誤った論理

自然主義的な誤謬はショージ・エドワード・ムーアが20世紀に使いはじめた言葉だそうですが、それよりかなり早くスコットランドの晢学者ディヴィッド・ヒュームがこの論理的な誤りに気づいていたそうです。自然主義的誤謬とは、「~である」から「~であるべきだ」への論理的な飛躍であると言うのです。言い換えれば、「自然なものは善である」と思い込むこと、「こうなのだから、こうあるべきだ」という論法です。この例をミラー氏は挙げています。「人には遺伝的な差異があり、生まれつきの能力や才能はそれぞれ違う。だから、差別があるのは当然である」という主張も、自然主義的な誤謬によるものだと言うのです。
道徳主義的な誤謬は、ハーバード大学の微生物学者バーナード・デイビスが1970年代に提唱しました。自然主義的な誤謬とは逆に、「~であるべきだ」から「~である」に飛躍すること、「こうあるべきだから、こうなのだ」と言い張ることだと言います。「善であるものは自然なものである」と信じてしまう傾向と言ってもいいと言います。たとえば、「誰もが平等であるべきだから、生まれつきの遺伝的な差異があるはずがない」と主張することだと言います。サイエンスライターのマット・リドレーはこれを「逆の自然主義的な誤謬」と呼んでいるそうです。
どちらも誤った論理であり、このような主張は科学全般、なかんずく進化心理学の進歩を妨げると言います。しかし、リドレーが的確に指摘しているように、政治的な保守派は自然主義的な誤謬に陥りやすいと言います。たとえば、「自然の摂理では、男は闘い、女は育むようにつくられている。だから女は家にいて子育てに専念し、政治は男に任せるべきである」というように考えるのです。
また、リベラル派は道徳主義的な誤謬に陥りやすいと言います。たとえば、「欧米のリベラルな民主主義は男女平等を掲げています。その立場からすれば、男と女は生物学的に同一であり、それを否定するような研究は出発点からしてまちがっている」と考えるのです。学者、とりわけ社会科学者にはリべラルな左派が多く、進化心理学の学問的な議論では自然主義的な誤謬よりも、道徳主義的な誤謬のほうがはるかに大きな問題となると言います。大半の学者は自然主義的な誤謬を犯すことはまずありませんが、道徳主義的な誤謬にはしばしば足をすくわれると言います。
ミラーらは、この本で、「~であるべき」という議論をいっさいせず、「~である」に徹することで、この一一つの誤謬を避けようとしています「あるべき姿」について語らなければ、どちらの誤謬にも陥ることはないからだと言います。彼らは経験的な事実から道徳的な結論を引きだそうとはしないし、道徳律に導かれて観察を行うこともしないと言う態度をとります。
科学のアイデアなり理論を評価する正当な基準は二つしかないと言います。論理と証拠だと言うのです。この本で提示するものも含めて、進化心理学の理論に論理的な矛盾があったり、その理論に反する信頼に足るデータがあれば、その理論を批判するのは正当な行為だと言うのです。科学に携わる者として、彼らはそのような批判を真摯に受け止めると言います。しかし、ある理論が非道徳的な事実、私たちの理想に反するような醜悪な事実、一部の人々にとって受け入れがたい事実を示唆するからといって、その理論を批判するのはおよそ正当な行為とは言えないとも言うのです。