です。一般論としてはまちがっていません。ちなみに、この現象についても進化、心理学の説明があるそうですが、この一般論にも個別的な例外はあります。平均的な女性より背が低い男性は大勢いますし、平均的な男性よりも長身の女性も珍しくありません。しかし、例外があっても、一般論が否定されるわけではないのです。人間社会ではどこでも、男性は平均して女性より背が高いのです。誰もがこの事実を知っていますが、誰もそれをステレオタイプとは呼びません。誰もこの見方に異を唱えないからです。さらに言えば、一般的に男性は女性よりも長身でありたいと思い、女性は男性より小柄でありたいと思っているからだとも言うのです。